ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.1.12 尺オーバーゲット!?
前週yuyaとちょっとだけ堪能できたアジ祭りはまだ継続中。今回もアジ祭りを堪能し、そして今回こそ尺のカマスの塩焼きを食べたいぞと出撃。

最近小僧様のディフェンスが強化され、この日もなかなか突破出来ず、ポイント到着は16時近く。堤防は入る場所がないのを覚悟していたけど、駐車スペースを探すのも一苦労。なんとか場所を見つけて駐車。

ダメ元で堤防の空きスペースを確認。入る場所はなさそう。諦めて堤防横の岸壁に入る。隣の親子連れはカマス狙いだとか。その1投目。お父さんのロッドが大きく弧を描く
いきなりナイスサイズのカマスゲットか

と思ったら、堤防からの遠投浮き仕掛けとお祭り
ラインクロスに注意しなければ…

で、おいらの1投目。
キャスト直後のカウントダウンでフッとテンションが掛かるバイト。油断してラインをフカセ気味にしていたのでフッキングできず

でも、この場所でいきなり反応が出たんだから、期待して良いかな

ところが、ここから暫くバイトなし。最初のバイトがこの日の唯一のバイトだったらどうしよう…

なんて不安はすぐに消えた。しゃくった後のフォールにフッとテンションが掛かるバイトが出てヒット
無事ランディングして本日の1匹目は20cmほどのアジ。

そこからすぐに反応が良くなりはじめ、数匹追加したあたりから1キャスト1ヒットが始まった


隣のお兄ちゃん(5年生くらい)もバイトは出てるみたいだけど、ヒットまでいかない様子。そこで、キャスト後にラインを張って暫くフォールさせるようアドバイス。
なかなかフォールさせるのが上手く出来なかったようだけど、その後の巻き始めにヒットしたようで初のアジゲット

その横でほぼ1キャスト1ヒットさせていたおいらは彼にどう映っていただろうか…

でも、こんな大人になっちゃダメだよ


親子連れとは反対に入っていた餌釣り師にもヒットが出始めた。今日は泊まりで持ち帰れないからと、おいらのバケツに入れてくれる。有り難くいただきます

暗くなりはじめるとともに、カマスも混じりはじめた。サイズは25cmほど。君達はあとで遊んであげるから邪魔しないで…とお願いしているそばから邪魔をしてくれて、バイトの直後に2lbのラインをスパッと切りやがった

仕方がないので、6lbのリーダーを結んで…いる間に沖から船が入ってきて目の前に着岸
強制的に移動を強いられる。が、その頃には堤防から上がる人達もいて、入れそうなスペースを見つけた。両隣に挨拶して入れてもらう。状況を聞くと、暗くなりはじめる少し前から反応が良くなりだしたとのこと。こりゃ暗くなっても祭りは続くかな…
と暫くの間祭りを堪能する。

…が、がっつり暗くなったと同時に反応はなくなった…

ここで第1部終了。アジ17匹、カマス5匹の釣果。いただいたアジ5本を追加するとアジだけで既に20匹超え。お土産は十分確保できた。心置きなくでかカマス狙いに移ろう

…と意気込んだものの、でかカマスポイントも「先」客万来
なのでここで少し早めのインターバル。ラーメンタイムに突入

身体を温めて第2ラウンド。なんだけど、でかカマスポイントにはまだまだ人が多く…ならば近くのスロープポイントでアジの追加をしようかね…

スロープに下りると、シーバス狙いの先客あり。様子を聞くと、別のアングラーが、アジを3匹ほど釣ったようだがいなくなったとか。ありゃ。んぢゃ、期待出来ないかな

ま、それならそれででかカマス狙いに行けば良いだけだし…とキャスト開始。スロープエッジ付近であっさりとヒット。20cmほどのアジ。

ここでちょっとタックル変更。20年近く前に、メバルをはじめとした海でのULゲーム用にと購入した5ftのペナンペナンのトラウトロッドがある。メバルにセイゴにメッキに…と大活躍してくれたロッド。トラブルで継ぎ目付近を折ってしまい、無理矢理に復活させたまま、新しいロッド購入と共に使う機会が全くなくなったこのロッドを久しぶりに持ち出した。さて、最近のパツンパツンのロッドに慣れてしまったおいらはこのロッドを使えるのか…

これが意外にもハマった。スロープのようなリトリーブ主体の釣りでは、小さなバイトもしっかり拾い、掛けて行ける。しかもロッド全体が曲がり魚の引きを吸収してくれるので、ファイトも楽で見た目は楽しい。暫くこのロッドで釣りつづけ、ほぼ1キャスト1ヒットであっという間にツ抜け。

ところが、そこから数匹追加したところで反応が悪くなる。ちょこちょこと立ち位置を変えながらぽつぽつ追加していく。

何匹か追加してまたプチ移動。時折しゃくりながらスロープエッジまで来たところで、ク…とテンションが掛かりヒット。引きの強さが今までと違う。かなりの良型を期待しながらファイト。波打際に白い魚体が見えた。かなり幅広で、尺オーバーと思われる。慎重にずり上げると…

ありゃ

真っ白で目すらない魚体がバタバタと暴れている。これは…どっちだ






口を開けた瞬間に歯が見えた
やった平目だ

30cmを超えていたのでありがたくキープ
久しぶりに持ち出したロッドで思わぬ獲物を手にできた

その後、潮も引き切り、ぽつぽつの反応もなくなったので、でかカマス狙いにチェンジ。潮が上げてくると共に反応も上がるといいな…。

まずはスピンテールジグをキャスト。前週と違い、反応はある…がショートバイトばかり。数投後、ティップがグ…と入りヒット
引きから、アジングに混じってきたカマスよりは型が良さそう…。
上げてみると尺は明らかに超えていない。今日もでかいのはお留守かしらん

その後すぐに同じくらいのカマスがヒット
抜き上げでオートリリース

そのあとワームとシャッドで1匹ずつ追加したが、でかいのはかからなかった
なんとかでかいのを1匹…と粘ったが、反応も悪くなったので終了とした。


二ヶ月近くも続いてるアジ祭りは勢いがなくなったと思わせて継続中。おかげでいろいろと楽しい思いもできた。そして、いろいろなバイトも体感でき、身についたものもある。…多分。

尺アジや尺カマスは釣れなかったけど、尺オーバーのヒラメをゲットできたし、満足満足。しかも久しぶりに使ったロッドにまさかの撃墜マーク追加

尺ヒラメ…なんか響きはいいっしょ

…誰だソゲって言った奴は



本日のタックル

■アジングタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: フロロ2lb
リーダー: フロロ6lb
ジグヘッド: MAGBITE アッパーカットフック+カミツブシ特大
ワーム:rains アジアダー UVセクシーホロ

ロッド : フォスタートラウト 5.0UL改
リール: シマノ 05アルテグラ改 1000S
ライン: フロロ2lb
ジグヘッド: MAGBITE アッパーカットフック+4Bガン玉
ワーム: rains チビキャロスワンプ 朝霧シルバー

■カマスタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ルアー: Duo トトシャッド
     スピンテールジグ5g
     ほか


本日の釣果
アジ 17~23cm 39匹
カマス 22~28cm 8匹
ヒラメ 32cm 1匹



尺ヒラメ


 
スポンサーサイト
2014.1.4 初釣りもやっぱり…
某所でのアジ祭り開催から早1ヶ月。年末の忙しさでHPを削られたyuyaはまだ祭りに参加出来ていない。ならば初釣りはそこで祭りがあるのを期待して行ってみるかね
と、またまた同じポイントに向けて出撃

車は順調に地元のペースカーに阻まれ、ポイントに到着したのは昼をとっくに過ぎていた。予想はしていたが釣り人が多い。なんとか堤防の入れる場所に入れてもらう。状況を聞くと、今のところ祭りは始まっていないらしい。つーか、午前中が良かったとか

祭りが始まるのを信じてキャスト開始。暫くの間は反応なし。それでも先端寄りの餌釣りではぽつぽつ上がっている。もう少しすれば魚も回って来るさ…。きっと

1時間ほど反応なく、ボヤキのをいつもの仲間に送信すると、対岸にいる青服さんからぽつぽつ釣れているとの返信。いいな~。

更に30分ほど過ぎて、少しずつ反応が良くなったか…

「今アタった」

とyuya。

…釣れよ

それから少ししておいらにもコンとバイト。今年の1stアジゲット
と思ったら細長い
25cmほどのカマスが今年の1stフィッシュ。

それからすぐに1stアジもゲット
yuyaにもアジがヒットで仲良くボ回避。そこから少しずつ反応も上がり、いよいよ祭り開催か…の期待が高まる。

そして祭り突入
1キャスト3バイトなんてことも出始めた。こりゃ、年末よりも数が伸びるか…なんて思ったのも束の間、反応が落ちた。更にカマスにラインを切られ、リーダーを付けたのも反応を落とすことになったか…

それでも日没近くまでは飽きない程度に釣れ続け、カマス混じりで20匹を超えたかな…なところで反応もなくなりアジングの部終了。

第2ラウンドのでかカマスポイントに移動。既に青服さんと、カマスミッションでゆっくり出撃してきた手のヒラアジさんがキャストを始めていた。状況を聞くと全く反応がないそうな

yuyaは変わらずワームを、おいらはハンドメイドのシンキングミノーをキャスト。しかし全く反応なし。4人がちょこちょこ立ち位置を変え、キャストコースを変え、レンジやルアーを変え…てもダメ。

心が折れかけたのを見透かしたかのように、yuyaがラーメンタイム要求を出す。即乗りで二人ラーメンタイムに突入。手のヒラアジさんと青服さんはまだ暫く粘るそうな。

二人して身体を温めてポイントに戻ると、青服さんは戦線離脱で手のヒラアジさんが黙々とルアーをキャストしていた。が、反応は無かったらしい
「今日はダメだね~」
なんて言いながらキャスト再開の1投目。ゴンゴンというバイトが出てヒット
だけどサイズが小さそう。
「釣れないのはやだね~」
なんてとぼけながら巻いてきて、いざ抜き上げようとしたら、ボッチャンとオートリリース
手のヒラアジさんには
「ネットを持ってきてたんだから使いなよ~」
と怒られた

次のキャストでもう一度バイトが出たものの乗らず。こりゃ群れが回って来たかなと期待したが、その後さっぱり反応なし。貴重なチャンスをものにできなかった

翌日仕事が入った手のヒラアジさんはこの辺で店じまい。ミッションは…


チ~ン



翌日仕事のyuyaもそろそろ時間が気になり始めるか…と思いきや、まだまだやる気満々。でもカマスの反応はなし

もう少し魚の引きを味わいよな…ってことで、既に叩かれているのを承知でスロープポイントでアジング開始。やはりというか、想像通りというか…反応なし。ちょこちょこ立ち位置を変えてキャストを続けて、やっとスロープ際でヒット。20cmほどのアジ。

これで多少反応が続けばやる気も続くが、またさっぱりなくなる。それでも変わらずちょこちょこ立ち位置を変えながらキャストを続け、1匹追加。数は十分満足できるはずなのに、尻窄みの展開だからなかなか上がる踏ん切りが着かない。

いい加減上がろうか…と残り数キャストと決めたところでyuyaが一服。その間おいらはキャスト継続。一服が終わって上がるかな…と思ったらキャスト再開
往生際が悪いのはお互いいつものことだ

で、悪あがきでお互い1匹追加したところで本当に終了とした。


年末同様、でかカマスにはフラれたけど、今回はほんのちょっとだけ、祭りを堪能できたし、yuyaにも味わわせることができたから良かったかな。いつまでこの群れが残っているか判らないけど、まだまだ楽しめると嬉しいね。

今年もたくさん釣れますように



■アジングタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: フロロ2lb
リーダー: フロロ6lb
ジグヘッド: OWNER メバル弾丸 2g
ワーム:オフト スクリューテールグラブ AJI12


本日の釣果

アジ 18~23cm 25匹
カマス 20~27cm 4匹
 
 

小さい1本はyuyaにプレゼント


捌くにはこのくらいが…


 
2013.12.30 アジに始まりアジに終わる
あっという間に1年が過ぎ、竿納めのとき。気持ち良く納めるには、まだ続いてるらしいあそこでアジ祭りを堪能し、その後にでかカマスを…と皮算用。

出撃直前にバタバタして、予定より2時間程遅れてポイントに到着。先にポイントに入っていた手のヒラアジさんに状況を聞くと、もう祭りが始まってるらしい。既に十分お土産を確保したとのことで、駆け付け3杯ならぬ駆け付け6匹のアジをいただき(押し付けられ)、おいらも祭りに参加すべくキャスト開始

すぐに反応が出て20cmのアジをゲット
ここから、祭りを堪能
ほぼ1キャスト1バイト状態。バイトはほとんどがフォール中に出る。それも、コンとかツンなんてのはほとんどなく、フォール中のテンションが微妙に変わる程度。このバイトを検知して掛けるのが最高に楽しい

1時間ほど祭りに参加したところで日没。辺りは真っ暗になり、ほぼ同時にバイトは遠退いた。手のヒラアジさんはさっさとでかカマス狙いにチェンジして移動。おいらは乗り遅れた祭りに未練たらたらでもう少し粘る事に。…でもその後反応が上がることなく数匹追加したのみ。

いい加減見切りを付け、手のヒラアジさんと再合流。でかカマスを狙う。状況を聞くと、1本でかいのを抜き上げ時に落としちゃったとか
ならばと勇んでキャスト開始

…が、反応がない。手のヒラアジさんには、たまに反応があるみたいだけど、ゲットまで至らず

で、ついつい足元のライズに反応し、足元から数匹のアジを抜き上げたところで、手のヒラアジさんに待望のカマスヒット
なんだけど、またバラし
カマスのヒットを見たらアジングからカマスタックルに変える現金者一名
でも、そんな奴には反応なし

そんなダメダメな二人に風が冷たく吹き付ける。一度流れを変えるつもりでラーメンタイム突入
茹で過ぎのデロデロな麺を啜り身体を温める。


ポイントに戻り、キャスト再開。暫くして、手のヒラアジさんがでかカマスゲット。なかなかのでっぷりサイズ。ここに至るまで何回もバラしていたから、苦労が報われた形に。
「これで心置きなく納められる」
と一安心。おいらはまだ反応なし

手のヒラアジさんは更にもう1本でかカマスをゲットして納竿。今年もたくさんお世話になりました。また来年もよろしく…なんてお約束の挨拶を交わしてお別れ。おいらは徹底抗戦モード突入

…なれどやっぱり反応なし
この日はDダイレクトなしで戦おうとしたのがいけないかしらん
前回ヒットしたスピンテールジグにも反応なし

このまま終わるのはちと寂しい。もう少し魚の引きを味わいたいぞ、と常夜灯の照らすスロープポイントに入りアジング再開。1投目からヒット
やっぱりいたね~

このあと前回と同じように何匹か釣っては少し横に移動して数を伸ばす。サイズも、夕方の祭りより一回りほど大きいかな
ちまちまと移動しながら、最終的には47匹まで数を伸ばしたところで反応が悪くなりいい加減終了とした。

でかカマスは残念ながらゲットできなかったけど、アジングだけで47匹も釣れば十分過ぎる竿納めだね。

今年は元旦に51匹のアジを釣り上げ、上々のスタート。その後に尺までもう少しのアジを釣り、春に少し停滞したものの、夏には予想外のアジ爆&アオリ。秋には横浜や横須賀でアジ祭り。年末にはアジ&でかカマスと…アジングばかりの1年だったような…。
アジに始まりアジに終わる。そんな一年だった。釣った匹数でいえば、イチロー(51)に始まり公康(47)で終わった一年…かな

今年もたくさんの楽しい時間を過ごす事ができた。

今年出会った全ての人達と海に感謝。

そしていつも快く送り出してくれるおいらの家族に感謝。

沢山の感謝に囲まれて幸せな一年でした。本当にありがとう。

来年は今年以上に楽しくなると良いな



本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: フロロ2lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム:rains アジアダー UVシラウオオールスターなど


本日の釣果
アジ 15~23cm 47匹




今年最後の獲物達


 
2013.12.22 イマドキのアジング不発…でも…
前週は野暮用で出撃できず、待ちに待った3連休。が、土曜の出撃はちと難しい。無理すれば行けるんだけど、朝まで徹底抗戦もキツイしぃ…。yuyaもHPなく沈んでるし…直前に初雪とか、状況を考えると無理に土曜に出撃するよりも日曜に行けばいいか…とのんびり構える。

で、土曜に出撃した手のComコンビからアジ爆情報&青服さんからでかカマス情報まで届いた。むむ…明日も状況変わらないといいな…。

で、手のヒラアジさん情報によると、14時過ぎには祭が開催されるとか。ならばその時間にはポイントに…と前夜に皮算用してニヤニヤしてると、小僧様発熱で待機命令発令
やっと解除されたときには、昼をとっくに過ぎていた

で、ポイントに到着したのは15時頃。堤防はずらっと人が並んでる。入る場所は…なんとかあったので隣の人に挨拶がてら状況調査。すると、隣の餌釣りではぽつぽつ揚がっているけど…な状況らしい。ありゃ

まぁ、少しすれば回って来るだろうと楽観的に開始。確かに向こうの餌釣りより先端側ではぽつりぽつりと釣れているが、とても祭開催中とは言い難い。隣のアジンガーからこっちは反応なし。

暫く反応ないままお寺の鐘がゴーンというよりジャーンとなった。ありゃ。祭が開催されないまま終了か

全く反応ないまま辺りは薄暗くなり…一人二人と竿を畳みはじめ、隣のアジンガーカップルも移動。で、少しだけ堤防先端側に寄り、キャスト。暫くして、フォール直後の巻き始めにテンションがかかる感触。半信半疑で聞くとヒット
途中でバラし

次のキャストでフォール中に何とな~くテンションがかかる感触。これまた半信半疑で合わせるとヒット
上がってきたのは20cmのアジ。

祭は遅れて開始か…の期待虚しく暫くまた沈黙。そうこうしている内に、隣の餌釣りでヒットが連発しだした。ポイントも、十分届く距離。あとはこっち側にくれば…と期待。

が、そこから反応上がらず、忘れた頃にヒットする状態
餌釣り師も引き上げ更に堤防先端側に移動。

同じタイミングでその隣のアジンガーにヒット。ロッドの曲がり具合からして、アジではなくでかカマスかと見ていたら上がってきたのはでかメッキ
しかも戴けるというので喜んで戴く。
更に引き上げ時に、今日は持って帰れないとのことで、10匹のアジまで戴いてしまった

その後ぽつりぽつりと拾い続け、何とか7匹まで数を伸ばしたものの、反応が完全になくなった。

ならばと前回味を占めたでかカマスポイントに移動。補充したDダイをフルキャスト。数投後、ガッガッというバイトが出た。前回は重くなるまで待っていてラインを切られたので、その前に合わせを入れるとヒット
上がってきたのは30cmのカマス…なんだけど、前回のでかカマスを見てるからちと感動が薄い。釣る順番を間違えたな…

サイズUP&追加を狙ってキャスト継続。数投目、ビシッという音と共にルアーだけ元気に飛んで行った
1匹でかカマスを釣ると、ルアーを奉納するのがこのポイントのルールらしい

その後、ルアーを換えて続けるも反応なし。近くのスロープポイントに移動し、再度アジを狙う。

前回ぽつりぽつりとアジの釣れたスロープポイントの様子を軽く見て、ダメなら潮位が高いうちにお気に入りポイントへ移動かな…とキャスト開始。

数投目。何度目かのフォールの後の巻き始めにテンションがかかるバイト。そのまま巻き合わせでヒット
20cm程のアジ。

ここから怒涛のヒット連発

とまでは行かないが、反応がそこそこ出続け、反応がなくなったらレンジ変更や横に数歩プチ移動するとまた反応が出るの繰り返し。

今回のバイトの出方は、ほとんどがテンションが僅かに掛かる居食いと思われるバイト。しかもスロープエッジまで巻いてきた時にもヒットする。

そのため、スロープエッジでテンションが掛かると、こちらもグッとテンションを上げ、巻き合わせ…ると、根掛かり
これを何度もして、ルアーのロスト&システムの組み直しを何度も行う羽目に

スロープポイントでそれなりに数を伸ばし、気が付けば潮もかなり下げ…反応もなくなった。再度でかカマスポイントに入る…と二人ほど入っていた。聞けば、アジがぽつぽつだとか。こっちはまだ反応あるのね

空いている場所に入れてもらい、ロストしたヒットルアーの代わりに、スピンテールジグをキャスト。数投目に反応は出たが乗らず。更にその数投後、グッというバイトに合わせが決まりヒット
1本目よりもサイズアップの35cm。

その後も、別のミノーに反応が出たりしたが、結局ヒットに持ち込めず。風が強くなり、寒さに心折れて終了。

イマドキのアジングは不発だったものの、とりあえず数は稼げたかな


翌日はアジ尽くし。

更に翌々日にはアジフライとメッキの刺身、これにカマスの塩焼きと幸せな夕食
ふんわりと焼いたカマスは本当に絶品
お酒が進みすぎたとさ


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: DUEL スーパースムーズ アジメバル 0.3号
リーダー: フロロ6lb
ルアー:スミス Dダイレクト チャートヤマメ

ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: レイン アジアダー 各色


本日の釣果
アジ 15~25cm 32匹
カマス 31~35cm 2匹



メッキがデカイ



小僧様の友達家族におすそ分けしてもこれだけ残り…


 
2013.11.5 横浜アオリ&アジ
オヤトメ前の貴重な平日休み。こっそりとプラをして来ようとの企みもあったが出撃できず。

近くの海釣り施設では餌で40cmのアジが上がっているとか。ならばせめて夜遊びだけでも…と、例の如くyuyaも積んで出撃

最初に入ったのは、今年始めに空読さんに教えていただいたポイント。夏からアジが回って来ると信じて何度か来ていたものの、まだ出会っていなかった。そろそろ入ってきてるでしょ

ポイントに着くと、一番良い場所には先行者あり。平日深夜なのに、夜遊びしてて大丈夫かぁと自分の事は網棚の上に置き忘れたまま電車を降りてもまだ気づかない馬鹿二人
奥の方まで入ってきてるでしょ、と開始。すぐにyuyaに反応あり。で、お約束の空合わせ

その後何度か反応が出ても空合わせばかり。ちゃんと掛けないと魚は釣れないよ
と笑っているが、こっちには反応すらない
内心焦りはじめたときにようやくココ…とバイト。合わせられませんでしたが何か

バイトの出方はアジっぽい。ま、期待が半分以上入っているけど
yuyaが相変わらず悶絶してる中、おいらも何度かの空合わせをしたあとにヒット

引きの強さからは20cmのアジ…と思ったが、浮いてきた魚は銀色っぽくない。ありゃ

上がって来たのは15cmほどのメバル。つぶらな瞳は秋を通り越してもう冬を告げるのかしらん

そのすぐ後に、同じサイズのメバルを追加したところでイベント発生。目の前に大きな船が停まり、釣りが出来なくなった。一番良い場所は何とか続けられそうだが、先行者がいるので入る余地なし。諦めて移動。

途中ラーメン屋で身体を温めてから、前回ツンデレなアジにからかわれたポイントに入る。と、ここも先行者あり。が、ちょうど帰り支度を始めた。様子を聞くと、ぽつぽつだそう。を、アジがぽつぽつ釣れたのね…と思ったら、コロッケがぽつぽつ釣れたそうな。

ありゃ。アジでなくアオリですか。んぢゃ、アジは厳しいかな…
の予想通り反応なっしんぐ

yuyaが近くの偵察に行くと、先日某施設付近でいろいろと教えてくれた方と再会。暫く3人でまったりと釣りをする。…と言っても誰も釣れないんだけど。

で、いつの間にかワームからエギに換え、先行者の釣り残したコロッケはいないかとやっていると、再会した方が、オススメの場所を教えてくれたのでそこでやってみる。ちと派手目にしゃくりを繰り返すと、何かに引っ掛かった

根掛かり…は中層だからありえない。

ゴミでも掛けたかな…何かエギのある辺りがモワモワしてるし…

何か動いてるような…って、イカぢゃん(走召 馬太


昨年のぼーじーず合宿以来、アオリの釣り方忘れてたもんで、掛かった瞬間に理解できないというていたらく
ま、とにかく、初の横浜アオリをゲット




で、yuya。
相変わらず悶絶中

そこからまた暫くまったりとした時間が過ぎ、いい加減移動しようと言うことに。最後のあがきにアジ狙いでワームをキャスト。直後のフォールに「トン」

すかさず合わせると、魚の引きが手元に伝わる。上がって来たのは15cmほどのアジ。

「ほら、いるぢゃん」と見せたもんだから、yuyaの目の色が変わる。おいらも更に追加を目指してキャスト。が、そこからまさかの反応なし。

朝まで徹底抗戦の宣言を出してきたとはいえ、日の出の時間までは遅く出来ない。すぐ近くのポイントを軽く探り、いよいよ最後の移動になりそう。今日は全く裏目を引いてるyuyaに、最初のポイントに戻るか、お気に入りのヒイカポイントに入るか相談すると、最初のポイントに行きたいと言う。んぢゃ、ヒイカポイントだな…と言いながら、最初のポイントに戻る。

ポイントに着くと、船も移動し、先行者も誰もいない。一番良い場所に入りキャスト。2回目のしゃくり後のフォールに「トン」とバイトが出た。合わせも決まり無事アジゲット。15cmほど。すぐに同じサイズを追加。

クーラーボックスに水を入れながらyuyaに場所を譲る。ほれ、はよう釣れや、といぢわるなプレッシャーを掛けながら、その横でキャスト。すぐにヒットでまた同じサイズを追加。

yuyaも、何度かの空合わせの後にようやくヒット&ゲット

何匹か追加したところで、またまたイベント発生。さっきの船がまたやって来た。今度は船が着いても投げるスペースはあるから慌てない。しかも、意識的になのか単なる偶然かは判らないが、おいら達の前を少し空けるように停まってくれた。

船が完全に止まるのを待ってキャスト再開。するとスクリューで撹拌されたせいか、活性も上がったようで、更にはサイズも大きくなった。15cmほどの平均サイズから、小さくても20cmはあるサイズばかり。しかも体高があるからか引きも強い。

バイトは底付近でしか出ない。しゃくってフォールで「トン」。フォールしきった後のリトリーブ直後に「トン」。いずれにしても、バイトは「トン」という微かなもの。これに合わせを入れて掛けていくのが面白い。釣れた、ではなく、釣った感がかなり強い。

前回同様、ヒットの倍はバイトが出ている。無理なやりとりをしないように意識していても、どうも取り込みを焦っているらしい
抜き上げ時にバラすところを見て、
「まだ抜き上げるには早いと思ったよ~」とyuya。言われてみれば、確かにまだ魚が上を向かないうちに抜き上げようとしていた

その後、抜き上げまでに時間を掛け、走るときは走らせるように再度修正。バラしの数は減った…と思う。

気が付きゃ空は明るくなり始め、朝陽も完全に顔を出し…。それでもバイトは暫く途絶えず、最後の最後にアジングを堪能して終了となった。

この勢いのままオヤトメに突入だ~


本日のタックル

■アジングタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: フロロ2lb
リーダー: フロロ4lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム:rains アジアダー UVシラウオオールスター

■エギングタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVAX 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
エギ:ヤマシタ ナオリー 1.5B オレンジ


本日の釣果
アジ 15cm~25cm × 16匹
メバル 15cmほど × 2匹
コロッケアオリイカ × 1杯

 

本日の獲物


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。