ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.24 横須賀ヒイカ調査
昨年は今頃から東京湾でヒイカが釣れ始めていたので、そろそろどうかな…ということで、ヒイカ調査に出撃

まずはド定番の某施設横に。ヒイカだけでなく、アオリやコウイカも混じり、お祭りモードに突入してることを期待して行ってみると、人が少ない。更にエギングしている人は皆無と来たもんだ。
足元をチェックするといくつか墨跡があるものの、お祭りモードには程遠い感じ。やっぱり、海の季節が少し遅れているのかな?

お祭りモードではなくても、多少は何とかなるでしょ?と根拠のない期待を胸にキャスト開始。

結果は、施設終了までの間に明確な反応ナッシング
何度か、イカパンチのような、ベイトがラインにぶつかるような感触はあったけど、明確な反応はなかった

施設終了で場所移動。すぐ近くのポイントの様子を見るも出る気がしない。
前回青物玉砕ポイントには足元にアオリの新子が群れていたので遊び相手になってもらおうと行ってみるもこれまたお留守。餌釣りの地元のおっちゃん達の電気浮木も波に揺られているだけで沈みもしない。

次に移動して来たのは、今年の釣り初めでボ回避できた場所。その時に聞いた話で、夏から秋にかけてそこでアジが釣れたというのを思いだし、僅かな期待をかける。

潮が満ちている間は道路沿いまでがポイントになる。道路から覗き込むと、駆け上がりをウロウロしている影が見える。おそらくネンブツ君とは思うものの、アジの可能性にかけてキャスト開始。

駆け上がり付近に影は見えるものの反応なし。少し移動して、多少深めのポイントにキャスト。軽く沈めてリトリーブ開始。少し巻いたところでこの日始めてのまともな魚信。

スッとロッドを立て魚の重みを感じて合わせる。水面で暴れることもなくグッと重みを感じさせてくれるファイトはアジならばかなりの良型が期待できる。問題は、道路沿いの壁の上から釣っているので、抜き上げが上手く行くかどうか

足元まで寄せてタイミングを見計らって一気に抜き上げ…たと思ったらまだラインが長かったようだ

リーダーが壁に擦れ、魚が壁に激突。バレることを覚悟しながら急いでリーダーを掴み抜き上げる。何とかバレずに上がって来たのは、ちょうど25cmのこいつ。
燻銀
燻銀!



我が家では白身確保指令が常時発令中なのでありがたくキープ。

その後、魚信らしい魚信がないので移動。

次に向かったのは、港の一角の、『え?こんなところで』という場所。そんな場所でメバルやイカが釣れちゃうんだから…

着いてみると物凄い量のベイトが足元に固まっている。なのにそれを喰おうと狙っている奴はお留守の様子。ベイトの様子を見ていると、10cmの子アジのよう。ならばまずはこいつを釣ってみるかとワーム投入。全く異常なし

本来の目的のヒイカ調査開始

ベイトの周りに時折アオリの新子らしき影が見える。ベイトと同じ位だから襲うというよりは、一緒に群れているといったところか。チビ餌木でも抱くにはちと小さいか

全く反応ないままキャストを続ける。と、沈めてただ巻きしていた餌木がベイトの群れに近づいた時にイカパンチ。がそのあとはなし。

反応があったコースをもう一度…と同じ場所にキャスト。フォールさせて巻きはじめた時に微かな重みを感じ、半信半疑で合わせてみる。と、その重みが更に明確に。ゴミと間違えていると思い、巻く手を止めて聞いてみると僅かにクンクンと引く手応え。待望のヒイカヒットサイズはかなり小さそう。

微かな引きを楽しみながら上がって来たのは、ヒイカでもアオリの新子でもない。ちょっとずんぐりとした胴体に大きな耳のようなエンペラが着いている。実物を見るのは初めて。勿論、釣ったのも初めて。よくもこの餌木に抱き着いて来たもんだ
ミミ…
ミミイカ


ミミイカって美味いのかな?とか考えながらリリース。暫く写真を撮っていたので、海に戻ってもその場に漂っている。かわいそうなことをしたかなと暫く見ていると、ようやく泳ぎはじめ去って行った。

その後も暫く頑張ったが反応なし。予定外のお土産と初物に感謝して終了。


今年の海は秋に入るのが少し遅れているのかな秋の期間が短縮されて冬になるのは勘弁して欲しいけど。ヒイカを楽しむにはもう少し待たないといけないようだ。
スポンサーサイト
2011.09.11 釣り親バカ日誌
青物に完全玉砕をくらい、失意の中釣り場近くの釣り具屋に入った。西伊豆でなくした、このショップブランドのジグを補充するつもりで寄ったのだが、商品交換なのか、一部の叩き売り品を残して在庫切れ。それでも店の中をあれこれ見て廻り、妄想に浸るのも楽しいもの。で、Yと二人かなりのんびり見て廻り、買物を済ませて出口に向かったところ、生き餌コーナーに目が止まる。

そういや、小僧様が僕も釣りしたいと嬉しいことを言ってたな。んぢゃ、一旦帰って、一休みしたらハゼ釣りにでも行くかいね、と青イソメを最低量購入。これでも十分余ると思われ…。

で結局。一度帰ったものの、時間的・体力的に厳しかったので翌日に延期。イソメはクーラーボックスの中で一晩おやすみ

で翌日。

ゆっくり昼飯をとりいざ出撃
なんと、今回は小僧様と二人きり。何度か近場や電車での二人きりのお出かけは経験したけど、釣りはちょっとハードル高め
さてさて、大丈夫かぁ

ポイントまでの小一時間のドライブもおとなしく、無事到着。着いてみると、公園だけあって家族連れやらバーベキューを楽しむグループが大勢いてちとビックリ。普段は人気のない夜しか来ないモンで…(^^;
で、釣りを楽しむ家族連れも大勢いて、ポイントは大盛況。でも、あまり釣れている様子はない。

空きスペースを見つけ、隣の家族に声を掛けて入れて貰う。で、早速仕掛けを投入。タックルはいつものアジングタックル。これにルアーではなく、小型の天秤と針を結んだだけの仕掛け。小僧様にはエリア用として売られている4ftのロッドを持たせる。これがジャストサイズ♪

底はかなり障害物があり、油断をしていると根掛かりを起こす。自分の分も投入し、小僧様の面倒を見ていると、しっかりと根掛かりでリーダーから持って行かれた。リーダーを結び、仕掛けを作る間に隣に延べ浮子のおじいちゃんが来て仕掛けを投入。と、すぐにハゼを釣り上げる。で、またすぐに次のハゼを釣り上げる…。
ちょい投げより、延べ浮子の方が良かったか…。

で、小僧様の仕掛けを回収し、早速手持ちの玉浮子と3Bのガン玉で固定式の浮子仕掛けに変更。で、投入。
「赤い玉がポコポコ言って沈んだら巻くんだよ」と教えても、立派な3歳の小僧様の集中力なんて続くモンじゃない。自分のはちょい投げ仕掛けのままにして手元で、小僧様のは浮子仕掛けにして目で、両方の魚信を取るおいら。

すぐに小僧様の玉浮子がポコポコ動き、スーッと沈んだ。
「ほら、沈んだぞ。巻け!」
と声を掛け、小僧様に合わせを促す。と、見事釣れ上がったのは12~3cmのハゼ。小僧様大喜び。
当然針外しから仕掛けの投入まではとーちゃんの仕事。

次の投入でも、また浮子が沈んで小僧様に釣り上げさせる。
上がってきたのはなかなか良いサイズの15cmオーバー。小僧様得意満面。
勿論針外しから仕掛けの投入まではとーちゃんの仕事。

得意満面
得意満面

そのまま2時間くらい遊んだろうか、飽きない程度に魚信は出続け、小僧様が自分で魚信を取れれば倍は釣れていたと思う。しかしそこは立派な3歳児。浮子なんか見ちゃいねぇ
ちょい投げでも根掛かりに気をつけつつポイントを見つけられると良いサイズのハゼが出た。が、数では小僧様完勝。3歳にして父親越えを果たす。てか、言われて巻くだけじゃん!てのはあるんだけど

獲物たち
本日の獲物

ま、今は魚が釣れる喜びをしっかりと味わって、とーちゃんみたいに抜け出せなくなろうな。とーちゃんも、とーちゃんのとーちゃんから、とーちゃんのとーちゃんもそのまたとーちゃんから…と代々受け継いできてる馬鹿の家系なんだから。

さて、次は何に連れて行こうかな…。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2011.09.10 横須賀ストーリー
前週は台風のおかげで出撃できず。それどころじゃない方々が大勢いることを考えれば、そんな能天気な事を言えるだけ幸せなんだと思うけど。(台風12号をはじめ被災された全ての方に心よりお見舞い申し上げます。)

で、今週こそ外房で100メッキなどと意気込みたいところけど、そうそう遠出ばかり出来ないのが辛いところ。さて、どうしたもんかな…と。近場で何かとネタ探しをしていると、横須賀でイナダやソウダが上がりはじめているらしい。ならば、この前の青物リベンジといくかいね。

と甘い誘いにリアクションバイトしてきたYと一緒にポイントに着いたのは午前4時前。日が出るまでちとアジングでも…とか考えて行ってみれば、ポイントは満員御礼状態で、かなりの車とアングラーがズラリと並んでる。何とか車を停められる場所を見つけてポイント確保。ちょっと奥まった場所に入ることになったけど大丈夫かいな…?

軽くアジングするも異常なし。空が明るくなりはじめると、タックルを持ち替え、ジグのキャスト開始

日が昇りきっても二人とも反応なし。と、Yのドラグが鳴る
待望のヒット





と思いきや、二つ隣の遠投サビキ仕掛けとお祭り。狭いところに後から入って真っすぐ投げられないのは無茶苦茶迷惑

そのお祭りを解いてすぐにまたYのドラグが鳴る
今度こそ待望のヒットか









今度は隣のお兄ちゃんのラインとお祭り
ヲイヲイ。

そうこうやっている間、ナブラが起きるとか、どこかで上がっている様子はない。さすがに心が折れかけたときに少し離れた場所でタモ入れしているところが見えた。気晴らしも兼ねて情報収集に行ってみれば、デップリと太ったイナダ。ナイスサイズ。

ヒットゾーンとカラーも教えてもらい、早速ルアーチェンジ。で、その数投後。着底したジグを巻き上げフォールしているとロッドティップが微かに動き、手元にも『クンクン…』ときた。すかさずロッドを煽り、フッキング………しなかった

その後もかなり粘ったものの、全く反応なし。Yはというと、既に飽きて足元に群れているネンブツ君と遊びだした
なにやってるんだか…と思っていると、なんとチビカサゴをゲット。ボ脱出。いや、それでいいのか

チビカサゴ
ボ回避のチビカサゴ

ズラッと並んでいた夢追い人も、気がつけば殆どが撤収している。そんな中、黙々とポッパーを投げ続けている漢発見
で、その漢な人のところに行き様子を聞くと、上の方で反応があったので、それならとポッパーを投げ始めたとか。しかし、その後は反応なしでもう上がるとか。ありゃ。最後の時間を邪魔しちゃいましたか

漢な人といろいろ情報交換をしたあとも暫く投げ倒したものの、反応ないまま潮止まりの時間になったのでゲームセットとした。

今年2度目の完全ボ。うむぅ…。残念。

場所が場所だけに『これっきりこれっきり』にしたいもんだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。