ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.30 メトイカ初ゲット
またまた放置しちゃってました。
しかも前回の記事のコメントがなぜか承認制になってるのにも気づかず…m(__;)m

さて、烏賊、もとい、以下本題。

某サイトの情報で三浦半島でメトイカが釣れ始めたとの情報を目にした。
LINEでその話題を振ると、koskさんからのアドバイスもいただき、この日は珍しく小僧様を連れての出撃決定。

小僧様は、最近事あるごとにイカを釣って来いという指令を出してくる。
そんなら、自分で釣ってみるのが一番、と話を振ると、珍しく乗ってきた。

明るいうちに場所取りを兼ねて小僧様のキャスト練習を…とポイントに早目につくと、予想外の強風。
こりゃ、小僧様どころか、おいらもノーゲットで終わる予感が…(汗

横風を受ける形でのキャスト練習はなかなか上達せず。
指を離すタイミングがなかなかつかめないみたい。
誰かいいアドバイス方法教えて…

メトが釣れる時間帯は日没後常夜灯が効いてから。
まだまだ日没前。
早く着いてキャスト練習をしているものの、一向にイカの反応はなく風にも吹かれ続けた小僧様は寒さを訴え車に避難。

その間、ダメもとでアオリ狙いで大きい餌木をしゃくりまくるも反応なし。
メト狙いに戻ってキャスト。

着水後、横風に吹かれたラインスラックを回収すると、今までよりもテンションが重い。
半信半疑でラインにテンションをかけると、クイクイ…と生体反応!(@_@;
沖目でのヒットだったので、テンションに変化がないように注意しながら回収する。
予想外の日没前に初メトゲット!
メトぢゃなくてスルメ
メトぢゃなくてスルメ

車に乗っている小僧に見せると、現金なものでキャスト再開。
でも、その後そのポイントでメトの反応なし。
てか、横風でアタリなんか取れやしねぇ。

で、一番いいと思われるポイントの様子を見に行くと、この強風であきらめたのか、場所に空きがある。
独特のメト狙いで釣っていた人に声をかけると、ぽつぽつ釣れている模様。
ならばと隣に入れてもらい、キャスト再開。
ここは風が向かい風になるので、さっきまでのポイントよりは餌木のテンションを感じることができる。

しばらく反応がないものの、隣のメト師にはポツポツとメトが上がっている。
いることは間違いない…よね?
と根気よく続けていると、グッとテンションがかかる。
そのテンションが抜けないように巻き続け、抜き上げると待望のメトイカ。
小僧様も大喜び。

目の前で1杯上がって、小僧様のテンションも上がったようだ。
キャスト練習をしたものの風でどこに行くかわからない小僧様に代わってキャストはとーちゃんの役目。
で、カウントダウンしながら小僧様にロッドを渡し、小僧が巻いてる間に自分の分のキャストして…を繰り返し。

「パパ!パパ!」
突然、小僧様が叫びだす。
何事かと小僧様を見ると、ロッドが曲がってる。
「イカが来た!イカが来た!」

よっしゃ、とにかく、焦らずにしっかり巻け!
抜き上げは慎重に…

・・・・・

やったー!

小僧様、メト初挑戦にして初ゲット♪
今日の状況を考えると、上出来だ。
小僧様Sサイズ
小僧様、メト初ゲット♪

結局、この後おいらに1杯追加があったのみで小僧様のおなかすいた攻撃が始まり終了。
もう少し粘ればさらに追加が出そうな感じだったんだけど、こればっかりは仕方がない。
また次があるよ…ね?きっと。

今回の獲物を見ると、1杯だけ違う形のイカがいる。
手のヒラアジさんに後日スルメイカと鑑定された。
初メトだと思っていたのは、初スルメだったのね… f(^-^;
獲物たち
獲物たち

翌日、イカを捌いて夕食のおかずに。
「僕の釣ったイカは僕が食べる!」の希望で小僧様の釣った(と思われる)メトと、最初に釣ったスルメはガーリックバター炒めに。
残りの2杯は刺身にした。
酒の準備をのんびりとしている間に、ガーリックバター炒めは小僧様一人であっという間に完食。
スルメとメトの味比べ…はまた今度できるといいな…(汗
翌日の料理


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: Duel アーマードF+ 0.2号
リーダー: フロロ1.5号
餌木: ヤマシタ ナオリー1.8号 金アジ/オレンジ

小僧様用タックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ エアレックス 1000
ライン: ナイロン1号
餌木: タカミヤ エギボンバー2号 オレンジ

本日の釣果
メトイカ:3杯 (うち1杯は小僧様ゲット)
スルメイカ:1杯
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2015.03.07 あと3センチ…
冬から春にかけて、おいら達をアツく楽しませてくれるターゲット、メバル。
普段は、ジグヘッドリグでお手軽に遊んぢゃうんだけど…。
ハードルアー縛りでちょっとMに楽しんぢゃおう。

で、せっかくだから、みんなで集まってワイガヤとサイズ競うのもありぢゃね?
ネットも使って、いろんな箇所で同時開催なんてのもありでしょ?

なんて乗りで開催された(…のか?) 半島対抗LINEdeメバルバトル。
紀伊半島、伊豆半島、三浦半島、房総半島のどこかにエントリーして、個人の名誉と、エントリーした半島の栄誉を目指していい歳したおっさん達が集ケツ!ならぬ集結!!

ルールはというと、
・ハードルアー限定
・陸っぱり限定
・メバル3匹の全長の合計を競う(個人部門)
・各半島の上位3人の合計を競う(半島部門)
・釣果はLINEで報告
というもの。(もちろん、メバルに限る。)

で。
おいらとyuyaは当然、三浦半島でエントリー。
事前のプラでは、25cmクラスも交じり、絶好調。yuyaに至っては、メバルマンションを発見し一人で25cmクラスの1キャスト1ヒットを楽しみやがる始末。アジングやメッキでは他の三半島の後塵を拝している感がぬぐえない三浦半島も、メバルでなら負けないぞ!と息巻く。

大会の詳細と結果は、手のヒラアジさんのブログをご参照いただくとして…。


当日。
ここ1か月の間そこそこ調子の良かったお気に入りの港に入る。同じく三浦でエントリーしたかめさん親子と合流し、日の出てるうちからみんなしてそわそわとキャスト。もちろん、本命ポイントには手を付けず。

日没でスタートフィッシング。
すぐに本命のメバルマンションポイントに入る。
一投目からすぐに反応が…ない。
しばらくしても反応がない。
マンションは廃墟となってしまったのか…???

で、少し移動して、マンション周辺を叩くことに。
ここは、以前風の強いときに、何匹も良型を連発しているゲンのいいポイント。

で…。

<< 18:10過ぎ >>
ハンドメイドシンペンのyota郎5cmを軽く沈めて、ゆ~っくり、ゆ~っくり巻いてくる。
途中スロープエッジの上あたりでティップが入りヒット。
そこそこの重量感から、20cmを確信。慎重に抜き上げる。
上がってきたのは22cmのメバル。

22cm
ファーストフィッシュ

いつもならナイスサイズ!と喜ぶところだけど、今回はそれまでの釣れっぷりからまだまだこんなもんぢゃ…とついつい気が大きくなっている。すぐに写真を撮ってyuyaにメール。今回、諸事情によりLINEが使えないおいらの代わりに、LINEへの登録はyuyaが行ってくれた。(感謝)

<< 18:20 >>
で、そのすぐ後に、手前まで来たところでゴン!
バイトの割にはちょっと小さ目18cm。2匹目。

18cm
2匹目

<< 18:25過ぎ >>
それからまたすぐにヒットして、ギリギリキープサイズの15cm。これでとりあえずリミットメイク達成

15cm
リミットメイク達成

開始から1時間ほどでのリミットメイクは周りへのプレッシャーになるかな…?
ここからは、サイズの入れ替えをしていけばいいもんね
まぁ、なんて 理 想 的 な て ん か い ♪

ところが・・・

この後が続かない。

港の方々に散っていた面々も、一度集まり対策会議。
かめさんのバケツにいいサイズが一匹(^^)
ま、とりあえず隣の港行ってみますか…?
で、移動。

移動した隣の港で、かめさんJr.君に待望のヒット
その後もちびメバルにからかわれるのみで、ナイスサイズはお留守の模様。
ここで釣りをしているうちに温めた牛丼&カレーの夕食を食べる。
寒い中で食べるアツアツの食事は最高にンまい!

その後何カ所かでスカを食らい、最後は反応のあった港がいいべって事で最初の港に戻る。

最初の港に戻り、やっぱり初めにチェックするのはメバルマンション。
反応なし。
その周辺。反応なし。

<< 22:15過ぎ >>
で、港内のスロープをぐるりと一周し、堤防へ上がる。ふと外側を見ると、干潮も相まって浅くなっているところに常夜灯の明かりが差し込み、底の様子がよく見える。海藻が生えているところが気になり、浅いと思いつつもその向うにキャスト。

ゆ~っくり、ゆ~っくりと自分に言い聞かせながらyota郎を巻いてくると、ツンとショートバイト。というか、上手いことフックのない場所を突いたらしい。

浅過ぎて反応はないと思ったところで反応が出た。それも一発で。やる気のある奴がいてくれるようだ。

もう一度同じ場所へキャストし、ゆ~っくり巻いてくると、先ほどのショートバイトが出たあたりでググ…と手元にバイトの感触が伝わりヒット。引きの強さから、ナイスサイズが期待できそう。引きを楽しみつつも根に入られないよう注意。さらに足場が高いので、タイミングを計って抜き上げる。

上がってきたのは見る限り今までで一番良いサイズと思われる。25cm超えたか?
メジャーを当てると、1cm足りず24cm。それでも今日一のナイスサイズでやっと入れ替え成功。

24cm
今日一♪

<< 22:25過ぎ >>
さらにすぐ後に同じようなコースで22cmを追加。
これまた入れ替え成功。これで全部20cm
22cm
入れ替え♪

ここでyuyaが堤防にやってくる。時間も終了まであと30分ほどと、気分はまったりムード。
ついさっき出たことを教えてポイントを譲る。
でも、yuyaには反応がないらしい。ありゃりゃ。

<< 22:45頃 >>
さて、最後の悪あがき。
yuyaが横でそろそろ最終報告をするといってきたので、良いんぢゃない?と答えつつキャスト。
ゆ~っくり、ゆ~っくり…と巻いてくると、ゴゴン!
引きの強さから、yuyaに最終報告を待ってもらうw
だって、今までで一番強い気がするんだもん♪

ドラグの音を楽しみながらも慎重に抜き上げたメバルは、本日最大級!
今度こそ25cm超えたか…?と期待したが超えず。
24cmのメバル。それでも、入れ替えで2cmアップできた。

24cm
yuya撮影

ここで本当にストップフィッシング。
結局、おいらの成績は24cm、24cm、22cmの合計70cm。
これは結構良いところに食い込めたんではないかい…?
と思っていたら、見事3位に入賞できた。
1位は南紀組のCommyさんで合計73cm。2位はこれまた南紀組のTATさんで合計72cm。
優勝まではあと3cm足りなかった…。

楽しい企画を立案し、取りまとめてくださった手のひらアジさん、そして参加されたみなさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。楽しい時間を過ごせました。また一緒に遊んでくださいね。

本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: Duel Armard F+ 0.2号
リーダー: フロロ1.5号
ルアー: ハンドメイド シンキングペンシル yota郎 5cm

本日の釣果
メバル 15~24cm 6匹

yota郎2本
今回活躍してくれたルアー yota郎 5cm

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

あけましておめでとうございます
昨年はダメダメな更新ペースでご迷惑をおかけしました。

今年はマメに更新していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

皆さんに事故などなく、爆釣に次ぐ爆釣となりますようお祈りしています。


…先ずは昨年の記事をアップせねば…(駄
今年を振り返って…

…って

振り返るほどの記事を書いてないのが全てですね(駄

今年は色々と環境に変化があり、ついつい更新を怠ってしまいました。

仕事のリズムがかわり、シフト制にチェンジ。
平日の休みが出来て、ポイント独り占め状態のメリットもありますが、家族持ちだとそうそう出撃ばかりはね…。

通信環境がかわり、ガラケーからスマホに切り替えました。
スマホの日本語入力に四苦八苦するとは思いませんでした。
更に、ブログのスマホ版インターフェースが使い辛い。
ま、それ以前に色々なサイトに遊びにいく時間が増えちまったのが更新時間が無くなった最大の原因かもw

そして、長年何処の釣り場にいくにも一緒だった相棒との別れ。
これで、釣りに行く機会がめっきり減りました。
足がなくなったら、なかなか出撃出来ませんわなw

これ、凄いタイミングが悪くて、次の相棒がきまるまで、4カ月も掛かってしまいました。おかげでメバルのベストシーズンを棒に振りました。

こんな事がまとめてやって来たおかげで更新をサボりがちに…(汗

いかんですな…😨


来年は、きちんと更新できるといいな…(ヲイ

今年一年至らない事だらけの一年でしたが、変わらず遊んでくれた皆さんに感謝致します。
そして、相変わらず出撃させてくれる家族に感謝。

一年間、本当にありがとう!
また、来年もよろしく!!


…あ、アフターオヤトメの記事も、ぼちぼちアップしときます(超駄

2014.11.08 オヤトメ参戦記
いよいよ待ちに待った、そして残念なことに最後となるオヤトメの日。最後に優勝して、ヒットルアーはmyハンドメイドだと高らかに自慢するのだ!


6時半前に目が覚めた。寝る前にはガラガラだった駐車場が、ほとんど停める場所がない状態に。
ボージーズの面子も勢揃いで談笑中。参戦が危ぶまれたメガーネさんも無事参戦。

挨拶もそこそこに、賞品のルアーを渡すために運営本部へ。すぐにF原さんにお会いでき、ルアーを託す。毎回、もっと早く送ることができれば、当日に手間をかけさせずに済むのに申し訳なく思いながら…(汗

受付もすませ、yuyaと二人でのんびりと朝食。戻るとすぐに開会式が始まった。150人程のメッキジャンキーが集まり、張り詰めた空気が漂う。


いよいよ実釣スタート‼
駐車場出口の渋滞に捕まる前に脱出成功。事前にたてた戦略は、前日のCommyさんのチェック結果を参考に、南側のサーフポイントを攻めようというもの。駐車場を出てすぐに、半分が例年実績のある川ポイントに向かうようでいなくなった。その後も1台減り、2台減り…南側に向かう車は、おいら達と手のヒラアジさん&Commyさん(以下、手のCom)コンビの車だけになった。彼らも昨日の結果を参考に戦略をたてたらしい。

となると、4人で同じポイントを攻めるより、二手に別れて探った方が…と考え、前の車が手前のポイントをスルーすれば手前に、手前のポイントに入ればその先に…と勝手に決定。前の車が手前のポイントをスルーしたので、おいら達は手前のポイントに入る。このポイントは、昨年yuyaが一匹ゲットしたポイント。だが、滅多に当たりを引けないw。

で、この日もファーストポイントでのヒットとはならず。結局、手のComコンビが入っているであろうポイントへ向かう。ポイントに到着すると、二人は既にサーフに立っている。様子を伺うと、何か釣れてるみたいやん!

すぐに合流させてもらい、キャスト開始。なんと!手のヒラアジさんは、あっという間にリミットメイク達成😲
これは期待ができると、賞品に提供しているハンドメイドジャークベイトのTideRipperをキャストし、これでもかとトゥイッチを入れる。水の中では、小気味良く跳ね回っているはず。さぁ!ガッツ~ンと引ったくれ‼

…待てどもバイトは来ない。

キャスト
トゥイッチ
ポーズ
トゥイッチ
ポーズ
…繰り返し

そんな中、yuyaにヒット!
18cmくらい?
まずは先にキープサイズ確保に成功。
むむ…😫

手のヒラアジさん【だけ】が順調に数を伸ばし、キープサイズばかり4匹確保。
しかし、その後反応がなくなったので、移動することに。

次に入ったのは、ポイント移動中に気になった、道路沿いのゴロタサーフ。なんと、手のComコンビも気になってたとのことで、仲良く入ることにした。
ゴロタの中に、小さく砂だけの場所があり、4人で集中的に攻める…が、反応なし。手のComコンビはとっとと見切りをつけて移動。おいら達はもうちょっと粘ることに。

と、手のComコンビが移動してすぐに、yuyaにヒット!これまたキープサイズで、yuyaはリミットメイク成功。まだ1匹も釣っていないおいらは焦る。

更にyuyaが一匹追加。どうやらかなりピンポイントにいるようだ。yuyaは5gのメタジで水面付近を通している。ならばと、ルアーをハンドメイドのシンキングポッパー3cmに付け替えていると、

「ぱわぁさん、ボイルボイル!」

yuyaのほぼ目の前でボイル発生。すぐにポッパーをボイルに通すと一発でヒット。引きを楽しむ余裕なんぞなく、一気にぶっこ抜き、1匹目をゲット。16cm程はあるようなのでキープ。

その後反応がなくなり移動。ひとつ前のポイントが落ち着いていれば…の期待を持ちつつ向かうも、別のアングラーの姿が見えたのでスルー。南伊豆の奥の奥にある、サーフ絡みの漁港へ向かう。途中にある港も気になったが、いい思いをしたことがないのでこれまたスルー。

サーフには既に先行者がいたので、奥の港のスロープに入る。が、全くの反応なし。サーフの先行者もいなくなったので入ってみるが、当然のように反応なし。ありゃりゃ。

残りの時間も少なくなってきたので、反応のあったポイントを叩きながら戻ることに。1匹目をゲットしたポイントで、5cmのハンドメイドシンペン「Yota郎」を水面でヨタヨタさせていたときに出たがフックに絡まず(T^T)

最後迄諦められず、大会本部近くの河口ポイントで時間ギリギリまで粘るも反応なし。リミットメイク出来ないままウェイインとなった。今日の自分の周りの状況を考えると、リミットメイクできない状況では入賞は無理だな…と諦めた。だって、yuyaもリミットメイクしてるんだもんなぁ…(^皿^)

ぼーじーずの面々も既に帰着している。ウェイインしたのは手のヒラアジさん、てとらくん、yuya、おいらの4人。TATさんと前日好調だったCommyさん、前年2位のメガーネさんはまさかのノーフィッシュ😱

いよいよ表彰式。

まず始めに、状況の総評を聞くと、かなり渋かったらしく、リミットメイクできたのは13人とか。なんと!その時点でyuyaの入賞は確定!
おいらももしかしたら…?

発表は25位から。
24位、23位…20位で、おいらの名前が呼ばれる(@_@)
優勝…にはほど遠いけど、入賞できたことは素直に嬉しい。

いよいよ、リミットメイクした13人の順位発表。てとらくんも1匹釣っていたが、この時点で残念ながら入賞圏外が確定。

13位、12位…10位まで来てもyuyaの名前が呼ばれず、シングル入賞確定(@_@)

9位…「yuyaさん!」
見事yuyaが9位に入賞。もう一人、手のヒラアジさんもリミットメイク達成している。しかも、yuyaよりもいいサイズを揃えていたはず…。

5位、4位…

ベスト3入り?

3位、2位…

優勝??

優勝は…
「ガンジーさん!」

… あ れ ?

手のヒラアジさんは皆が渋い状況に苦しんでいるなか、一人釣りまくって楽しい思いをしたので圏外です!

なんて訳はなく…。

大会本部の集計ミスがあり、実は7位入賞!!

でもさ、そうすると、7位以降の人達に渡った賞品を回収して、配り直し?
色めき立ったのはyuya。10回目の記念として、10位にはかなり良い賞品が渡されていたが、順位がずれればそれがyuyaのものに…?

ところが、ここで大会本部のナイスな機転が発動!

ライブメッキを大漁に持ち込んだ手のヒラアジさんに東海大学からのナイスな賞品を渡し、7位入賞&ライブメッキ特別賞みたいな扱いに。混乱は全く起こらずに表彰式を終えた。

一人残念そうなyuya…なんてことはなく、ずっとニコニコしてた。こういう大きな大会での初めての入賞だもんね(^^)

優勝メッキは、おいらが気になりながらもスルーしたポイントで出したそうな。毎回毎回、たらればの後悔ばかりか出てくるな~(駄


楽しかったオヤトメも、とうとう終了。大きなショップやメーカー主催ではなく、釣り仲間が集まって始めた大会が、毎回大勢の参加者が集まって楽しい時間を共有することができたことは、これはもう奇跡と言って良いと思う。
これもひとえに大会運営に携わった方々の力量と関係各位のご協力、そして全てのメッキジャンキーども(失礼)のお陰です。

楽しい大会を、本当にありがとうございました!
全てのメッキジャンキーに、幸あれ!!

また、どこかで会いましょう(^^)


あぁ…なんとか年を越える前に書き終わった(超駄


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。