ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.25 ボート出撃転じて…
話は一月前に遡る。都内某所での釣り馬鹿親父達の宴の中で、近いうちにオフショアの根魚をやりに行こうという話になった。言い出しっぺはおいら。この時期ちょっと沖に出ただけで、岸からと比べて型も数も遥かに上回る楽しい思いができる。そんな話に躊躇いもなくバイトする馬鹿3人(失礼)

ルアーやらタックルやら準備万端整えて、あとは当日爆るのみの状態…の釣行数日前。何やら雲行きが怪しい。天気が崩れる予報。むむ…。
前日の予報では多少風があるものの、出船には問題ないとのことだったが、当日になり風が強くなる予報に修正され、あえなく中止となった

せっかく盛り上げたテンションはそう簡単に下がることもなく、沖が駄目でも岸がある、と出撃。場所は先週祭のあった沼津某所。最悪祭が終わっていても、きっと周辺を探せばなんとかなる…はず

他のメンバーに出撃宣言をすると、やはり皆同じなのか銘々出撃準備ちう
行き先に迷っていたCommyさんが同行することになり、現地で合流することに。

ところが、その後小僧様の鉄壁のディフェンスに遭い、突破できたのはそれから1時間後
急いで現地に向かうと、Commyさんはまだ到着してなかった
なら先に祭を堪能するまで、とポイントの様子を見ると、先週良かった場所に餌釣りの人が1人入っているのみ。状況を聞くと、良くないらしいが、昨日もこのあとの時間から良くなったとか。確かに、先週は遅い時間に祭が起きていた。別の場所の祭に乗り遅れたものの、この場所の祭には間に合ったんだよな。

…てことは、もしかすると、先週祭に乗り遅れた場所はどうなんだと、行ってみると、すぐに足元でパシャっとライズこれは貰ったな

で、1投目にあっさりヒット
が、ファイト途中でバラし

気を取り直して2投目、またまたヒット&キャッチ
あっさり1匹目をゲットした
2匹目もあっさり
この後も、3投に1回はバイトがあり、その1/3は乗せられず。下手くそ
しかも頻繁にバイトがあるもんだから、やり取りが雑になり、無理な抜き上げでポロポロとナチュラルリリース
そんなことをしてるから、バイトが頻繁にある割に、キャッチの数が伸びない

やっと4、5本キャッチしたところでCommyさんからが入る。話している間に足元でヨーヨーよろしくリフト&フォールしていると、グン!とバイト
お約束でバラし

群れの規模が小さいのか、先週のように足元で引っ切りなしにライズが出ている訳でなく、時折パシャっとでる状況が続く。何度か同じコースを通し、1匹釣ると反応が無くなる。ちょっと隣の船の陰を通すとすぐにバイトが出て釣れるが、やはり1匹釣ると反応が無くなる。またまた隣に移動して1匹釣る…を繰り返し、元の場所に戻ると何事もなかったかのようにバイトが出る。スレるのも早いが忘れるのも早いようだ。

Commyさんも合流し、反応の良さと釣れ上がるアジのサイズに喜んでくれた。ポイントは二人でほぼ貸し切り状態。反応が悪くなるとあちこち入れ替わりながら数を伸ばす。

二人で2時間程遊んだ頃、アジの反応がさらに悪くなる。ポイントを入れ替えても、レンジを落としても反応なし。気が付けば、ライズの姿も見えなくなった。

先週はこの後に場所を移動して祭に参加できた。さて、今回は…と移動すると、さっきの餌釣り師がいない。悪い予感は的中で、アジの反応は全くなし。

前のポイントに戻るも反応なしなので、祭は終了と判断し、近くをランガンすることに。

次に入ったのは、先週アジングの情報を貰った魚港。明かりは煌々と点いているものの、アジが港の中まで入ってくるか…は微妙なところ。
結局ここでは小メバル1匹。聞いた話では早い時間にアジがポツポツ釣れたそうな。

気が付けばそれなりにいい時間。ここから先に進むより、帰りがてら気になるポイントを叩く作戦に。

海沿いの道を走っていると、湾の向こう側に一際明るい場所が目についた。入れそうな場所を探しながらそこまで行くと、道路工事の雪洞。ちょうど岸壁に入れる場所で、上手い具合に海に明かりが射している。反射的にハンドルを切り、駐車スペースに車を停める。

雪洞の明かりが射しているところでは反応なし
でも他にも街灯の明かりが射している箇所が何箇所もあり、そこを順に攻めてみようとキャスト。最初の街灯の下で、少し沈めてから巻いてくるとクク…とティップが入った。上がって来たのは20cmのアジ
やっぱりいたのね

で、Commyさんにわざわざ見せに戻る…訳ではなく、キープするバケツも袋も持たずに様子見に行ったのでバケツを取りに。

いると判ればテンションが上がる…がなかなか次の反応がない。街灯の下を探りながら移動を続ける。いつの間にか猫が寄ってきて足元に纏わり付く。魚を釣りそうと判断したか
何箇所か移動すると、ちょっと開けたポイントに出た。明かりの射し具合も申し分なし。

さっきと同じ様に巻いてくると、同じ様にク…とバイト。猫に注意しながら釣り上げると、ちと細長い。正体は忘れかけていたカマス。この日は祭には不参加だったのでいないものと思っていたよ。
1投目であっさり釣れたのでこのまま祭に突入かと思ったら、その後が続かず。単発か・・・と思った頃にまたバイトで、今度はアジ。結局、このポイントでは忘れた頃にバイトが出る・・・といったパターンでポツポツ数を増やす。

で、日付も変わり、いい加減お開きだな・・・というところで最後に入ったのは付近では一番規模の大きな(?)漁港。青物、イカと釣れているという情報が流れると、一気に鉄火場となる堤防外側でなく、港の中の様子をチェック。・・・が、港の内側にはほとんど明かりがない。外側の堤防付近にひとつだけ明かりが点いていたのでチェックするも反応なし。外側の堤防も釣れていないのか人影はまばら。

とりあえず、外側の様子を見に上がり、すぐ手前にいた人に状況を聞くと、ジンドウイカやヤリイカが上がっているらしい。イカと聞いてそのまま帰るわけにも行かず、そそくさとエギを取り出し、キャスト開始。

暫くして、連続イカパンチを食らうも乗らず。その後、暫く反応なく、帰ろうかと思った頃、先に入っていた人がイカを釣り上げた。それから暫くして、Commyさんもイカをゲット。おいらはさっきのイカパンチのみ。それからしばらくしてまたCommyさんにイカがヒット。おいらは反応なし。どうやら一定周期で回ってきているようで、先行者もポツポツと釣り上げている。

その後、何度かおいらのエギもパンチを食らうものの乗らず。少しマイナスオーラが出始めたかも?
おいらの気持ちが空にまで伝染ったのか、空からはちらほらと小雪が降ってきた。そんななか、やっとおいらのエギにヒット。上がってきたのは胴長10cmのジンドウイカ。それから暫くして、またおいらにヒット。今度はサイズアップ&種類も違う?胴長15cmほどのケンサキイカ?ほぼ同時にCommyさんにもヒット。これもケンサキ?

小雪が雨に変わったところでいい加減終了。最後のポイントはほんのちょっと覗くだけのつもりだったんだが、気がつけば3時間はエギを投げていたかも・・・?途中で二人でラーメンをすすり、いい加減お開きとした。おいらは遅めの昼食を摂った後、このラーメンまで食事なし。相変わらずロッドを持つと食事なんて忘れるらしい


本日のタックル

ロッド : バレーヒル オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: 流弾丸1.3g
ワーム: リトルジャック カルロス Sストレートテール サイダー
      オフト スクリューテールグラブ ピンク(ラメ入り)
エギ: YO-ZURI アオリーQ RS 1.6号オレンジ

ロッド : バレーヒル オーシャントレイル 鯵ing Limited 610L
リール: シマノ アルテグラ改 1000S
ライン: フロロ2.5lb
ジグヘッド: 自作1g
ワーム: ガルプ マイクロシェイキー グロー

本日の釣果
アジ 16~24cm 18匹
カマス 25cm前後 1匹
メバル 10cm 1匹
ジンドウイカ 1杯
ケンサキイカ? 1杯


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2012.02.18 みなみの桜のちカマス&アジ
毎年一足先に春を感じたくて、南伊豆の早咲きの桜を見に行く。今年はまだ時期的にちと早いのを承知でお出かけ。
やっぱりまだ花は綻びかけただけの状態。試験的に開花時期を早める処置を施した2本だけが訪れた人達に春を感じさせてくれていた。
6分咲き
春遠からじ

のんびりの出発&小僧様の遊びたいスイッチのおかげで釣りを開始したのは日没30分程前。移動に時間が掛かるのを承知で南伊豆から西伊豆方面へ移動した。

その理由は、西伊豆なら日没で暗くなるのが遅いから。この時期、南伊豆では山の向こうに日が沈むと、一気に暗くそして寒くなる。

で、港に着いたは良いが、風が強い
小僧様と軽くちょい投げでも…と思ったが、強風と魚信なしでとっとと諦め移動。

次に入ったポイントは、アジ、メッキなどで良い思いをしたポイント。風向きを考えて風裏になるだろうと予測。確かに風裏だが、巻き返しの風が多少吹いている。ま、なんとかなるっしょ。

まずは常夜灯の明かりが差し込む辺りをチェック。3~5回トゥイッチを入れてフォールでバイトを待つ。
数投目。足元近くでトゥイッチを入れたたところで、クイックイッと何かに引っ掛かった感触レンジは上の方だし、ロープも見えないけど…

で、もう一度、同じコースを同じように巻いて来る。やっぱり、トゥイッチでクイクイ。

今度は、手前までトゥイッチを入れて、ちょっとステイ。巻きはじめたところでガツンときて、やっと魚信と解りフッキング。おかしかったら取り敢えず合わせろよ>自分。

魚信からアジではなさそうだけど…引きを楽しませてくれて浮いてきた魚体の色は銀色。アジ…にしては細長い。
上がってきたのは25cm程のカマス。娘と小僧様に見せると、二人揃って「食べる~」ということで、有り難くキープ。

その後、パタパタとバイトが続き、5匹ほど釣ったところで反応が悪くなった。そこで目先を変え、ハンドメイドジャークベイトで底の方にいる(かもしれない)大きめサイズのリアクションを狙う。

何度かキャスト&ジャークを繰り返すが、反応なし。さらにキャストを続けていたら、なかなか良い飛距離が出た。けどラインは出ていない。哀れ、高切れでハンドメイドジャークベイトはメッキ2匹釣っただけで伊豆の海の底に沈んでしまった・・・

1時間ほど経った頃、車で待っている嫁たちから「晩ご飯」コール。この時点でカマスは7匹。十分楽しんだんだけど、ちょっと欲が出てツ抜けくらいまで・・・と交渉し、OKを貰う。・・・が、そこから数が伸びず、1匹追加しただけで諦めて移動。

沼津付近まで戻ってから食事を済ませ、第2ラウンドの許可を半ば呆れられながらもらう。ま、あまり遅くならないようにするよ。多分。

さて、どこの港に行こうかね・・・。この時期なら、カサゴ狙いであそこが良いかな・・・?と、伊豆通いを始めた頃によく遊んだ港を目指す。で、お気に入りのポイントに入ろうとタックルを準備し、歩いているとタッチの差で別の人が入ってきた(^^;
ま、こういう事もあるわな。

で、様子を聞くと、アオリ狙いでダメダメとのこと。しばしいろいろと雑談をしていると、すぐ近くでアジが出ているのを見たとか。え?2ヶ月前
でも、行くと必ずと言っていいほどアジングをしている人がいて、いつも釣ってるとか・・・

その港は次に回ろうと思ってた港なのよね。アジがダメでも、メバルが期待できるだろうし・・・。ってことでとっとと移動。

お目当ての港に着くと、釣り人の影はまばら。ってことはアジは釣れていないのかな?
車を降りてすぐのところでなんとかしてみる物の反応なし。良い具合に明かりが入ってるんだけどなぁ・・・。
と、さっき貰った情報通りの場所でルアーをキャストしている音がする。そちらの方に行ってみると、アジが釣れているという。しかも、1時間半で20匹近く。サイズもみんな20cm

近くに入れて貰ってキャスト開始。3投目にバイトがあったものの乗せられず。
そのあとも、何度かバイトが出るのに、なぜか乗せられず。…なんで??
そんなこんなで悪戦苦闘していると、先にやっていた人が上がるという。上がり際に、ご丁寧に攻め方までレクチャーしてくれた。ありがたや

で、更に悪戦苦闘しているうちに反応がなくなった。それを見越したかのようなタイミングで「魚信まだある?」と先ほどの人が戻ってきた。なんでも、2本ほど手前の常夜灯で足元でボイルしているとか。わざわざ教えに戻ってきてくれた。なんていい人だろう

教えてもらった場所に移動し、餌釣りの人に声を掛けて横に入れてもらう。餌釣りの人は爆釣中。投げれば浮子がすぐ沈む。で、足元付近に目をやると、確かにライズしている。

で、キャスト開始2投目。ク・・・とティップが入り、待望のヒット。力強い引きを堪能してあげたのは20cmのアジ。なんか、このサイズのアジを釣るのも久しぶりのような気がする
すぐに2匹目、3匹目のアジもゲット。餌釣りの人が、「そっちの方が手返しよさそうだな…」と興味津々

すぐにまたヒット。でもなんかちょっと違う・・・と思ったら、またまたカマス。しかも、1箇所目で釣れたカマスよりも少しだけサイズが良い。すぐまたカマス。ありゃ・・・アジ祭りからカマス祭りにチェンジか
この後も何匹かカマスがかかり、ワームを飲まれたりして2つほどジグヘッドがカマスの口の中に入ったままバケツの中へ。

と、ひときわ強い引きの魚がヒット。またカマスかな?と思いながら巻いてくると、なかなか良いサイズのアジ。引きを楽しんでいたら、間抜けにも手前のロープに巻きついてしまって外せない。諦めてラインを切ると、運の悪いことにアジはそのロープから外れない。その後、暫くしてそのロープに着く船が帰ってきたので、漁師さんに挨拶&お詫びをして回収してもらった。このアジがこの日最大25cmほど。

アジの釣れていたレンジでは、カマスしか釣れなくなってきた。それなりにカマスの数もたまったので、諦めて終了か・・・?と思いながら、ちょっと前に7~8人の集団が横にやってきて釣っていたので様子見がてら声を掛ける。と、あまり良くないらしい。「ちょうど皆さんが来た頃から反応が悪くなっちゃったんですよぉ」なんて話している脇で別の人にヒット。しかもアジ。

・・・あれ?アジを釣り上げた人ってもしかして・・・村越さん?

ちょっとお話させていただき、図々しくも記念撮影までしていただいた。
村越さんと
すいません。自分の顔は晒せない小心者です。

さらに、アジのヒットレンジまで教えていただき・・・
嫁からもういい加減帰って来いコールもきたのでせっかくのアドバイスを活かせなかったけど、次回同じようなシチュエーションで試してみようと思います。ありがとうございました。

今回は最後まで楽しい思いができたとてもとても良い一日だった。
釣り場で出会った人たちのおかげで本当に楽しい思いをすることができた。
アジ情報を教えてくれたエギンガーさん、
いろいろアドバイスしてくれた上にピンポイント情報をわざわざ戻って教えてくれたアジンガーさん、
そして、取材帰りでお疲れのところいやな顔せずに記念撮影をしてくれた村越さん、
皆さんに心から感謝します。

…これもひとえに3週連続で家族サービスしたおいらへのご褒美だな。きっと(オイ

獲物たち
本日の獲物

ウマウマ
翌日の夕食


本日のタックル

ロッド : バレーヒル オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸1g
ワーム: リトルジャック カルロス Sストレートテール サイダー
      オフト スクリューテールグラブ ピンク(ラメ入り)

本日の釣果
アジ 20~25cm 4匹
カマス 25cm前後 14匹




テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2012.02.05 家族サービスでサビキング
娘が部活を始めてから、土日もなく頑張ってる。部活だけは
親としては他にも頑張って欲しいものがあるんだけど、そんな思いはどこ吹く風。

ま、それはそれとして。
そんな部活が久しぶりに休みとなったので、これまた久しぶりに家族揃ってのお出かけとなった。小僧様に「何しようか」と振ると「おさかなつり」と答える阿吽の呼吸で目的確定
そこにちょいと前にTVでやってた漁港直営のお店で昼食のプランを被せ、さらには夕方2時間限定単独勝負の許可も取り付け、いざ出発

車は順調に首都高を抜けアクアラインに入る。海ほたるで小僧様のためにトイレ休憩。いつもならとっととトイレを済ませて出発するのだが、家族サービスモードだとそうもいかない。あちこち歩いて気がつきゃ1時間くらい過ごしたか。

目的の漁港に着いたのはゆっくり目のお昼…というにもちょっと遅い時間。なのにお店は満員どころか外にも待ってる人がいる
嫁と娘を店に並ばせておいらと小僧様はサビキング
準備してコマセを撒いたところで嫁から電話。思ったよりも早かったね

アジの漬け丼
本日のお昼はアジの漬け丼


さて、ゆっくりお昼も済ませ、サビキング再開…と行きたいところだが、先程軽くコマセを撒いたものの魚が寄って来る気配がなかったので移動。付近で一番規模の大きい港に行けばなんとかなるかなといい加減な根拠。

目的の港に着くと、良い時期なら入る場所がない程の人が並ぶ岸壁がガラガラ
寒いからなのか釣れてないからなのか…
とりあえず、タックルを準備して投入。小僧様に持たせる。

タックルは4ftほどのエリア用ロッドにエアレックス1000。小僧様にはこのタックル以外は大きすぎ。
サビキの上にウキを遊動式で付け、小僧様が多少ロッドを振り回してもタナを固定できるようにした。

で、浮子の様子を見てると波に揺られるにしてはチョコマカと動いている。ちょっとラインを張り気味にして、ロッドで魚信を聞いてみると、微かに魚の気配。合わせてから小僧様に巻かせると、上がってきたのは10cmのカタクチ。これじゃ、浮子は沈まない

その後も何投かに1回のペースでカタクチが掛かるが、あまり群れが濃くない様子。密かにシーバスの寄りを期待したんだけど、無理そう

どこからか登場。足元まで来てニャーと鳴く。可愛いぢゃねーか。んぢゃ、獲物を1匹分けてやろう。小僧様はと仲良くなって大喜び。

少しずつ暗くなり、常夜灯が効き出すと、カタクチの群れが岸際に寄ってきた。中途半端な数でも仕方がないので、ここで延べ竿を1本出し、ある程度の数を確保することに。

寒いからと車に篭っていた娘も出て来たものの、食材確保には参加せず。さっきから懐いていたと遊びはじめる。しかも、いつの間にか「シャミ、おいで」などと勝手に名前まで付けてやがる。名前の由来など知らずに健気に娘に付いていくにほだされ、更に獲物のおすそ分け。

中々纏まった数にならないカタクチのおかげで単独勝負は諦め食材確保に勤しむ。手のヒラアジさんからは美味しそうな情報ももらってたんだけど…

結局、日もとっくに沈み、寒さも増してきた頃に終了。思ったよりも数が伸びなかったが、取り敢えず翌日のおかず分位にはなったかな

夏場ならカタクチ辺りは入れ食いが楽しめて、そうなると小僧様ももっと夢中になってくれるんだろうけどねぇ…。また温かくなったら行こうね。

しっかし…
ガソリンと高速使ってカタクチって…
何やってんだか

本日のタックル
ロッド : TIGA SOLID MASTER 140
リール: シマノ エアレックス 1000
ライン: ナイロン2号
仕掛け: 自作サビキ
      (幹糸1号 エダス0.8号 湘南キス6号にウイリー糸各色)

本日の釣果
カタクチイワシ 36匹

獲物
本日の獲物
素揚げにして塩を振ったら絶品おかずに変身


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2012.02.03 横浜根魚探索
野暮用やらなんやらで2週間ほど出撃できず。

禁断症状に悩まされながらやっと迎えた週末。とっとと仕事を放り出し帰宅。いつものようにYを拾って向かった先は、たまに行くものの一度もいい思いをしたことがない道路の明かりが煌々と海面を照らすポイント。

その近くの港では、過去に何度もメバルやチーバチュに癒されていた。その近くでアイナメが出るらしいというので月末の予行練習も兼ねて調査

…異常なし

メバル狙いに変えても…異常なし
段々とレンジを下げ、底付近を通していたら、グッと重くなった…根掛かり軽く煽るとすぐに外れたようだが重いことに変わりはなし。貝殻か、変なゴミでもかけたかな

と、上がってきたのはこいつ
クラブ
お間抜けさん

普通なら、海面付近まで上げて来ると、慌てて離すんだけど、間抜けなことにハサミの根本にガッチリフッキング。外してやろうとすると、生意気にも威嚇して来やがる
リアルグラブロ
グラブロみたい…


無事フックも外せてリリース。その後全く反応なしなので移動

次に向かった先は、その近くのこれまた道路の明かりが海面を照らすポイント。前回は潮位が低く玉砕したものの、潮位が上がってきたこのタイミングなら…。





…異常なし


川の流れ込みもあり、条件は悪くないと思うんだけど…

で、作戦会議。

更に下って横須賀方面に行くか、横浜方面へ戻るか。はたまたラーメン食ってとっとと帰るか…。

で、横浜方面に戻り、いつものポイントでチビメバルに癒してもらう作戦に。

移動中、Yがお気に入りのラーメン屋の営業時間を気にしだした。わかったよ。先に寄ってから行くかね。とUターン。するとあら不思議。すぐ目の前はいつものヒイカポイント。

店が閉まるまではまだ少し時間があるからちと寄り道してヒイカ調査。Yは変わらずメバル狙い。

で、結局ここでも反応なし。海面は鏡のように凪いでいた。


で、ラーメン屋に寄ってから最後のポイントへ。

道路に面した岸壁から少し沖目も狙えるポイント。道路の街灯と、すぐ横の工事からの明かりで、夜でもいつも明るいポイント。
それだけに人気があり、この時期は良い場所はカレイ師に占領されているはず…なのに誰もいない。

ならばとキャロリグに替え、フルキャストしてみる。この時期にアジが入ってくることもあり、あわよくばシーバスも出るのでネットも準備。

Yは手堅く鉄板ポイントに向かい、とにかく魚を釣る作戦。

で、おいらはというと欲張ってキャストしていて、間抜けにもラインを障害物に引っ掛けてリグごとさようなら。システムを組み直していると、Yがメバルをぶら下げてやってきた

再度キャロリグを組み、フルキャストを繰り返す。何度かのキャスト時に「パチン」という音がして高切れ
どうやらさっきの根ズレで傷ついていたようだ

システムを組み直し、手堅く1匹釣る作戦に変更。Yのそばに行くと、なんと反応がないらしい

少し離れた場所でストラクチャ絡みの暗い場所から明るい場所へと巻いて来ると、狙い通りのヒット
ちと小さいなと余裕こきながら巻いていたらあろうことかフックアウト

更に移動して同様の場所を攻めるとすぐにヒット
今度は無事キャッチできた
サイズは12cmくらいだろうか。可愛いメバルちゃん。
メバルちゃん



そのあとも少し粘ったものの反応なし。諦めて終了。

本日のタックル

根魚用
ロッド : バレーヒル Judas JB682MH
リール: ダイワ アグレスト100SHL
ライン: 激安PE 1.5号
リーダー: フロロ5号(20lb)
シンカー:ブラスシンカー7g
フック: オフセット2/0
ワーム: ガルプ デビルホッグ 3inc ピンク

メバル用
ロッド : バレーヒル オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸2g
ワーム: リトルジャック カルロス Sストレートテール サイダー


本日の釣果
メバル 12cm 1匹
謎のカニ 1杯

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。