ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.22 第2ラウンド
さて、第2ラウンド。

外房での第2ラウンドといえば、アジング

昨年末はそこそこの釣果を出せた外房アジングですが、それも1ヶ月ほど前の話。
さてさて今回は・・・?

南房で遊んでいたので前回良い結果を出せたエリアまで移動をせずに近場で群れを見つける作戦に。ところが南寄りのポイントはあまり良い思いをしたことがなく・・・。

結局何箇所かの様子を見たものの反応がなく、最近ご無沙汰だったエリアまで到着。
このエリアで最初に入ったのは、おそらく自己最大サイズを上げた港。堤防の先端でキャストしている人に様子を聞くと、ポツポツ上がっている様子。先端から少し離れた外側のテトラに入りキャスト開始。

しばらくキャストするものの反応なし。
家族同伴なので、遅くまでもできず、次のポイントに賭けて移動を決断。

ナイスサイズのアジを釣るならここ!のイメージが強く、自分も大アジを掛けたものの取り逃がした苦い経験があるポイント。それ以来、リベンジが果たせていない。

車を停めた場所から様子を窺う限り、人気ポイントなのに先行者なし。しめしめ・・・と先端に行くと、先行者一人。声を掛けて様子を聞くとまだ反応はないとの事。横に入れてもらう了解を得てキャスト開始。

・・・反応がない。と、油断していたときに「ククッ」と魚信があり、ついつい体が反応してしまった。痛恨の早合わせ。

気を取り直して反応のあったエリアを攻め続ける。しかし、反応はなし。

しばらく探ったが反応がないので、気分を変えるつもりで普段は攻めない左奥側の場所にキャスト。着底後、しゃくった途端に「ドン!ジィ~!」と強烈な魚信。ロッドを溜め、引きに耐えながらネットを左手に持ち臨戦態勢を整える。その直後、根に入り込まれ、痛恨のフックアウト。引きの強さから、確実に記録更新できたと思ったんだけど・・・(T^T)

その後、後から来たグループが横に入り、自分の責めていたエリアにキャスト。そのうちの1人があっさりとゲット。むむむ・・・(--; 自分の前のエリアは他に誰もキャストできる状態ではないので、文句は言えないんだけど、ちょっと納得いかない。

お互いのラインがクロスしないぎりぎりの付近を探ると、やっとヒットした。引きはさっき逃がしたものとは程遠いがそれでもそこそこサイズを予感させる。力強い引きを楽しみながら寄せて慎重にネットイン。体長はあまりないが、体高が凄い!・・・のもそのはずで、アジではなくタナゴ

その後、同じエリアで今度はクサフグ(--;

とうとう嫁から無情のタイムアップを告げる電話が掛かってきてゲームセット。
久々のノーゲットとなった。

くっしょお!近いうちに絶対リベンジぢゃ!!
スポンサーサイト
第2ラウンドの前に・・・お知らせ
第2ラウンドのレポートの前にお知らせです。


MC-HAPPI20周年記念第二夜&ACOUSTIC LIVE TOKYO Vol.14
「今日は同窓会」

2011.1.29(sat)17:00(OPEN)
             17:30(START)
阿佐ヶ谷 Next Sunday http://nextsunday.jp/


出演予定 The Alfour ぱわぁほ~る
     AK 夜弦 寺本高徳
     DRA76 MCバンド
ノーチャージ、ドリンクオーダーのみ(必ずお願いします)

今年はMC-HAPPIが活動を始めて(たぶん)20年たちました。
それを記念しつつ、再びみんなで集まりたいと思います。
今回は、常連メンバーはもちろん、前回出られなかった方々、
本当に久しぶりな方々と一緒にステージを盛り上げたいと思い
ます。

ご来場お待ちしています。



・・・今週末のゴニョゴニョです。

2011.01.22 家族サービスと称して・・・
待ちに待った週末です。

ちと、来週にゴニョゴニョがあるので、今週は自重して家で小僧と遊ぼうと思ったのですが…。我が家の小僧様、何を血迷ったのか「お魚釣りに行きたい~」とのたまいだす。どうやら、昨年末に外房でアジのサビキ釣りで入れ食いしたのを覚えている様子。
「え~。しょうがないなぁ…(ニヤリ)」と、いそいそとタックルの準備に掛かったのは言うまでもない(爆)

え?
どうせ小僧に言わせたんだろうって?

その通りですが何か?

さて、問題は小僧様が魚をゲットできる可能性のある場所…なんだけど…。
その外房もサビキ釣りの翌週アジングに行ったときに様子を見た限りあまり期待できそうにない。
三浦半島付近はこの時期サビキの期待はナッシング。
伊豆方面に行くには流石に遅すぎる(この時点で11時過ぎ)
なので、この時期でもなんとかちょい投げでキスのお土産が期待できる南房の某港を目指すことに。

我が家からだと、アクアライン経由でのんびり行っても2時間ほど。途中で休憩も入れて目的の港に着いたのは3時頃。さてさて。シロギスちゃん、今餌をあげるからね♪

そそくさとタックルを準備すると、この小僧様、車の運転席での遊びに夢中。そんなわけで、自分のタックルだけ用意して早速投入開始!シロギスがいれば、すぐに魚信が帰ってくるはず…と、思いきや全くない。少しずつさびいて足下に来たときに「コツッ」と当たっただけでおしまい。

それでも、とりあえず反応はあったわけで。気を取り直して第2投。

こちらはサビキ初めてすぐに「コツッ」と来たものの、そのあとの本魚信が来ない。暫く待ったもののその後は音沙汰なし。仕方なくサビキ始めたものの、その後も反応なし。

暫くして、運転手さんごっこにも飽きたのか小僧様登場。早速小僧様用タックルを用意してキャストしてから持たせる。一生懸命魚信を待つ姿が可愛い(馬鹿親モード)

しばらくの間全く反応のない時間が続き、日も傾き始めた。
様子を観に来た地元のおっちゃんの話だと、向こうの方でコマセにカタクチイワシが集まってるとか、イワシならこの港のどこでも釣れるとか…。むう。まだ姿すら見てないんだけど…?

貸し切り状態の岸壁を移動しながらキャストを続けると、「コツッ」という小さな魚信に聞いてみると、やっとの事乗った。重量感だけで言えばシロギスのようだけど、それにしてはただ重いだけ。頭の中は「??」だらけのところで上がってきたのは何故かカタクチイワシ。しかも15cmオーバー。小僧様の遊び相手に任命してキープ。

次のキャストで同じような魚信で上がってきたのは10cmほどのマハゼ。こちらも遊び相手に任命。

その後、魚信らしきものがあったもののフッキングしなかったので餌の確認をしようと回収する仕掛けの後ろに数匹の影が見えた。と思ったら、そのまま「グン」と重くなり、上がってきたのはやっぱりナイスサイズのカタクチイワシ。
そんじゃってんでキャストしてそのまま巻き始めると、またまた「グン」ときて今度はダブル。

極小天秤にちょい投げ仕掛けでのウルトラライトサーフトローリング?

全く釣れない小僧様も、これならば…?と、思い、キャストしたあとに巻かせると…。来ました。これまた良いサイズのカタクチイワシ。親バカモードで写真を撮っている間に置き竿にしていたロッドに強烈な魚信が出たのはご愛敬。

カタクチイワシを釣ったよ!

その後、なんとかシロギスを釣り、カタクチイワシを数匹追加したところで、第2ラウンドのために移動を開始。

第2ラウンドはお約束の…(^^;


1/19 平日夜間出撃
ちょっとばかり仕事が忙しくなり、休みも家の用事やら何やらで出撃できず・・・。そんな仕事も一瞬のエアーポケットに入った状態となり久しぶりの定時帰宅。

んぢゃ、行くしかないでしょう!ってんで小僧が眠るのを待って出撃!

本日のターゲットは、最近また上向いてきたと噂のヒイカ。そして押さえにメバルの2本立て。
ポイントは車で20分ほどの近所。

まずは昨年ヒイカをそれなりに楽しんだポイントへ。小さなポイントなので、時期的にカレイ狙いの人がいると何本も竿を出されて攻める場所がないんだけど果たして・・・?と行ってみると、メバル狙いの先行者が一人だけ。

ラッキー!と声をかけて少し離れたところでキャスト開始。

タックルはソリッドティップのアジングロッドにレアニウムCI4の1000S。ラインはスーパースムーズ ボトムゲームの0.4号にフロロカーボン1.5号のリーダーを1mほど。
エギはナオリーレンジハンターの1.5号やアオリーQの1.6号など。

噂ではそれなりに活性の高い群れが入ってきているとのことで、上から徐々に攻めていく。数投後、クン!というアタリが・・・という目論見は虚しくハズれ、上から下まで異常なし。いればどこかしらで反応があるはずなので、とっとと見切りをつけて移動。

次に移動した場所は明かりの差す湾の中の岸壁。その特級ポイントにも人が入っていない上に、目の前に大きな作業船が停泊していて、その周りを煌々と照らしてくれている。

こりゃ、いただき!と作業船の明かりの中も陰もくまなく探るもまさかの異常なし。さらに、ソフトルアーに変えてメバルを探すもこちらも異常なし。

時間的に潮が引きまくっているので楽な状態ではないだろうと思っていたけど、ここまで異常なしだとちと辛い。明日の仕事に影響を出さないためにはあまり長くもできないし・・・。

てな訳で次が最終ポイントのつもりで湾の外側に移動。
工場からの明かりがあり、夜でもかなり明るいポイント。
ヒイカ狙いでは何度か雑誌にまで出ちゃってる。
もちろん、メバルやシーバス、更にはアジや太刀魚まで釣れたりするなかなかナイスなポイント。

で、密かに狙っていた奥のポイントにいくと、先行者が一人タックルの準備をしていた。声をかけて様子を聞くと、子メバルが1匹釣れただけだとか。
自分が入りたい場所とは別の場所に行くというので、早速その場所に入ってキャスト。

ロッドには先ほど付け替えたままのネジワームが結ばれている。
ミスキャスト気味に水面を叩いたワームを少し沈めたところで「コン」という感触。
半信半疑で巻き始めると、途端に「グン!」と重みが加わりフックアップ。
子メバルを想像していたので、それよりも強い引きを楽しみ抜き上げたのは20cmほどのメバルちゃん。
メバルちゃん20110120

このあとしばらく粘るも何度かコツッと来ただけでフッキングできずにタイムアップ。
かろうじては免れた。
たった一度の引きを楽しませてくれたメバルに感謝してリリース。

横浜周辺のヒイカは終結したと思っていいのかしらん?
もっと湾奥に行けばまだ釣れるのかな・・・?

引き続き、調査を続けます。
今日のお昼
釣りネタではないですが・・・(^^;

今日のお昼はちょっとむしゃくしゃしたのでガッツリとたべたくなり、
職場からちょっと離れた蕎麦屋で「富士山盛り」という蕎麦を注文。

注文時、お店の人からは「たっぷり3人前ありますよ」と言われ・・・。
望むところぢゃ!と注文しました。


で、出てきたのがこれ(^^;;;;
富士山盛り







・・・え~っと・・・

たっぷり5人前ないですか??

おなか一杯になりすぎて、不本意だけれどもギブアップしました。

その後は夜までずっとおなかが苦しいまま・・・。
もう「富士山盛り」への挑戦はしません(--;
2011.01.08 やっと釣り初め
2011年の初めの釣行であり、このブログに掲載するの初の釣行です。

嫁の出撃許可をもらい、いそいそと出撃準備を始めたのが8日の昼過ぎ。
近所に住むYに迷惑メール(いきなりの釣りの誘いメール)を送ると、風邪でダウン中。
今日は単独出撃決定。

さて、場所とターゲットは・・・と考えていると、
「最近、アジばっかりだから他の魚が食べたい」という天の声が(^^;
んじゃ、三浦方面でメバルを確保・・・と、ミッション決定。
近場出撃なのでのんびりと家の用事を済ませて出撃したのは20:00頃。

横須賀方面から回り、潮の低い時間帯は水深のある三崎を探り、
潮位が上がってきたら西側のお気に入りポイントを攻めようというのが今回のプラン。
さてさて、上手くハマってくれるかな・・・?

まずは昨年ヒイカを楽しんだ某施設に寄って、ヒイカ調査。
30分ほどの調査だったが、異常なし。もう群れは離れてしまったのかしらん?
施設の閉所時間となり、最初の場所はあっけなくスカ
すぐ近くのポイントへ移動してメバル調査を行うもこちらもスカ

ちょっと移動して大きな公園の近くの漁港に。
漁港の横に釣りが出来る岸壁があり、煌々とライトがついている。
秋にはイナダサバの青物が釣れ、アジもかなり寄っていたらしい。
魚が釣れていればずらっと人がいるはず・・・なんだけど、人も車も少ない。
嫌な予感プンプン。

岸壁について、一番手前でルアーを投げている人に声をかけると、全くダメとのこと。
最近、アジは釣れているか訪ねると、秋頃まではいたが最近は見かけないとの返事。
ありゃん。
メバル以外にも、あわよくばアジを釣って帰ろうという目論見が・・・(^^;

とりあえず、潮通しの良さそうな沖よりに移動してキャスト開始。
小一時間キャストしまくったものの異常なし。
先端の餌釣りのオッちゃん達も釣れていない様子。

諦めて移動しようと岸壁の入口まで戻ると、先程声をかけた人から
「アジ釣れたよ」と。声をかけられる。
見せてもらうと20cmくらいのアジが一匹。
一瞬近くで粘ろうかとも思ったが、魚っ気がないので移動しようと挨拶をして歩き始めた途端、
「また来たよ~!」と呼び止められる。
上がってきたのは20cmupのでっぷりメバル。
羨ましいなと思いながらも移動。

ここからは普段回らない東京湾口のポイントをいくつか見て回る。
途中でシーバス、メバルのメジャーポイントの前を通り、ちょいと様子見に立ち寄ると、
丁度上がってきた人がいたので様子を聞いてみる。
潮が引きすぎて、小さなメバルは釣れるけど・・・。な状況らしい。
その人の話では、夏から秋にかけてはその辺でもアジが釣れていたとか。
今年は来てみようかな。

三浦半島先端から久里浜まで、所々ちょいと様子を見て気がつくと日付が変わる時間。
それまで魚からのコンタクトは一切なし。
まぁこの辺は織り込み済み。本命は朝マヅメ近くの相模湾側。

三崎に寄る前に立ち寄った小さな漁港。
岸壁から下を見てみると思った以上に潮が引いている。
これはここもダメか・・・と思っていると、キラッキラッと銀色に光る群れが。
ボラ・・・?にしては群れが大きいし・・・小鰺かも?と無駄な期待を持ちながらキャスト開始。
数投目に、コンッ!という今年初めてのバイトが出た・・・が乗らず(;_;)
その後、何度かバイトがあるもののことごとく乗らない。
バイトもコン!というショートバイトのみ。
フックやルアーのサイズを変えたり、アシストフックをつけたりと手を尽くしたものの
結局ヒットさせることは出来ず。アジではなさそうだけど・・・イワシかな?
諦めて移動する。

このころから風が強くなり、結構釣りづらくなってきていた。
しかもその風がどうも西風のような気が・・・?

三崎港に着いてみると、海はかなり波が立ち、風も強くなってきていた。
なんとか風裏で期待できそうなポイントを探し、数カ所様子を見るも全くダメ。
ここで、風の向きを確認すると、間違いなく西から吹いてきている。
相模湾側のポイントはあきらめか・・・?
この時点で、釣り初めでボ○ズの嫌な言葉が脳裏に浮かんでくる・・・。

三崎を出て次に向かったのは一時期とてもお気に入りで通っていたポイント。
メバルが数多く釣れ、セイゴも混じる入り江のポイント。
静かならば、確実に小メバルは釣れるはず・・・。
風が入っていないことを祈りつつ向かうと、風は無情にも入り口からしっかりと吹き付けていた。

ここで相模湾側を諦め、東京湾口のポイントへ再度移動。
なんとか風を受けつつも釣りが出来る状態・・・ではある。
潮が上がってきてそれなりのサイズのメバルが居ることを期待してキャスト開始。

30分ほどキャストしたものの、そこそこサイズどころか小メバルの魚信すらない。
釣り初めでボ○ズ確定か・・・?と半ば諦め、ラストチャンスにかけて移動を決意。
車に戻る途中、浅いけど明かりが差し込んでいるところが気になり
ちょっとだけ様子見のつもりでキャストをすると・・・。

横から風が吹き付ける中、クク・・・と重みを感じる。
半信半疑で軽く合わせてみると、グングン・・・とメバルの反応が!
やった!釣り初めでボ○ズの最悪パターンは回避できた!と喜びながら引きを楽しむ。




・・・と抜き上げ前にまさかのバラシ
のぉぉぉおおお!

その後魚信はなく、釣り初めでボ○ズ確定までのカウントダウンが始まる。

ほんのちょっとだけ場所を移動して更に浅い場所に向けてキャストすると、本日2度目のメバルの魚信が。
さっきよりしっかりと合わせてファイト開始。
引きを楽しむこともせず、一気に抜き上げたのは15cmほどのメバルちゃん。
なんとか釣り初めでボ○ズ回避できた!
その後、暫く粘って20cm前後2匹と15cm1匹を追加したところで、東の空が明るくなり始めたので終了とした。
メバルちゃん


釣ったメバルは煮付け用にありがたくキープ(-人-)
メバルちゃん

釣り初めでボ○ズはなんとか回避できたけど、今年の釣りは前途多難・・・?

海の神様、今年もどうか大漁お願いします!





はじめまして
はじめまして。

伊豆半島~房総半島あたりで海のルアーフィッシングをメインにお気楽に釣りを楽しんでします。
アジやメバル、メッキなどの小物ターゲットが大好きです。

これからよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。