ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
201.12.28 仕事納め即竿納め
気がつきゃ年末もあと少し。
そろそろ竿納めって時期な訳で・・・。

さて、どうしようかと思ったんだけど、今年はなんだかんだとYと釣りに行きまくっていた。気持ちよく出撃させてくれたお互いの家族に感謝しつつ、仲良く竿納めしようかね。と、Yを誘って仕事納めの日に帰宅後すぐ出撃。場所はいつものヒイカポイント。

先行者はなし。潮は引きまくり。明かりはほとんど点いていない・・・。始める前から敗色濃厚の中、キャスト開始。程なくイカからの反応が・・・ない。全くない。皆無。

で、先日メバカサを頂いたりしていたのと、以前このポイントでカレイ師から聞いていた話を思い出して、ちょっと欲張ったタックルで根魚調査を開始。こっちも欲張ったタックルだったせいか、反応全くなし。

しばらく頑張ったものの反応がないので、普通はデートスポットとなるような場所に移動して小さなメバルでいいから1匹釣って帰る作戦に変更。ところがまだ時期が早いのか、これまた反応なし。翌日仕事のYは流石にギブアップでラーメンを食って帰ることに。

ラーメンをすすってYを家に送り届け、徹底抗戦の第2ラウンド。近場のポイントを探ってみるが、これまた反応全くなし。ようやく出た魚信もショートバイトで合わせきれず。そんななか、空からは雪がちらほら降り出してきた。更に、Yとは「今日はこの前より全然暖かいね」などと話していた気温も明け方近くになって急に下がり、心折れてギブアップ。

竿納めで無念のボとなった

今年を振り返ってみると、2週に1回は出撃させてもらってる。秋からは下手すりゃ週2のペースで出撃させて貰った。
こんなどうしようもないサルに呆れつつも快く送り出してくれた家族に感謝。

そして毎度毎度の迷惑メールに付き合ってくれたYと、それを快く送り出してくれたYの嫁さんに感謝。
いつも貴重な情報を提供してくれる手のヒラアジさんはじめ、沢山の仲間たち、釣り場で会った全てのアングラーに感謝。
毎回毎回とはいかないものの、おいらとおいらの家族たちに大切な命をくれる魚たちと海に感謝。

みんなのおかげで楽しい一年が過ごせました。
本当にありがとう。

自然は恵みをくれるばかりでなく、時には一気にいろんなものを奪い去っていくこともある。
今年は特に自然の脅威にさらされて、大変な思いをした方々も沢山いる。今も大変な思いをしている方々も沢山いる。そんな方々からすれば、遊んでばっかりのおいらは随分と贅沢な事をしているんだと思う。申し訳ないけれど、今、自分がそういうことが出来る境遇にいることを感謝したい。

そして、来年は自分だけでなく、全ての人に沢山沢山楽しいことが待っていることを心から願います。
来年も、改めてよろしく

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2011.12.23 横浜ヒイカカップ開催?
世の中はクリスマス一色となっている中、相変わらず釣りに行く馬鹿二人。上向かないと言い続けるうちに終盤を迎えそうなヒイカ狙いで懲りずに出撃。千葉で開催しなかったヒイカカップを横浜で勝手に開催?
さてさて、海からの一日早いクリスマスプレゼントはもらえるのか…

いつものようにYを拾い、いつものポイントに着いたのは21時過ぎ。休日&休前日とあってポイントは空いているか不安だったが、いざ着いてみると先行者なし。ま、こんな日に釣りをするのは余程の馬鹿だよね。潮も大潮の引きMAX付近だし。

と納得して準備していると車が1台入ってきた。馬鹿1名追加(失礼)。メバル狙いだそうで。

タッチの差でお気に入りポイント確保
あとはエギにイカが乗ってくれればいいんだけど…

釣り開始から1時間。全くお触りなし。Yも全く反応なし。いつもの魚探機能はどうした

まったりとした時間が過ぎて、潮も上げはじめ、動きも出てきた。水面には、潮の動きが作り出す波以外に、ベイトの波紋も出はじめた。その波紋が自分の前方に入ってきた。

ならばマッチ・ザ・ベイトだってんで、エギのカラーをオレンジからマイワシカラーにチェンジしてキャスト。ベイトの下を通すように、少しだけ沈めてリトリーブ開始。軽くトゥイッチしてほんの少しフォール。そこからの巻き始めに、何かが引っ掛かったような感触。

すかさず巻き合わせを入れ、テンションを緩めないように巻きながら、イカの引きを確認。クイクイと引きを確認してからYに報告。久しぶりにYよりも先にイカを掛けたぞ""
慎重に取り込んで、まずは1杯目ゲット。なかなか良いサイズのヒイカちゃん

久しぶり~

さて、続いてすぐに来てくれよ…とキャストを繰り返すも、それからまたお触りなしが続く。そんなこんなしている間に、ポイントには他にも釣り師がやってきて、移動が出来ない状況に。幸いにも、まだカレイ師がいないので一人で半分占拠!みたいな事態になってないから助かるけど。それにしても誰一人釣っていない。先のメバル狙いの人も魚信はあったものの釣れていないそうな。

そこへちょっと離れた場所に入っていたらしい人が来て横のグループの人に話しかけている。Yがそこに行ってすぐに戻り、
「ぱわぁさん、魚いる?良いサイズのカサゴだよ。」
「へ?」
「何か向こうで釣ったらしいんだけど、いりますかって置いていったんだって。」
「もらえるならありがたく頂く
というやりとりで頂いたのは腹パンパンの25cmのカサゴちゃん。一体何を食ったらこんな腹になるんだ…

それから暫くの間お触りなしで、またさっきカサゴを置いていった人が、こんどは20cmのメバルを持ってきた。それも頂けるというので、ありがたく頂戴することに。頭の中はカサゴ、メバル、ヒイカの刺し盛りができあがって超ご機嫌。本当にありがとうございました

頂き物

ルンルン気分で釣っていると、隣のカップルの女性が話しかけてきて、Yと3人で話しながら巻く手を休めたり巻いたりしていたら…
「あれ?」
「今重くなったんだけどなぁ…外れちゃった」
「いや、また来た…乗ったよ」
なんてやりとりをして2杯目ゲット
サイズは標準サイズ…かな?

久しぶり~パート2

頂き物と自力ゲットでお土産は十分。欲を言えば、ヒイカがもっと釣れてくれることだけど…
とりあえず、いつ帰っても良いぞ、Y

結局、それから暫く頑張ったものの、お触りなし。Yは翌日嫁さん孝行するために体力温存しなきゃいけないし、寒くてラーメンが頭の中を過ぎり出したし…で終了

久しぶりにヒイカが釣れた。しかも、マッチ・ザ・ベイトが奏功したのか今まで1杯も釣っていなかったマイワシカラーの餌木で釣れた。意外とナチュラル系のカラーに反応が良いな。

さてさて…横浜(勝手に)ヒイカカップ(?)は2-0でぱわぁほ~るさんの勝ち。賞品は、カサゴとメバルをお持ち帰り。賞品提供(?)してくださった方、ありがとうございました。賞品のカサゴとメバルは刺身で美味しく頂くことが出来ました。

ありがたくいただきました

カサゴの腹がパンパンだった理由…捌こうとまな板の上に乗せたら、おしりから大量のフン…ではなく、孵化したばかりの仔魚が出てきた。更に、お腹の中ではまだ孵化していない卵がこれでもかと入っていた…。頂いたときに気づいていれば、リリースできたのに…。

食欲に負けてよく観察しなかった強欲なぱわぁをお許しください。本当に…美味かったっす







2011.12.08 横浜ヒイカお触りなし?
翌日野暮用があり仕事の休みを取ったので、平日なのにいつもより遅くまでやれるってんで出撃。

向かった場所はいつものポイント。小場所なので、先行者がいると厳しいが…?と向かうと、駐車スペースには一台も車なし。ラッキーと思ったらバイクで1名。
声をかけて様子を聞くと、ヒイカ狙いで3時間程頑張って2杯

…場所替えた方がいいかな
とか思いながらもこれから上がって来る潮に乗って群れが寄って来る事を期待して待つことにした。


先行者と離れたポイント(実は一番お気に入りのポイント)に入り1投目。フォール中のエギが潮に揉まれているのを感じる。こういう場所では、良いときには最初のフォール中に乗って来ることもあるな…と思っていると、クイッと潮に揉まれるにしては強く引かれた感触。

すかさず巻き合わせを入れるものの、微かに抵抗を感じるだけでイカが乗ったにしては軽い感じ。半信半疑で巻き続ける手を途中で一度止めて聞いてみると、クイッと同じように引かれる感触。サイズが小さいのかな?

そのまま巻き続け、いざ取り込み…。


ありゃ

エギに引っ掛かっていたのはイカではなく葉っぱ

途中で聞いたときにクイッと引いたのは何だったんだ
潮の流れが上手いこと葉っぱを流した?それともその時点までイカが付いていた?

いや、イカが付いていて外れたならいくら何でもその時に気づくよな。ってことは、最初から葉っぱにからかわれたってことだよな

その後は上から下まで隈なく探るも全く異常なし。先行者も同様
2時間程経った頃、先行者に1杯釣れたが、その後はまた異常なし。

そうそう。底をしつこく攻めてたときにこんなのが掛かった(釣れた?)


…えと、とりあえずボは回避できた?(違

結局、潮が満ちて来ても状況は好転せず。その後何カ所か回ってみたが、全くの異常なし
さすがに諦めて終了とした。

毎回渋い渋いといったまま、今年はこのまま終わってしまうのかな
時間帯や場所を替えてみた方がいいのか…。まだまだ終幕には早いのでもう少し追いかけてみようと思う。


2011.11.30 懲りもせずに横浜ヒイカ調査
まだかまだかと待ちながら、一向に上向かない今年のヒイカ。そう思っているのはおいら達だけ実はもう横浜を素通りして更に湾奥に入っちゃってる

まぁなんだかんだと懲りずにこの日も帰宅後に出撃。しかし、わが家の小僧様は勘が良いのか、こういう日に限って
『パパとお風呂に入る~』とか『パパと一緒に寝る~』とか言いやがる。

なんとか小僧様のディフェンスを振り切って出撃し、毎度毎度のYを拾いポイントに着いたのは9時半頃。今回は先行者あり。しかもヒイカ狙い。

様子を聞くと1時間程前にポイントに入り、パタパタと3杯釣った後は続かず。なんでも、前日はもう少し良かったとか。少しは上向いて来たのかな?

先行者ありで、しかも釣った後…。なかなか微妙な気はするが、とりあえず攻められてなさそうな反対側からスタート。

すると
『お先~
とY。
この日もあっさりと最初の1杯目を上げやがった

本当に上向いて来た
それともいつものパターン



答えは後者。
その後はお触りもない時間が過ぎていく。

と、底付近を巻いていると、スーッと重みが加わり、すかさず合わせるとすっぽ抜け
やれやれ。

底付近で反応があったので、それからは徹底して底付近を攻める。おかげで間抜けにも2本もエギを奉納してしまった

結局、その後も反応なし。2時間近くも粘らず移動すればいいのに、段々と風が強くなってきて移動するだけ無駄という結論で粘る。で、足下でブシュブシュ音が聞こえると思ったら、Yの釣り上げたヒイカがバケツから飛び出していた
で、そいつに気を取られて一瞬巻くのを止め、ロッドが不自然な誘いを入れたのか…ヒイカのバイトが。
いや、おいらのでなくYのエギに
で、Yはイカを釣り上げ、おいらはイカ拾い。
…なんで

風が段々強くなり、しかも向かい風。いつものエギではなかなか飛ばなくなったのと、底に早く沈めたいという目的のためにエギの少し上の部分に5Bのガン玉をかます。
で、キャスト。底近くまでフォールさせ、巻き始めると重い。巻く速さを上げ、ロッドを張り気味にして聞くと、微かに動く感触。しっかり合わせてようやく1杯目のヒイカをゲット
ヒイカ


その後も少し粘ったものの反応なし。
寒さに負け、温かいラーメンの誘惑に負けて終了とした。

なかなか上向かないまま終わっちゃうと思っていたものの、自分たちが入る前にも釣れていたことを考えると、ほんの少しだけど上向いてきたのかな
そろそろ、ヒイカ釣りならぬヒンカ釣りは終わりにしたいぞ。
2011.11.24 飽きもせずに平日ヒイカ
前日に週末のための準備を済ませ、足りないものを補充に近所の釣り具屋へ。
そこにはヒイカ好きの店員さんがいて、ちょくちょく情報交換なんぞをしてたりする。
で、またいつもの雑談になり、2日前においらのお気に入りポイントでヒイカがそこそこ釣れたらしい。

そんな話を聞かされたら、行きたくなるのがバカのバカたる由縁。で、翌日仕事をとっとと放り出して出撃。その前に、声も掛けずに出撃して後でブーブー言われるのも…なのでYに出撃宣言メールを送ったら、向こうからも出撃宣言が返ってきた
バカ二人でいつものポイントにレッツゴー

で、ポイント到着。幸いなことに先行者なし。近くに船も泊まっていて明かりが海面を煌々と照らしてる。条件はなかなかいい。問題は潮がドン引きの時間帯なのと、船の明かりがちと遠めがなこと。

開始から2投目。Yがあっさり本命ゲット
こりゃ本格的に群れが寄って来たかと喜びながらキャスト。すぐに自分にもイカの反応が………ない
Yもそのあと反応ナッシング
その間、頭の上には数機のヘリコプターが旋回を繰り返してる。何かあったのかな…?

結局、帰宅予定時間まで反応なく、帰ろうか…なんて話していたところ、急にYが騒ぎ出した。Yが見てる方向に目をやると、少し離れた所ででっかい火柱が上がり、少し間を置いて『ドーン』と爆発音が聞こえた。発電所の火災の爆発シーンだったのは後で知ったこと。お気に入りポイントのうちのひとつのすぐ近くでこんな事故が起こるとは…。いや、ポイントの状況次第ではすぐ近くに行っていたかもしれない


…結局、釣れたのはYが最初に釣った1杯だけ。釣りに行ったんだか火事見物に行ったんだか良く判らない釣行となった

やれやれ


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。