ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.08 オヤトメ参戦記
いよいよ待ちに待った、そして残念なことに最後となるオヤトメの日。最後に優勝して、ヒットルアーはmyハンドメイドだと高らかに自慢するのだ!


6時半前に目が覚めた。寝る前にはガラガラだった駐車場が、ほとんど停める場所がない状態に。
ボージーズの面子も勢揃いで談笑中。参戦が危ぶまれたメガーネさんも無事参戦。

挨拶もそこそこに、賞品のルアーを渡すために運営本部へ。すぐにF原さんにお会いでき、ルアーを託す。毎回、もっと早く送ることができれば、当日に手間をかけさせずに済むのに申し訳なく思いながら…(汗

受付もすませ、yuyaと二人でのんびりと朝食。戻るとすぐに開会式が始まった。150人程のメッキジャンキーが集まり、張り詰めた空気が漂う。


いよいよ実釣スタート‼
駐車場出口の渋滞に捕まる前に脱出成功。事前にたてた戦略は、前日のCommyさんのチェック結果を参考に、南側のサーフポイントを攻めようというもの。駐車場を出てすぐに、半分が例年実績のある川ポイントに向かうようでいなくなった。その後も1台減り、2台減り…南側に向かう車は、おいら達と手のヒラアジさん&Commyさん(以下、手のCom)コンビの車だけになった。彼らも昨日の結果を参考に戦略をたてたらしい。

となると、4人で同じポイントを攻めるより、二手に別れて探った方が…と考え、前の車が手前のポイントをスルーすれば手前に、手前のポイントに入ればその先に…と勝手に決定。前の車が手前のポイントをスルーしたので、おいら達は手前のポイントに入る。このポイントは、昨年yuyaが一匹ゲットしたポイント。だが、滅多に当たりを引けないw。

で、この日もファーストポイントでのヒットとはならず。結局、手のComコンビが入っているであろうポイントへ向かう。ポイントに到着すると、二人は既にサーフに立っている。様子を伺うと、何か釣れてるみたいやん!

すぐに合流させてもらい、キャスト開始。なんと!手のヒラアジさんは、あっという間にリミットメイク達成😲
これは期待ができると、賞品に提供しているハンドメイドジャークベイトのTideRipperをキャストし、これでもかとトゥイッチを入れる。水の中では、小気味良く跳ね回っているはず。さぁ!ガッツ~ンと引ったくれ‼

…待てどもバイトは来ない。

キャスト
トゥイッチ
ポーズ
トゥイッチ
ポーズ
…繰り返し

そんな中、yuyaにヒット!
18cmくらい?
まずは先にキープサイズ確保に成功。
むむ…😫

手のヒラアジさん【だけ】が順調に数を伸ばし、キープサイズばかり4匹確保。
しかし、その後反応がなくなったので、移動することに。

次に入ったのは、ポイント移動中に気になった、道路沿いのゴロタサーフ。なんと、手のComコンビも気になってたとのことで、仲良く入ることにした。
ゴロタの中に、小さく砂だけの場所があり、4人で集中的に攻める…が、反応なし。手のComコンビはとっとと見切りをつけて移動。おいら達はもうちょっと粘ることに。

と、手のComコンビが移動してすぐに、yuyaにヒット!これまたキープサイズで、yuyaはリミットメイク成功。まだ1匹も釣っていないおいらは焦る。

更にyuyaが一匹追加。どうやらかなりピンポイントにいるようだ。yuyaは5gのメタジで水面付近を通している。ならばと、ルアーをハンドメイドのシンキングポッパー3cmに付け替えていると、

「ぱわぁさん、ボイルボイル!」

yuyaのほぼ目の前でボイル発生。すぐにポッパーをボイルに通すと一発でヒット。引きを楽しむ余裕なんぞなく、一気にぶっこ抜き、1匹目をゲット。16cm程はあるようなのでキープ。

その後反応がなくなり移動。ひとつ前のポイントが落ち着いていれば…の期待を持ちつつ向かうも、別のアングラーの姿が見えたのでスルー。南伊豆の奥の奥にある、サーフ絡みの漁港へ向かう。途中にある港も気になったが、いい思いをしたことがないのでこれまたスルー。

サーフには既に先行者がいたので、奥の港のスロープに入る。が、全くの反応なし。サーフの先行者もいなくなったので入ってみるが、当然のように反応なし。ありゃりゃ。

残りの時間も少なくなってきたので、反応のあったポイントを叩きながら戻ることに。1匹目をゲットしたポイントで、5cmのハンドメイドシンペン「Yota郎」を水面でヨタヨタさせていたときに出たがフックに絡まず(T^T)

最後迄諦められず、大会本部近くの河口ポイントで時間ギリギリまで粘るも反応なし。リミットメイク出来ないままウェイインとなった。今日の自分の周りの状況を考えると、リミットメイクできない状況では入賞は無理だな…と諦めた。だって、yuyaもリミットメイクしてるんだもんなぁ…(^皿^)

ぼーじーずの面々も既に帰着している。ウェイインしたのは手のヒラアジさん、てとらくん、yuya、おいらの4人。TATさんと前日好調だったCommyさん、前年2位のメガーネさんはまさかのノーフィッシュ😱

いよいよ表彰式。

まず始めに、状況の総評を聞くと、かなり渋かったらしく、リミットメイクできたのは13人とか。なんと!その時点でyuyaの入賞は確定!
おいらももしかしたら…?

発表は25位から。
24位、23位…20位で、おいらの名前が呼ばれる(@_@)
優勝…にはほど遠いけど、入賞できたことは素直に嬉しい。

いよいよ、リミットメイクした13人の順位発表。てとらくんも1匹釣っていたが、この時点で残念ながら入賞圏外が確定。

13位、12位…10位まで来てもyuyaの名前が呼ばれず、シングル入賞確定(@_@)

9位…「yuyaさん!」
見事yuyaが9位に入賞。もう一人、手のヒラアジさんもリミットメイク達成している。しかも、yuyaよりもいいサイズを揃えていたはず…。

5位、4位…

ベスト3入り?

3位、2位…

優勝??

優勝は…
「ガンジーさん!」

… あ れ ?

手のヒラアジさんは皆が渋い状況に苦しんでいるなか、一人釣りまくって楽しい思いをしたので圏外です!

なんて訳はなく…。

大会本部の集計ミスがあり、実は7位入賞!!

でもさ、そうすると、7位以降の人達に渡った賞品を回収して、配り直し?
色めき立ったのはyuya。10回目の記念として、10位にはかなり良い賞品が渡されていたが、順位がずれればそれがyuyaのものに…?

ところが、ここで大会本部のナイスな機転が発動!

ライブメッキを大漁に持ち込んだ手のヒラアジさんに東海大学からのナイスな賞品を渡し、7位入賞&ライブメッキ特別賞みたいな扱いに。混乱は全く起こらずに表彰式を終えた。

一人残念そうなyuya…なんてことはなく、ずっとニコニコしてた。こういう大きな大会での初めての入賞だもんね(^^)

優勝メッキは、おいらが気になりながらもスルーしたポイントで出したそうな。毎回毎回、たらればの後悔ばかりか出てくるな~(駄


楽しかったオヤトメも、とうとう終了。大きなショップやメーカー主催ではなく、釣り仲間が集まって始めた大会が、毎回大勢の参加者が集まって楽しい時間を共有することができたことは、これはもう奇跡と言って良いと思う。
これもひとえに大会運営に携わった方々の力量と関係各位のご協力、そして全てのメッキジャンキーども(失礼)のお陰です。

楽しい大会を、本当にありがとうございました!
全てのメッキジャンキーに、幸あれ!!

また、どこかで会いましょう(^^)


あぁ…なんとか年を越える前に書き終わった(超駄


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2014.11.07 オヤトメ参戦記 (前日編)
いよいよ翌日は最後のオヤトメ。

当初の予定では、昼過ぎには下田界隈でプラトメと洒落こみ、夕方には温泉に浸かってマッタリと…の予定だった。yuyaもノリノリで、二人とも事前に仕事も家庭も調整済み。あとは当日を待つばかり…の筈だった。

ところが、10月末に小僧様の通う小学生から来た一枚のプリントが、その野望を見事に砕く。仕方なく夕方近くの出発となった。yuyaは激怒…なんて事なく、快く了解してくれた。いい奴だ。

さて出発当日。前夜に完成した賞品のルアーをパッケージング。パッケージに入れるカードを印刷しようとしたところ、いきなりプリンタが昇天(ToT)
直前の試し刷りではきれいに印刷されたのに…だ。あれこれやってもウンともスンとも言わず。泣く泣く印刷を諦める。

おかげで無駄な時間を食い、タックルの準備をバタバタと行っているうちに小僧様ご帰宅。その後嫁も帰宅し、ようやくリリースとなった。

で、当初の予定からは大きく遅れ、プラトメが無理となったことでのんびりと移動。沼津では、ちょっと前にTVで紹介されたラーメン屋に立ち寄り、釣具屋を覗き、気になるポイントを覗いてみたり…。

そんなこんなでノタノタと移動しながら、二人とも気分はハイ気味に。そりやそうだ。久しぶりの釣り三昧が待っているんだもん。あれこれと話しながら、バカ笑いが車内に満ちてもうどうしようもない状態。運転してるから、最低限の緊張感は持続していても、それ以上の警戒心が欠落していた。

河津をぬけ、あと少しで下田というところで、対向車がパッシング。しかも何台も。にゃろー、遠目ぢゃねーぞとパッシングかえしを繰り返し。

その対向車の一団がいなくなった辺りで、いきなり目の前に大きく『止まれ』の文字と赤い棒。酒も未だ飲んでないし、ベルトもしてるし、のんびり走ってたし…と余裕綽々と誘導されたら、速度超過だとさ。やれやれ。

パッシングしてた車は善意のドライバーさん達でしたよ。きっと間抜けな奴と笑ってたろうなぁ…。はぁ。

お巡りさんとのスイートトークに別れを告げ、下田界隈へ入る。気になるポイントを下見して、少しだけ遊ぶことに。

アジでも居ないかとキャスト&リトリーブを繰り返す。船の間を遠し、足元まで来たのでピックアップしたら、そこでガバッと波紋が。もう一度同じようにトレースすると、足元まで来たところでググンとヒット\(^^)/上がってきたのは20cm程の黒メッキ😁

黒メッキ
黒メッキw

で、yuyaはといえば、悶絶中😁
バイトは何度かあるようだけど乗せられず。やっとヒットしたのは小ムツちやん。しかももう一匹追加しやがった😱

その後、二人とも追加なく、なかなかいい時間になっので終了し、集合場所のまどが浜駐車場へ。駐車場前のコンビニで、夜食と酒&つまみを買い、駐車場横の足湯で就寝前の時間をマッタリと過ごす。

そこに名古屋方面から参加のTATさんとてとらくん(以下、てとたと)が到着。挨拶もそこそこに軽く作戦会議をしておやすみなさい…😪

さてさて…。前日は出発前からトラブル続き。これは、翌日に向けての厄落としなのかな?いよいよ最後のオヤトメが開催される。今回は絶対入賞するぞ‼

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2014.2.1 読みが外れて…
3週間ぶりの出撃
で、さすがに前回のアジ祭りはいい加減終わっているだろうし、まだ続いていても…。沼津方面では、一昨年の今頃にアジ祭りがあったし、ヤリイカやジンドウイカの情報もちらほら見かけるし…。ま、祭りはなくても、あのエリアを回ればどこかで群れに当たるでしょ…。と、出撃先決定。

この日は小僧様は友達の家に遊びに行くとかで、ディフェンスはなし。ちと寂しい

おかげでのんびり出撃しても本命ポイントへはまだ明るいうちに到着。とりあえず、ベイトやら何やらを確認…と覗くと、水が綺麗だこと。底がくっきりはっきりと見える。底は良く見えるけど、魚っ気は皆無。暗くなってから、ベイトが寄って来ることを祈るしかないかな…

暗くなるまでまだ時間はあるし、他のポイントを見て回ることに。何カ所か回ったものの、良さそうなポイントがない
ま、暗くなるまでちびカサゴと遊んでとりあえずボ回避…の目論見も見事に外れて異常なし。

暗くなってから、アオリとヒイカが釣れたという港にたどり着く。外向きの良い場所には入れないので、港内の突堤から港口方面へちび餌木をキャスト。数投後、リトリーブ中にゴンゴンという反応。ヒイカの微妙な魚信を待っていたので、呆気に取られて反応できず
…てか、イカの反応か

それから暫くちび餌木やらワームやらをキャストするも反応なし。諦めて本命ポイントへ向かう。

途中何カ所かを軽く覗いてみても、良さそうなポイントがない。宛にしていた常夜灯が点いていなかったり、釣り禁止になっていたり…

本命ポイントの手前で1ヶ所だけ、少し本気で様子を見に入る。スロープで1バイトあったもののこれまたヒットさせられず。下手くそ

で、本命ポイント。

釣れていれば誰かしらはいるんだけど一人もいない。ってことは…の想像通り、暗くなってもベイトが寄った様子もなくて異常なし。

さぁ困った…。余り好きではないが、近くのメジャーポイントで何かしら釣れてくれれば…
の期待を持って行ってみると、頼みの常夜灯がここも点いていない
しかも駐車スペースも狭くなっている…。やれやれ…。

メジャーポイントを諦め、すぐ近くの常夜灯が点いている港へ。常夜灯が射し込んでいる辺りを見ても魚っ気なし。船の影や岸壁の際に期待するしかなさそう。

ここがダメなら潔く諦めるつもりで、常夜灯付近の船の周りをキャスト。何カ所か叩きながら移動したところで、コツンとショートバイト。おそらく正体は赤いアイツ。まだ1匹も釣ってないと、その存在が愛おしく…同じコースにキャスト

ルアーが船の影に入った辺りで少しテンションが加わる。ん
聞くようにラインにテンションをかけるとググ…とヒット
赤いアイツではないことは、バイトの出方と引きの重量感で判る。

ここでバラしたら次はないかもしれないと思うとやり取りが慎重に慎重になる
慎重に引きを楽しんでから抜き上げる。20cmのメバル。やっと1匹釣り上げた…。
それから暫くして同じ場所で20cmほどのメバルを追加。1匹目だけで終わると思っていたので嬉しい。

その後は干潮潮止まりで全く反応がなくなったので終了。なんとかボは免れた…


贅沢にも簡単に釣れるのもつまらない等とほざいてボの危機に瀕すると、簡単に釣れるって素晴らしいなんて思っちゃう
困ったもんだ。

この日も外房のアジ祭りは継続中だったみたいだし、読みが外れまくり…。それが楽しくもあり、腹立たしくもあり、なんだけどね…。

さて、次はどうしようかな…


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: フロロ2lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: rains アジアダー UVシラウオオールスター


本日の釣果
メバル 17~20cm 2匹


ボ回避の1匹


 
2013.12.7 でかカマスゲット!
前週に、今シーズン初ヒイカに喜んでいたら、手のComコンビからアジ爆のが届いた。1キャスト1バイトどころでない爆発力は、初ヒイカの喜びなんてあっさりと吹っ飛ばしやがった

1週間前の状況が続いているとは思わないけど、とにかく出撃


昼過ぎまで、小僧様と一緒にガンプラ作り。文字は覚えるし、図形認識力も身につくし、手順通りに作るってことを覚えるし、集中力も…就学前の子供にガンプラはオススメですよ、奥さん

夕マヅメにポイントに入ればいいやと、のんびり出発。ポイントに着いたのは本当に日没直前。先行者に様子を聞くと、
「もっと早く来れば良かったのに」の第一声。なんでも1時間以上前から祭開催中とか。少し離れたところに入ろうとしたところ、「すぐ隣で投げなよ」と有り難いお言葉
しかもレンジとメソッドまで教えていただき…

早速キャスト開始
と、直後のフォールにクン…とバイト

…は出ず

ま、そんなあっさり釣れたら贅沢ってもんだ…と思ったら、隣の人にはヒットしてる
しかも連チャン

焦るおいらにもやっと…(と言っても5投目だけど)ヒット
20cmのアジ。

日も落ちて辺りは暗くなり…なかなか次が続かないまま祭は終末の予感か…
先行者は
「まだバイトもあるけど上がるからこちらにどうぞ」なんて有り難いお言葉を残して去って行った。本当にありがとうございました

で、少しズレて隣(になった)方に挨拶してキャスト再開。程なくして1匹追加。隣の先行者は良いペースで上げている。
「結構釣れました」と聞くと、「そこそこ…かな」との答え。この「そこそこ」、人によって違うからなぁ…

まだまだ祭は続きそう…との期待は外れ、その後反応なし。隣の人も反応悪くなったようで移動の準備。

「祭は終わりですかねぇ。どのくらい釣りました」と話し掛けると…
「あれぱわぁさん」

…青服さんでした

ならば「そこそこ」はかなりの数だろうなぁ…と思いながら見せてもらうと、さすがの釣果だった

で、青服さんはこれからでかカマス狙いにチェンジするという。アジも気になっているけど、昨年も釣れなかったでかカマスの魅力に負け、ご一緒させていただく事に。

ここでもポイントとメソッドを教えていただきキャスト開始。上手くすれば、尺オーバーが1キャスト1ヒットだとか

ところがこの日はベイトが薄いようで、反応が良くない。何カ所か攻めたあとに青服さんが攻めている場所に行き、様子を聞くと1本上がったそうな
すぐ隣に入りキャスト開始。

何投か目に、カウントダウンして巻きはじめ…カツ、カツ…とカマスがバイトして来たが乗らず。
「今バイト出ました」
「そのまま巻いてると来ますよ」
の言葉通り、ググンと重みが加わった

ドラグの音と引きを楽しみながら巻きつづけ、抜き上げたカマスは…

でかっ

今まで見たことのない長さと太さ。こんなカマスいるのと思いながらも、目の前にいるのは間違いなくカマス。

いきなり尺オーバーどころか40cmオーバーを釣り上げたかとたわけた事を言ったところ、青服さんがメジャーで計測してくれた。サイズは38cm。40cmには届かず。

初の尺超え

それでも、初めての尺オーバーがいきなり38cmなんて出来すぎも良いところ。青服さんが自分の事のように喜んでくれているのがまた嬉しい。このまま上がっても良いくらい。

とか思うのも束の間。すぐに追加を狙ってキャスト再開するのが釣り師の性
少しして青服さんが尺オーバーをゲット
おいらにも反応はあるんだけど…乗らず。

で、反応が悪いと近くのスロープが良さそうに思えて来たりして移動。1投目であっさり20cm程のアジをゲット
こりゃ、こっちで祭開催か…の期待はお約束のようにハズレ、散発3安打。

元の場所に戻ると、青服さんは車に戻って帰り支度中。お礼とお別れのあとに再度でかカマスの釣れたポイントに戻る。

ここで2回ほどバイトが出たもののヒットまで持ち込めず
すると、少し離れたところで、パシャっとライズ。すぐにもう一度。セイゴかな…とライズのあった向こうへワームをキャストし、水面直下をゆっくりリトリーブ。半分巻いた辺りでクク…とバイトが出てヒット
すぐバラシ

もう一回…

同じようにキャストし、同じようにヒットし、バラシ
バイトといい、引きといいアジっぽいなぁ…。

それから暫くして、やっとゲットしたのは15cm程のアジ。ここから、飽きない程度にバイトが出てヒットが続く。終いには、足元ほんの5m程度の範囲にヒットが集中しだした。

これはこれで良いんだけど…あまり楽しくない。いや、釣れてるんだから贅沢なんだけど
で、サイズUPを目指して移動。

お気に入りポイントに入ったときにはもう潮が引きまくり…
気が付きゃ4時間以上、同じポイントにいた事になる。やれやれ。

潮が引いていても、居るときは居るし、居ないときは居ない。で、この日は後者
たま~にショートバイトが出るけど…
今日はマスター不在だから確認できず

さて、潮は更に引いてド干潮間近。ここで穴撃ちポイントへ移動。ところがここもまさかの異常なし

さて…どうするか…。
明日はきっと小僧様がガンプラ持っておいらの起き出すのを待ち構えているはず…
朝まで徹底抗戦なんかしたらグレちまうかも

ということで最初のポイントに戻り少しだけ悪あがきして帰ることに。

戻ってすぐに足元から15cm程のアジをぶっこ抜き。が後が続かず

そうこうしている内に、水面のベイトがザワつき始める。カマスの気配がプンプンとしてきたので、さっきのヒットルアーをキャスト。

数投目。

ガッガッガッ…とバイトが出た。ロッドに重みが加わるのを待っていたら、逆にテンションが軽くなった。急いでラインを巻いたときには万事休す。カマスにヒットルアーを持ち逃げされていた

それから暫く別のルアーを投げたものの反応なし。足元のアジにも嫌われたようなので、いい加減終了とした。
後半は全くいいことなし。アジも数はそこそこ釣れたはずなのに、何となく満足感がない。でかカマスが釣れた分、バランスを取られた形かな

青服さんの話だと前週と違って、今週のアジは体高があるそうな。
「良いときに来たねぇ」
と言われたけど、一番ラッキーだったのはあそこで青服さんに会えた事かな。おかげであんなでかカマスに会うことが出来たんだから。

手のComコンビの爆釣情報と、青服さんのお誘いと…周りの仲間達に恵まれた結果がこの日のでかカマスに繋がった。本当に皆さんに感謝感謝です


でかカマスは刺身の誘惑に打ち勝って塩焼きに。頭を落として斜めにしてやっとグリルに収まった。いや、ンマかったっす


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラC2000HGS
ライン: DUELスーパースムーズ アジメバル 0.3号
リーダー: フロロ6lb
ルアー:スミス Dダイレクト チャートヤマメ

ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: rains アジアダー 各色

本日の釣果
カマス 38cm 1匹
アジ 15~23cm 15匹


 
2013.11.30 ヒイカはじめました
前週末は野暮用で出撃出来ず、この週末も昼からの出撃はムリ。って事で、土曜の夜に小メバルにでも癒してもらおうと、翌日仕事のyuyaも積んで無理矢理出撃

最初に入ったのは前回yuyaに一人勝ちされた岸壁。二人仲良くバイトは出たもののノーゲット



土曜の夜なのでどこも人が入っている。が、メジャーポイントのお気に入りの小場所が奇跡的に空いていた
大喜びでキャストするが、反応なっしんぐ。

ならばと駄目元で餌木に付け替え、ちょいと離れた場所でキャスト。少し沈めてピョンピョンと跳ね上げさせ、そのままフォール…している餌木が、急にバックスライド開始。へぇ…バックスライドするんだ…って、そんな機能あるかい

すかさず合わせを入れると、微かな重みが加わったが、ちびアオリのような引きもない。

もしかして…の想像通り、上がってきたのはヒイカ。今シーズンは、半ば諦めかけていたところに釣れたので嬉しい
""

少し離れた場所で頑張っているyuyaに見せつける
yuyaの方は相変わらず反応なし。

反応がなかったyuyaも引き連れ、ヒットポイントに戻り再キャスト。同じように少し沈めてピョンピョンと跳ね上げさせる。そこからのフォールには反応なく、巻き始めに一瞬だけテンションがかかる…が抜けた。フォールの最後に抱きに来たかな

その場でピョンピョンと跳ね上げ、フォールさせるとまた餌木がバックスライド
すかさず合わせて2杯目ゲット

更に次のキャスト。これまた同じように少し沈めてピョンピョン跳ね上げフォール…でバックスライド
3投で3杯ゲットと、これ以上ない効率の良さ。しかも、ピョンピョン跳ね上げたあとのフォールにすぐ反応する。これはかなり活性の高い群れが入ってるよ~とyuyaを煽る

ところが…

yuyaどころか、おいらにも反応がなくなった。ぱったりと…。

激しいアクションでスレるのが早かった
ゆっくりしゃくっても反応なし。

レンジが変わった
レンジを下げても反応なし…。

ありゃりゃ

と、ここでyuyaは無念のタイムアップ。当初はyuyaを家に送ってもう一度ポイントに戻るつもりでいたけど、あまりにはっきりと反応がないので3連チャンに満足して終了とした。


昨年も、シーズン初ヒイカを釣ったのが12月。なんだか回遊タイミングがズレはじめているのかな…
なんにせよ、「横浜ヒイカはじめました」


シーズン初ヒイカゲットを手のComコンビに報告したら、とんでもない返事が返ってきた

…詳しくは、「手のヒラアジ」で検索


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVAX 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)+1号(4lb)
餌木: ヤマシタ ナオリーレンジハンター 1.5B オレンジ


本日の獲物
ヒイカ 3杯




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。