ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.31 釣り親バカ日誌
今度のお休みはパパとお魚釣りに行こうかと小僧様に振ると、珍しく乗ってきた。んぢゃ、早朝の三崎でイワシ祭を堪能してサクッと帰ってくるかね…

なんて企んだものの、宵っ張りの小僧様が夜明け前に起きるわけもなく…
昼前にようやく出撃。この時点で敗色濃厚。釣り具屋の店員さんオススメのハゼ釣りをうっちゃって、オキアミコマセを購入。きっとイワシが何匹かくらいは釣れるよ…多分
で、向かったのはヒイカの時期に良く行く某施設。土曜の昼間だし、入れる場所はあるかな…と一抹の不安を抱きながら着いてみると、何カ所も入れるスペースがある。って事は…

周りの様子を見ても、釣れている人がいない。小僧様のタックルを用意し、少し沖目に仕掛を投入。トリックサビキだし、何かしら反応は…なし

何度か餌を付け替えて投入しても全く反応なし。隣の遠投カゴ仕掛の浮きも、全く沈むことなくおいら達の前を虚しく通りすぎる

おいらの分もタックルをセットして投入。小僧様の仕掛よりも少し沖目に投げる。これまた反応なし。むむ…

周りも含め、全く釣れないまま1時間以上経過。小僧様も良く頑張っているが、流石に帰ろうか…という気になる。

全く何の反応もないままではあまりに寂し過ぎる。足元の壁際なら何かしらいてくれないか…と垂らしてみる。何度か微妙なツンとまでも行かない反応があるようなないような…と思ったら、少し明確なツンという魚信に反射的に合わせてヒット
上がってきたのは10cm程のウミタナゴ。とりあえずボは回避

それを見てモチベーションの上がった小僧様にロッドを持たせ、一緒にツンを感じて合わせる作業をする。何度か抜き上げポッチャンをしながらも魚信を感じて合わせることができるようになった

「あ、今プルってした」

「あれ~いない」

「落ちちゃった~」

なんてお約束な展開をしながらも、2匹独力で釣ったところで集中力が切れて終了。

仕掛をしまい、後片付けをしていると、隣に入った親子連れのサビキにアジがヒット
車に戻る途中で遠投カゴサビキ仕掛の人にイナダがヒット


…夕方になり、そろそろ良い時間と解っていたけど…もう少し頑張れば良かったかな


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)

◎小僧様用
ロッド: 激安4ftエリアロッド
リール: シマノ エアレックス1000
ライン: ナイロン2号

仕掛: 市販サビキ仕掛
餌: オキアミコマセ


本日の釣果
ウミタナゴ 10cm前後 5匹


 
スポンサーサイト
2013.03.24 横浜で虹鱒?
タイトルに喰い付いた方(いるのか)、残念でした。先に謝っておきます

小僧様を連れてフィッシングショーに行ってきた。日曜日の昼頃のんびり出発し、中に入ったのは14時少し前。

先日お世話になった船長に挨拶するためにまずはティムコさんのブースへ。

…の手前に、水槽でワームの動きを確かめることができるブースがあり、小僧様スイッチオン
小僧様が遊んでいる横に目をやると、チョロムシやクロカワムシの形をしたワームがっ
横にいたメーカーの方に話を聞くと、渓流釣り用だそうで。クロカワムシは触感が本物に近いので面白そう。
アジングに使えそうなワームのサンプルをいただいた

一通り遊んで満足してからティムコさんのブースへ。すぐに船長も見つかり、ご挨拶。小僧様、お土産ゲット
あざーす

さて、本日のメインは、小僧様を釣堀で遊ばせ、晩飯のおかずを確保すること
ティムコさんのブースから、釣堀コーナーへ移動しながら、気になるブースに寄り道

で、釣堀コーナーまで来てみると…


釣堀コーナーは整理券制だった

しかも配布終了



でも。

キャンセル待ちができるとのことでその列に並ぶ。30分くらい待って案内された。

係員の方がほぼ一組に一人ついて世話を焼いてくれる。小さい釣堀で良く見かける竿を小僧様に渡してくれる。針には既に餌が付けられてる。しかもブドウ虫

こりゃ、すぐ釣れちゃうなと思った通りすぐにヒット。小僧様のサポートをしながらネットイン。よほどのことがない限りバラす事もないだろうけど

小僧様大喜び

…は良いんだけど、針を飲まれてしまい、係員さんのお世話に
その間に予備の竿と餌が渡され、いそいそと餌付け。ブドウ虫なんて10年以上触ってなかったはず

で、小僧様餌を投入。といっても目の前に落とすだけ
群からちょっと離れていても、すぐに見つけて食いついて来る。空腹なんだろうな。かわいそうに。

合わせを知らない小僧様。何匹か餌を喰わえちゃ離すを繰り返される
それでも間抜けな奴はいるもので、自分勝手にフッキング
竿を必死に立てようとするもへっぴり腰なのが可愛い(馬鹿親モード発動)
何とか自力で寄せてきたところでネットイン。小僧様またまた大喜び

釣った獲物はビニール袋に入れ、お持ち帰り。オプションで保冷剤と簡易クーラーバッグもあり、それを利用させてもらう。

閉場まで2時間弱。一通り駆け足で回りたいのに、小僧様はそんなことはお構いなしに巨大バルーンに突入
交代の時間までしばらく待つ。

更にお腹すいた攻撃も始まり、おやつタイム突入

やっと満足したときには残り時間1時間ほど。駆け足でアジング関係のブースを回り終了時間に。
それなりに聞きたいことも聞けたし、小僧様のおかげでお土産もたくさんもらったし、ま、いっか


会場を出たところでまだ遊び足りないと宣う小僧様
すぐ近くの遊園地に入ってかくれんぼ
まだ、あれに乗りたいと騒ぐ歳でもないのかね


一通り遊んで満足したところで帰宅

2012.6.30 サビキングリベンジ?
先週からの小僧様との約束で、またまた家族サービスサビキングに。前回の反省と、翌日も休みということで夕マヅメを狙う。

途中でコマセ購入&情報入手。お勧めのポイントに向かう。

ポイントに到着し、そそくさと仕掛けの準備を済ませる。この日は手返しを考えて延べ竿だけ。

とりあえず1本用意して投入。すると、すぐに魚信があり超豆アジが釣れた。再度投入して竿を娘に持たせ、もう1本の用意をする。その間に超豆アジ追加。

その後少しの間釣れずにまったりした時間が流れる。あ、こんな時にもネンブツ君は遊んでくれる。いい奴。そんな時に少し離れた所にいたルアーカップルに何か釣れたので見に行くと15cmほどのクロダイ(チンチン)

足元にコマセが効いてきたようで、娘が小メジナ連発。たまに忘れた頃に超豆アジ。さらに小メバルに極めつけはチンチンまで追加。足元からちょっと離れた所にいる群れに気づき仕掛けを入れると狙い通りに食って来たようだ。その後すぐにもう一枚追加。

とーちゃんも負けじと娘に釣られた間抜けな魚を外す合間に仕掛けを下ろす。しかし掛かってきたのはヒイラギ
後ろで見ていた漁師らしき爺ちゃんが、「美味いから持って帰れ」と勧めてくれるのでキープ。yuyaもそんなこと言ってたっけ。

小僧様はいろいろな魚が釣れるので、はしゃぎながらクーラーの蓋開け係。釣らないのかと聞くと、延べ竿ではなくいつものタックル(エリアロッド)がいいと宣う。仕方がないのでタックルの準備をする。

その頃には超豆アジも足元にやってきた。サイズも小さいが、群れも小さい。

それでも小僧様もあっさりと超豆アジゲット
更にヒットしたが抜き上げでポロリ。ありゃ。

娘が自分の面倒をようやく見るようになったので、とーちゃんも釣りに復帰。足元のアジは子供達に任せ、サイズアップを目論みちょっと沖の深場を狙う。

少しすると、竿先がツンツン言い出し、超豆アジよりも強い引き。狙い通りかと喜んだが、あがってきたのはウミタナゴ。ヒイラギをキープしたので、これもキープしてみる。

さらに同じような引きに今度こそ、の期待を持って抜き上げると、上の針には超豆アジがついている

…が、一番下の針には赤い魚が掛かっている。引きからしてお約束のネンブツでもハオコゼでもない。

まさか…真鯛(チャリコ)

をを…綺麗だ。

を……

ん…赤が濃いな…

あれ…


タイはタイでもサクラダイ。春の真鯛の別称ではなく、「サクラダイ」という魚。名前に「タイ」とつくもののハタの仲間らしい。身体に桜の花を散らしたような模様が美しい。

一度沖釣りで釣ったことがあるものの、スタッフの爺ちゃんが「旨くない」と言ったのでリリースしたことがあるが、今回は既にタナゴやヒイラギもキープしているのでもう一目追加。

6月の末ともなると、日が沈むのが遅い。まだ暗くならないのに、7時をとうに過ぎている。足元にいたアジもいなくなったので、終~了~



と言ったところで、
「ぼくまだふたつしかつってない~」と、涙の訴えをする小僧様

そうかそうか

まだ釣り足りないか


んぢゃ、第2ラウンドじゃあ


でもその前に晩御飯な

でゆっくり晩飯食ってりゃ、時合なんてとっくに過ぎている訳で…。

それでも頑張った小僧様。ネンちゃんを3匹釣ってやっと納得。本当に終了。

でも、この3匹は自分で魚信をとって合わせたんだもんね。十分進歩したよね
遅くまで本当によくがんばりました

で、今日の主役はなんと言っても娘。超豆アジ、メジナ、メバルにチンチンと美味しい魚を釣りまくり。それが小僧様の釣り魂に火を点けた

何にしても、姉弟ともに夢中になってくれたなら連れていった甲斐があるというもの。次はイワシぞろ~りを狙ってみるかね



2012.06.10 小僧様とサビキング
野暮用続きで暫く出撃できず。この土曜日も雨で家でゴロゴロとふて寝気味に小僧様と遊ぶ
ふと、「明日はいい天気だからお外で遊ぼうね。何して遊ぶ
と聞くと、すかさず
「魚つり
と予想外の嬉しい答え
よっしゃ任せとけ

娘の部活も休みで久しぶりに家族揃ってのお出かけしかも釣りメイン
この時期ならサビキでイワシは固いでしょ

と向かった先は三浦半島先端。家族サービスモードだったので明け方から…は避けてのんびり8時半頃に到着。岸壁はなかなかの盛況ぶり。でもサビキではなく投げがメインみたい。空いている場所を見つけ、入れてもらう。

で。
周りの様子を一回りして確認。明け方近くには小サバ混じりで豆アジが釣れていたらしい。が今は気配すらない。むむ…

とりあえず、仕掛けを準備して投入開始。小僧様には5本針のスキンサビキにコマセ袋を付け、おいらは4.5mの延べ竿にトリックサビキ。コマセも撒いて、すぐに竿先がプルッと・・・しないまましばらくの時間経過。
子供と釣りをするときは、最初の15分で結果が決まるなんて話もある。早くもその15分が経過。全く釣れず。で、お約束のように飽き始め「お腹空いた」攻撃開始
で、嫁と2人で散歩がてら近くのコンビニにお買い物。

そういうときに限って魚は釣れるもの。小僧様がコンビニに向かってすぐに延べ竿がプルプル言い出してファーストフィッシュゲット。魚体が赤いですが何か?
とりあえず小僧様が帰ってくるまでバケツでキープ。
更にもう一匹追加して、バケツの中は金魚が2匹。
その後、小僧様が戻ってきて無事お役御免となりリリース。

小僧様の仕掛けを回収し餌を詰め替えている間、嫁に延べ竿を持たせていたら、その竿が良い具合に曲がっている。で、上がってきたのは子メジナ。足下に群れは見えていたんだけど、なかなか食ってこなかったのに・・・。

それからまた暫く釣れない時間帯が続いたが、左側の人に小サバがヒット。程なくして、小僧様のロッドにヒット3匹ほど続けて釣れたあとは群れが離れたのかまた暫く釣れない時間帯が続く。

そんな中、おいらの延べ竿にコツッと魚信。またネンちゃんか?と上げてみると、赤い魚ではあるが、ひれに毒のあるハオコゼ。丁重に海にお帰り頂く。更にもう一匹赤い魚。縦に縞の入っているオオスジイシモチ。これもリリース。

それから暫くして、小僧様のロッドに再び小サバがヒット
やっぱり2・3匹釣れると群れは離れていく。しかもその群れの回遊間隔が長いったらありゃしない。

おいらの延べ竿は足下に置いておき、放置状態。
小僧様のロッドや、いつの間にか娘用の仕掛けも用意してそっちの面倒を見ていると、放置していた延べ竿がプルプル言い出す。どうせまたネンちゃんだろうと上げると白くて細長い。小サバ。

群れがまた来たようで小僧様のロッドにも小サバがヒット。小僧様が下とまで寄せたあとに娘が回収。
同じように娘と小僧様の面倒を見ていて放置していた延べ竿に今度は5cmほどの超豆アジがヒット。このサイズ、アジングで釣ったらある意味ヒーローになれるな

午前中にさくっと釣って、夕方には家で獲物の唐揚げをつまみに一杯・・・というプランを描いていたが、あまりにも釣れなさ過ぎて時間は14時近く。流石に翌日のことも考えて終了。
帰りの高速は事故と故障車のおかげで大渋滞。小僧様週末の楽しみのWウルトラマンが見れず。
やっぱり明け方に来るべきだったかな?

「この次のお休みは、近所の公園でザリガニ釣りしようね」
小僧様のこの言葉が本日の全てだったりするかも・・・

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2012.02.05 家族サービスでサビキング
娘が部活を始めてから、土日もなく頑張ってる。部活だけは
親としては他にも頑張って欲しいものがあるんだけど、そんな思いはどこ吹く風。

ま、それはそれとして。
そんな部活が久しぶりに休みとなったので、これまた久しぶりに家族揃ってのお出かけとなった。小僧様に「何しようか」と振ると「おさかなつり」と答える阿吽の呼吸で目的確定
そこにちょいと前にTVでやってた漁港直営のお店で昼食のプランを被せ、さらには夕方2時間限定単独勝負の許可も取り付け、いざ出発

車は順調に首都高を抜けアクアラインに入る。海ほたるで小僧様のためにトイレ休憩。いつもならとっととトイレを済ませて出発するのだが、家族サービスモードだとそうもいかない。あちこち歩いて気がつきゃ1時間くらい過ごしたか。

目的の漁港に着いたのはゆっくり目のお昼…というにもちょっと遅い時間。なのにお店は満員どころか外にも待ってる人がいる
嫁と娘を店に並ばせておいらと小僧様はサビキング
準備してコマセを撒いたところで嫁から電話。思ったよりも早かったね

アジの漬け丼
本日のお昼はアジの漬け丼


さて、ゆっくりお昼も済ませ、サビキング再開…と行きたいところだが、先程軽くコマセを撒いたものの魚が寄って来る気配がなかったので移動。付近で一番規模の大きい港に行けばなんとかなるかなといい加減な根拠。

目的の港に着くと、良い時期なら入る場所がない程の人が並ぶ岸壁がガラガラ
寒いからなのか釣れてないからなのか…
とりあえず、タックルを準備して投入。小僧様に持たせる。

タックルは4ftほどのエリア用ロッドにエアレックス1000。小僧様にはこのタックル以外は大きすぎ。
サビキの上にウキを遊動式で付け、小僧様が多少ロッドを振り回してもタナを固定できるようにした。

で、浮子の様子を見てると波に揺られるにしてはチョコマカと動いている。ちょっとラインを張り気味にして、ロッドで魚信を聞いてみると、微かに魚の気配。合わせてから小僧様に巻かせると、上がってきたのは10cmのカタクチ。これじゃ、浮子は沈まない

その後も何投かに1回のペースでカタクチが掛かるが、あまり群れが濃くない様子。密かにシーバスの寄りを期待したんだけど、無理そう

どこからか登場。足元まで来てニャーと鳴く。可愛いぢゃねーか。んぢゃ、獲物を1匹分けてやろう。小僧様はと仲良くなって大喜び。

少しずつ暗くなり、常夜灯が効き出すと、カタクチの群れが岸際に寄ってきた。中途半端な数でも仕方がないので、ここで延べ竿を1本出し、ある程度の数を確保することに。

寒いからと車に篭っていた娘も出て来たものの、食材確保には参加せず。さっきから懐いていたと遊びはじめる。しかも、いつの間にか「シャミ、おいで」などと勝手に名前まで付けてやがる。名前の由来など知らずに健気に娘に付いていくにほだされ、更に獲物のおすそ分け。

中々纏まった数にならないカタクチのおかげで単独勝負は諦め食材確保に勤しむ。手のヒラアジさんからは美味しそうな情報ももらってたんだけど…

結局、日もとっくに沈み、寒さも増してきた頃に終了。思ったよりも数が伸びなかったが、取り敢えず翌日のおかず分位にはなったかな

夏場ならカタクチ辺りは入れ食いが楽しめて、そうなると小僧様ももっと夢中になってくれるんだろうけどねぇ…。また温かくなったら行こうね。

しっかし…
ガソリンと高速使ってカタクチって…
何やってんだか

本日のタックル
ロッド : TIGA SOLID MASTER 140
リール: シマノ エアレックス 1000
ライン: ナイロン2号
仕掛け: 自作サビキ
      (幹糸1号 エダス0.8号 湘南キス6号にウイリー糸各色)

本日の釣果
カタクチイワシ 36匹

獲物
本日の獲物
素揚げにして塩を振ったら絶品おかずに変身


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。