ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.25 短時間ヒイカ探索
平日昼間のほんの数時間だけの空白。そりゃ行くっきゃないっしょ
と、雨のぱらつく中出撃。

小僧様のお迎えの時間までの正味2時間ちょい。ランガンは厳しいことや駐車場のことを考えると、目指すポイントは自ずと絞られる。って事で某施設。平日昼間でも、何かしら釣れていれば人はいる…と思ったんだけど、2人だけ
雨を考えても少ないかな…

まずは足元に墨跡がたくさんあるところでエギをキャスト。すぐに反応が…の妄想は妄想で終わる。

ふ…ふんだ。
本命はもっと奥の潮通しの良いところなんだからね
と捨て台詞を吐いて移動。

奥には、人工的な流れが発生する…んだけど、今日はないのかな
これぢゃ、この流れに乗せて行くとアオリが…という妄想も始まりすらしない
むう…。

それなら、底付近を静かにしゃくってヒイカをば…としゃくっても反応なし。

様子を見に来た地元のじーちゃんと話ながらしゃくっているときに、何となくテンションがかかってきた気がするんだけど、海藻ということにしておこう
そのじーちゃんの話だと、アジが夕方にはかなり釣れるらしい。その夕方には帰らないといかんのよね…

足元にはトウゴロウとおぼしきベイトがかなりいる。その下に、アジらしき影が時折見える。

イカの反応もないので、アジに癒してもらおうかな。とエギからワームにチェンジ。

何投かしたあと、しゃくったあとのロングフォールに「つん」
あれ

そのままフォールでさらに「つん」

少し巻いてきて、またまたフォールに「つん」

で、ついつい大きく合わせてしまい、さようなら

最後のバイトは見えてたぞ。それでも釣れないんだから、我ながらヘタクソ加減にほとほと呆れる

反応が出たなら釣るしかない。と意気込んでキャスト。反応なし。なんだこのツンデレぶりは

それから数投しても反応なし。キャストポイントをほんの少し横にズラす。この数投後に「つん」が出たが、またまた釣れず

結局、何回かの「つん」にからかわれただけで、1度もヒットなし
そのまま反応がなくなった

時間も残り少し。もう一度エギにチェンジして、底付近をネチネチと探る。その後も生体反応は出ることなく、お迎えの時間が来て終了

連続「ボ」となった


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
エギ: ヤマシタ ナオリー 1.5B オレンジ他
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: rains アジアダー UVシラウオオールスター

本日の釣果
なっしんぐ

 
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2013.10.22 横浜ヒイカ調査
翌日の仕事が午後からなので多少遅くまで夜遊びができるってんで、これまた翌日休みのyuyaを誘ってヒイカ調査に出撃。べ…別にここに刺激された訳じゃないんだからね

で、ヒイカ狙いで定番のいつものポイントに入る。投げ釣りの先行者あり。その両横に入れてもらいスタート。暫くの間反応なし。

yuyaの方はどうなんだろう…と思っていると、嬉しそうにこっちにやってきた。一度怪しい感触があり、その後にパンチを喰らったらしい。

ならばってんで、二人並んでキャスト。カウントダウンから軽くしゃくってフォール…。そこからゆっくり巻いて、また軽くしゃくって…の繰り返し。そのあとすぐにyuyaに反応が出たがビックリ合わせを入れる。ダメぢゃん

エギは二人仲良くオレンジを使用。なのにおいらには反応すらない。yuyaにも反応が出たとはいえ、しっかり抱くようなものではない。横の桟橋から明かりが射し込んでいるし、オレンジは正解ではないのかな?

ならばとナチュラル系のマイワシカラーにチェンジ。カウントダウンして軽くしゃくってフォール。そこからゆっくり巻きはじめた途端ゴゴン
パンチと言うよりはラリアットを喰らったような感触が出た。が、乗せられず。

…今のはイカなんぢゃろか

カラーチェンジした途端反応が出たなら期待が持てる…と思ったのも束の間、二人とも反応がなくなった

潮は干潮にあと少し。このまま粘っても好転しないだろうと判断し移動。少し前にアジ祭を堪能したポイントへ。

移動しながら心配したのは、狭い場所なので先行者が一人でもいれば入れないこと。けど、平日の深夜だし、大丈夫だよね、と能天気に着いてみるとアオリ狙いの先行者あり
諦めて付近のポイントをウロウロしたものの、全く反応なし。先行者がいなくなっている微かな願いを持ってさっき入れなかったポイントに戻る。と、先行者はいなくなっていたので喜んで入る。

先行者がいなくなったということは反応がなかったってこと。ターゲットが(ヒイカと)微妙に違っても、それは同じこと。更にアジの反応もなっしんぐ

さて…

潮が上がって来ることを考えて、群れが寄って来る事を期待するか。それとも、同じ期待するなら反応のあった場所に戻るか…。

二人の出した結論は…


『腹減った』(馬太


で、移動途中でラーメン屋に入り、そのあとに最初のポイントに戻る。
こちらも先行者は引き上げたようで、期待感が上がる要素なし

で、結局二人とも反応なしでタイムアップ。やれやれな結果に終わった。


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
エギ: ヤマシタ ナオリー 1.5B マイワシ他

本日の釣果
なっしんぐ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。