ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.04 ライトルアー船でバクバク♪

GWもあっという間に後半
釣りを満喫してないぞ~

って事で開幕からバリバリ釣れているらしい相模湾のライトルアー船で魚の引きを堪能するのだ
と出撃。

yuya
ちゃんと助手席に積んで運んでますが何か

お世話になったのは平塚の浅八丸さん。ライトルアー船は3時間の短時間で\3500とリーズナブル。一日二便(午前、午後)体制で出船中。

午前便は既に予約一杯になっていたので必然的に午後便に。行きの道中の大渋滞を心配し、早めの早めに出発したら、そのまま早めの早めに到着
おかげでミヨシを確保

船宿でのんびり待機していよいよ出船。10分程走って最初のポイントに到着。開始のアナウンスでジグ投入。レンジは水深20m。20m付近までフォールさせると、ティップにトンという感触が伝わり、ラインが止まった。すぐに合わせてファイト開始

周りの中ではファーストヒットだぁ
と抜き上げると、お約束のエアーリリース

その時はyuyaにもヒットしファイト中。気を取り直してジグ投入。またフォール中にヒットして今度こそゲット
今年最初の沖鯖は40cmの立派なサイズ。

その頃yuyaは、鯖に走られたお隣りさんとフェスティバル発生。いや、オマツリ中

魚の群れはやる気があるんだかないんだか。ヒットするのはほぼフォール中なんだけど、3、4匹ヒットしたあとは反応がなくなる。群れが喰いながら移動してるなら、船もそれを追えばまた直ぐにヒットするんだろうけど、そういう状況でもないみたい。

反応が悪くなると少し移動して別の群れを捕まえて…の繰り返し。後半に何とかまとまった群れを捕まえて数を伸ばせたかな
2本のフックにそれぞれ鯖がヒットしたのも1回あったし

この日は鯖のサイズが大きく、引きも十分堪能出来た。50cmを超えるのも何本も上がった

yuyaは何度かお隣りさんとのフェスティバルを発生させ、時間をロスしながらも後半怒涛の連続キャッチを見せ、20本は確実に超えた…状況。おいらは隣のフェスティバルを横目に数を伸ばせたから更に釣ってるはず…。エアーリリースもたくさんあるけど

鯖を十分堪能したので、最後の30分はハモノ狙いをしようと船長が提案。皆異存ないようでハモノ狙いをする。とは言え、タックルは変わらないんだけど
ここでは船中で何本かホウボウが上がったようだけど、おいら達にはヒットなしでタイムアップ。

沖上がり後に数えてみると二人仲良く30匹超え。yuyaにかなり差をつけていたように思ったけど、エアーリリースが響いたみたいで大差なし

たった3時間なのに、しゃくって巻いてファイトして…。ほとんど休みなしだから、かなりヘロヘロに
通常の時間なんかやったら暫く動けないかもね


超が付く安・近・短でお土産はほぼ確実。運が良ければ大爆釣でクーラー満タン。オフショア未経験なら、まずは手持ちのタックルで一度行ってみては
今年は今のところかなり安定した釣果が続いているみたいだし…

ライトルアー、いつ行くの

今でしょ


本日のタックル
ロッド : GALEO'N Leavers65
リール: ダイワ ラウル 早技 150L
ライン: PE 1号
ルアー: ジャクソン ギャロップ 60g H/IW イワシ

本日の釣果
サバ 40~50cm 36匹
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2013.03.09 久しぶりのボートメバル
1月に盛大()に送り出したハズの某氏が未だに房総方面を暴走してるとのウワサがあちこちから聞こえて来る。毎週の様に超遠征を繰り返してるのかしらん
それなら、昨年強風で出撃できなかったボートメバルなんてどうと悪企み

この悪企みに参加してくれたのは某TさんとCommyさん、そして若頭てとらくん。お世話になったのは、SweetWatersさん。
前日から強風が吹き出し、当日もまた強風の予報が出て、ギリギリまで出船出来るかどうか…という状況のなかなんとか出撃

まずはカサゴ狙いのポイントに。前日の強風で底荒れしてしまった影響で反応が悪い。ようやくヒットしてきたのは15cm程のちびカサゴ。今日は君の倍くらいのサイズを狙ってるんだよ、とリリース。

カサゴの反応が余り良くないのと風の予報が良くなったので、遠めのポイントまでボートを走らせデカメバル狙いに変更。1週間前に尺メバルが連発したポイントは、既に別のボートが着いていた

他にもデカメバポイントはあるぞと近くのポイントに入る。障害物と明かりと潮の流れと…を意識しながらキャスト&リトリーブするとすぐにヒット
おいらでなくCommyさんに
なかなかなサイズのメバルをゲット。

すぐ後においらにもヒット
引きの強さからかなりの良型を期待。ドラグが鳴るのを楽しんでいたらまさかのバラし
フックがだらしなく伸ばされていた。

その後もぽつぽつといった感じでメバルが釣れるものの、数も型も満足できない船長が移動を決意。別の船が先に入っていたポイントに向かう。船は既にいなくなっていたが、波と風が強く釣りづらい。反応が悪いのと、風が強くなってきたので風の影響の少ない近場に戻る。

その途中、大きな停泊船の明かりに船長が鳥の群れを発見。近寄ってみると、シーバスがボイルしている。すぐにキャストしてTATさん(あ、書いちゃった)がシーバスをゲットしたが、そのあとが続かず移動。

風の影響の少ないエリアに戻り何カ所か回ってメバカサ追加。さらにスペシャルなお土産ゲット
この辺のポイントはなんでも釣れるってんで銘々好きな攻め方で遊ぶ。おいらもアジメバタックルでシーバスの引きを堪能。ハンドメイドリップレス5cmにシーバス魂入魂

で、時間限定のスペシャルポイントへ。流れが出始めれば、大型メバルの食いが立ってパラダイスが訪れる…とか。

ところがこの日は待てども待てども流れが発生しない。当然メバルパラダイスも開催されず

風の影響でデカメバポイントが狙い通りに攻められなかったこと&今度こそ異動する(予定の)TATさんに少しでも良い思いをしてもらいたいとのことで、大サービスしてくれた船長。そのお陰で最後にはメバル&シーバスの入れ食いを堪能して終了。4人合計すると、100匹は超えていたんぢゃないかな


前日の強風の影響で底荒れしたせいでカサゴは数釣れず。デカメバポイントも風の影響で満足に攻められず。と、状況が良かったとは到底言えない中、最後にはプチ爆で終わる事ができ、満足の沖上がり。船長ありがとうございました


普通なら、このまま解散となるんだろうけど…
このあとおいらはTATさんのTwitter仲間の空読さん達との合流にちゃっかりお邪魔し、電池切れまで残業して帰宅
空読さん、いきなりの乱入にも拘わらずいろいろありがとうございました


本日のタックル
ロッド: オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ルアー: ハンドメイドリップレス5cm
ジグヘッド: メバル弾丸1.5g
ワーム: ガルプ ベビーサーディン 2inc グロー

ロッド: バスロッド 6ft
リール: シマノ アルテグラ 2500S改
ライン: DUEL SUPER SMOOTH 0.8号
リーダー: フロロ5号 (20lb)
ルアー: ハンドメイドリップレス5cm


本日の釣果
シーバス 35~60cm 11匹
メバル 17~25cm 17匹
カサゴ 15~20cm 3匹
2012.11.23 温泉メッキ玉砕
玉砕記事ばかりが続いて、書くのも段々嫌になってる今日この頃。皆様如何お過ごしでしょうか



少し前のこと。手のヒラアジさんから、「横浜温泉メッキが上向いてきたので近いうちにどう?」というお誘いをいただいた。けど具体的な日程の話まで進まず…それから暫くして、「23日に船チャーターしました。参加者募集!」ときた
えもう日程決まったのんぢゃ参加

お世話になったのは昨年同様磯子の「釣福丸」さん。明るいうちにメッキを釣って、日没後は横浜アオリを捕獲に行くとか。良いっすね~。

で、当日午前の釣果はチビ1匹だけとか。いや…きっと午後になったら良くなるんだよ。多分…

今回ご一緒させていただいたのは、手のヒラアジさん、Commyさん、TATさんのいつもの馬鹿3人(失礼)。さらに手のヒラアジさんと一緒に20年も前からメッキを追いかけていたという銀河メッキさん、愛車がおいらの愛車と兄弟のヒデさん。雨混じりの中、つわものばかり(おいら除く)を乗せて、いざ出船
すぐにポイント到着
この手軽さがグッド


早速戦闘開始みんな思い思いのルアーをキャスト。水面で祭が起きている様子はないので、おいらはハンドメイドジャークベイト5cmをチョイス。温排水口横の壁際にキャストし、沈めてジャークしながら巻き上げる。

と、何投目かに後ろからチェイスする姿が見えた。サイズは15cmくらいか。残念ながらヒットせず。

そんなおいらを尻目に、「来たよ~」と手のヒラアジさん。サイズは大きくなさそうだけど、早速のヒットは羨ましい…んだけど、上がってきた魚には縦のシマシマが入ってた。くっきりと

なかなかメッキのヒットがない中、ヒデさんにヒット。上がってきたのはこれまたメッキではなく、クイーンフィッシュ。ヒデさん、このあと怒涛のQF連チャンでクイーンフィッシュキングの称号をゲット
さらにこの日初のメッキまでゲットした

QFの数は多いみたいで、ルアーのサイズを落とせば簡単にヒットしてくる…らしい。みんな順調にQFをゲット。TATさんはいつの間にかメッキをゲットしてるし、Commyさんなんか糸引いちゃってる気がつけばノーゲットはおいらだけというなんだかデジャヴュを感じる展開

とりあえず1匹釣らねば…とジグヘッドを持ち出し、やっとQFをゲットして「ボ」逃れ
でも、ヒットに気がつかず、トゥイッチ入れ続け、足元に来て気付くという、釣った感まるでなしな展開

そうこうしているうちにQFの反応も薄くなり、マヅメ近く。TATさんと手のヒラアジさんがメッキをゲットし、最後にヒデさんがハードルアーでメジナをゲットして第1部終了。

で、第2部。
船は少し移動してアオリ狙いにチェンジ。水深8mから3mへのカケアガリを狙う…んだけど。船が小まめに移動して、キャストした方向と逆から餌木が戻って来る。こりゃ、船の流し方を理解しないと難しいぞ。みんな3号前後の餌木を投げているのに、何故かヒイカばかり上がって来る。ならばとヒイカタックルを出しても反応なし。なんでやねん

何カ所か移動して、大型船と岸壁の際を狙う。ここで手のヒラアジさんに待望のアオリヒット
パターンは、ベタ底のノジングだとさ。

で、早速ベタ底ノジングを開始。すると、クイクイ…っと初のお触りが
次のしゃくりでワンツースリーパンチ
でも乗らない
そんなおいらの後ろで、TATさんてばあっさりとアオリゲット。むむ…。

さらに何投か後に、しつこくベタ底ノジングしていた餌木が、何となく重くなった。半信半疑で聞いてみると、微かに生体反応が。テンションを変えないよう注意しながら巻いて来ると、餌木を抱いていたのはヒイカ。3号のDSオレピンでゲット。何気に今年初のヒイカだったりする

その後何度かパンチにからかわれ、船長の厚意で別ポイントの延長戦。ここでもゲット出来ず無念のタイムアップ

本命全く釣れずなダメダメな結果になってしまった。厳しい状況でも、釣っている人は釣っている。単純においらが下手なだけ…を思い知らされた

参加メンバーの皆さん、お疲れ様でした。釣果は寒かったけど、楽しい時間を過ごせました。またよろしくお願いします。
誘ってくれた手のヒラアジさん、ありがとうございました。また次も誘ってください。


で、ここからCommyさん、TATさんを引き連れ、陸っぱりのヒイカ残業に。仕事の都合で船に乗れなかったyuyaも合流し、いつものお気に入りポイントへご案内。

ポイントに入ってすぐにTATさんがヒイカゲット
さらにもう1抔追加
えと…ここに通っているおいら達の立場は…

とはいえ、案内したポイントで釣ってもらえて嬉しいっす。

ならばおいら達も
と頑張ったものの、その後4人に全くお触りなしで終了。


ヒイカに癒されるどころか、傷口を拡げて帰る結果に。やれやれ。


このあと更に伊豆に行くというタフなTATさんから、獲物のヒイカとアオリをいただいた。ありがとうございました
またおすそ分けください(違


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g
ワーム: ガルプ ベビーサーディン 2インチ グロー
餌木: On Line Lure Shop F デイスクイッド3号 オレンジ/ピンク


本日の釣果
QF(イケカツオ) 1匹
ヒイカ 1抔

2012.08.11 瀬戸内真鯛
娘の部活の休みに合わせて、親戚巡りを兼ねて広島方面へ旅行。その親戚が、娘共々釣りに連れていくと、手ぐすね引いて待っているとのこと。ありがたい話だ
んぢゃ、行ってきま~す

当日は明け方前から雷雨
予報では徐々に弱まり、昼前には上がるとか。ならば出船時間には落ち着くだろうと思っていたらなかなか落ち着かず港で暫く様子見。雷も収まり、雨が少し弱まったタイミングでいざ出船
メンバーは叔父とその友人、おいらと娘、そして小学生の甥っ子。甥っ子は叔父とペアを組み、二人で釣りをする。

海に出てみると、びっくりする位の凪。30分程走って、最初のポイントに到着。仕掛けは胴突き仕掛けに錘籠。所変われば品変わる
籠にコマセアミを詰めて、針にオキアミをつけて投入。すぐにコツコツと魚信があり、上がってきたのはトラギス。

こいつが釣れるって事は、タナが低いってこと
と、それからは着底後に少し浮かせるようにする。

暫くして、叔父のロッドが大きく曲がり、甥っ子に巻かせている。時折グン、グン、グンと引く事から良型の真鯛を期待。しかし、途中でハリス切れ。残念

それからカサゴやトラギスたまにアジといった具合にポツポツと釣れるものの、真鯛の魚信はなし。そんな中、娘のロッドに今までよりは良い引きの魚がかかる。慎重に上げてきたのはピンクの魚体。残念ながら真鯛ではなくチダイだったが、娘にとって初めての鯛
チダイ1


それから暫くしてまた娘のロッドに更に大物がヒットティップがグン、グン、グンと入る引きは今度こそ真鯛が来たかと思ったが1枚目よりも大きいチダイ
チダイ2


それに比べてとーちゃんはというと、小物ばかりで鯛の魚信は全くなし。なもんで娘の鼻の高いこと高いこと

それから潮止まりとなり、暫くの間魚からの反応が悪くなる。餌盗りだけは元気らしく仕掛けを上げる度に餌はなくなっているんだけど

何度か場所替えしたところで、そろそろタイムアップが近づいてきた。そこでようやくおいらにも鯛がヒット
これまた真鯛ではなくチダイ。

潮も動き出したようで魚信が頻繁に出始め、アジやカサゴがコンスタントに上がりだした。が、いよいよいつ「終了」と言われてもおかしくない時間になってきた。

そんなときに、おいらのロッドにこの日一番大きな魚が掛かる。ロッドティップがグッと入り込んだ魚信と、下に突っ込む引きに今度こそ真鯛が来たか?と慎重にやり取りする。叔父もこちらの様子に気づき、引きの具合から真鯛を期待。最後の最後に来るなんて、もしかして何か持ってるか?と内心にやけながら魚を浮かすと…

上がってきたのはなかなかの良型。慎重にネットインさせ、取り込み完了。

40cmオーバーのウマヅラハギですが何か

最後の最後にそんなオチを付けなくてもいいのに…
やっぱり別の「何か」を持っているらしい。あまり嬉しくないけど

終了予定時間を過ぎても、船長は一向に「終了」と言わない。それどころか、やる気満々で釣りをしている。魚の反応が良くなったことと、遠方から来た娘&甥っ子の為に、もっと釣らせようとのありがたい心遣いらしい。

その後、アジとカサゴをたくさん追加して沖上がりは4時頃。帰りはちょっとした瀬戸内海クルージング気分を楽しみ、娘、甥っ子、そしておいらも大満足の釣行となった。


夜は当然獲物でパーティー。船長にもらった真鯛の活け作りをはじめ瀬戸内の海の幸を満喫。嗚呼、ビールが美味い

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2012.07.21 どこまで続くの…?
3週間ぶりの出撃。

久しぶりにyuyaから誘いがあり、今年まだ一度も乗っていない浅八丸に乗ろうということに。で、せっかくだから最近いろいろ遊んでもらっているぼーじーずのおぢさん達にも声をかけようとなった。

房総方面がメインフィールドのぼーじーずだから、平塚は遠いし、参加なしだろうと思っていたら、即バイトでTATさん参加決定
Commyさんも参加決定

で、その間にyuyaは船の予約…と思っていたら、朝一の便は既に満席
それ以降の便だと、yuya家の予定と被るらしい。
それでも出撃許可を得るためにファイト開始

カーン


………


カンカンカンカン…

yuya嫁
(3分8秒 鯖折り)
yuya

チーン

言い出しっぺは出撃出来ず、3人での出撃となった。yuyaの都合を考慮しなくて良いなら、午後便の方が一発逆転の期待が高いので(あくまで個人的な経験)午後便を予約

初浅八丸のお二人に良い思いをしてもらおうと、ミヨシを確保するべく出船2時間前には着くよう家を出発。途中お約束の場所でプチ渋滞にはまり、二人に渋滞情報を提供しようと思った途端、TATさんから到着のメール
ミヨシ確保をお願いする

ミヨシが確保出来たので、のんびりと宿に到着。そこで、ちょっと嬉しい事があったんだけど、それはまたの機会に

Commyさんも無事合流し、いよいよ出発と船に向かうと、20kgオーバーのキハダが出迎えてくれた。いいなぁ…あんなの釣りたいなぁ…。

船は東沖に向かってひた走る。烏帽子岩を過ぎたあたりで群れを見つけたようでスローダウン。なかなか群れが止まらないようで、それを追いかけてジグザグ走りようやく開始

が、誰にもヒットせず、すぐに移動。群れの移動先に向かい再度ジグ投入
も、これまた誰にもヒットなし。
船長、「駄目だ。この群れ釣れねぇ」なんてぼやきながら、別の群れを探すことに。

次の群れを捕まえてジグ投入と、フォール中にクンとバイトが出てヒット
どうやら船中初ヒットらしい。得意げに抜き上げようとしたら、ポロリ
その横で、TATさん見事にサバゲット
おいらはこのあと連続で抜き上げポロリ


どうも群れがなかなかやる気にならず、数回ジグを落とす間に釣れないとその間に群れがいなくなる。ので、数回落としてはプチ移動の繰り返し。途中水面でベイトがざわつく群れに当たり、そこでようやくサバゲット
Commyさんも無事サバゲット


結局船の周りでフェスティバルが起こることなく、ウロウロしてはジグを落としの繰り返しでタイムアップを迎えた。

この時期ならそこそこ入れ食いが堪能出来るかと目論んでぼーじーずのお二人を誘ったが、なかなか厳しい状況の時に当たってしまったようだ。


これに懲りずにまたお付き合いください


本日の獲物
サバ 25cm~40cm 3匹(ヒット7回)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。