ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.6.30 サビキングリベンジ?
先週からの小僧様との約束で、またまた家族サービスサビキングに。前回の反省と、翌日も休みということで夕マヅメを狙う。

途中でコマセ購入&情報入手。お勧めのポイントに向かう。

ポイントに到着し、そそくさと仕掛けの準備を済ませる。この日は手返しを考えて延べ竿だけ。

とりあえず1本用意して投入。すると、すぐに魚信があり超豆アジが釣れた。再度投入して竿を娘に持たせ、もう1本の用意をする。その間に超豆アジ追加。

その後少しの間釣れずにまったりした時間が流れる。あ、こんな時にもネンブツ君は遊んでくれる。いい奴。そんな時に少し離れた所にいたルアーカップルに何か釣れたので見に行くと15cmほどのクロダイ(チンチン)

足元にコマセが効いてきたようで、娘が小メジナ連発。たまに忘れた頃に超豆アジ。さらに小メバルに極めつけはチンチンまで追加。足元からちょっと離れた所にいる群れに気づき仕掛けを入れると狙い通りに食って来たようだ。その後すぐにもう一枚追加。

とーちゃんも負けじと娘に釣られた間抜けな魚を外す合間に仕掛けを下ろす。しかし掛かってきたのはヒイラギ
後ろで見ていた漁師らしき爺ちゃんが、「美味いから持って帰れ」と勧めてくれるのでキープ。yuyaもそんなこと言ってたっけ。

小僧様はいろいろな魚が釣れるので、はしゃぎながらクーラーの蓋開け係。釣らないのかと聞くと、延べ竿ではなくいつものタックル(エリアロッド)がいいと宣う。仕方がないのでタックルの準備をする。

その頃には超豆アジも足元にやってきた。サイズも小さいが、群れも小さい。

それでも小僧様もあっさりと超豆アジゲット
更にヒットしたが抜き上げでポロリ。ありゃ。

娘が自分の面倒をようやく見るようになったので、とーちゃんも釣りに復帰。足元のアジは子供達に任せ、サイズアップを目論みちょっと沖の深場を狙う。

少しすると、竿先がツンツン言い出し、超豆アジよりも強い引き。狙い通りかと喜んだが、あがってきたのはウミタナゴ。ヒイラギをキープしたので、これもキープしてみる。

さらに同じような引きに今度こそ、の期待を持って抜き上げると、上の針には超豆アジがついている

…が、一番下の針には赤い魚が掛かっている。引きからしてお約束のネンブツでもハオコゼでもない。

まさか…真鯛(チャリコ)

をを…綺麗だ。

を……

ん…赤が濃いな…

あれ…


タイはタイでもサクラダイ。春の真鯛の別称ではなく、「サクラダイ」という魚。名前に「タイ」とつくもののハタの仲間らしい。身体に桜の花を散らしたような模様が美しい。

一度沖釣りで釣ったことがあるものの、スタッフの爺ちゃんが「旨くない」と言ったのでリリースしたことがあるが、今回は既にタナゴやヒイラギもキープしているのでもう一目追加。

6月の末ともなると、日が沈むのが遅い。まだ暗くならないのに、7時をとうに過ぎている。足元にいたアジもいなくなったので、終~了~



と言ったところで、
「ぼくまだふたつしかつってない~」と、涙の訴えをする小僧様

そうかそうか

まだ釣り足りないか


んぢゃ、第2ラウンドじゃあ


でもその前に晩御飯な

でゆっくり晩飯食ってりゃ、時合なんてとっくに過ぎている訳で…。

それでも頑張った小僧様。ネンちゃんを3匹釣ってやっと納得。本当に終了。

でも、この3匹は自分で魚信をとって合わせたんだもんね。十分進歩したよね
遅くまで本当によくがんばりました

で、今日の主役はなんと言っても娘。超豆アジ、メジナ、メバルにチンチンと美味しい魚を釣りまくり。それが小僧様の釣り魂に火を点けた

何にしても、姉弟ともに夢中になってくれたなら連れていった甲斐があるというもの。次はイワシぞろ~りを狙ってみるかね



スポンサーサイト
2012.6.24 貧果は続くよどこまでも
梅雨に入って週末に雨やら何やらで釣行ペースも鈍りがち。なもんで数日前に台風が通過して濁りが予想されても天気が持つなら行くしかないと出撃。行き先は外房。

午前中の野暮用が大きく延びて、ポイント到着は17時過ぎ。何とかショゴ探しが出来るかな…と探るもショゴたんには会えず
サビキをしている人達の様子を見るとアジが釣れている。その横のアジンガーも明るいうちからしっかりゲットしている

普段ならあまり入らないポイントだが、何となく気になって来てみたんだけど…こりゃ、ある意味ハナが効いたかな?

ならばと早めにアジングにシフト。んが。反応ナッシング。隣のサビキにも反応なし。ありゃ
と、諦めかけた頃にククク…と微かなバイトが出た。か弱い引きの中上がってきたのはちと細長い。20cm弱のカマス。このあともカマスは数匹釣れたがアジは釣れず。

日没後まで粘り常夜灯が効き出せば…の期待も空しくスカ

釣れないときは腹も減る。気温も思っていたよりも低く、身体も冷えてきたので食事休憩

お腹も膨れて身体も温まり、ランガン開始。小場所を覗いてからお気に入りの港へ行くことにする。

小場所を覗くと誰もいない。そそくさとタックルを出し、水際へ行くと水面がちとザワついている。更に良く見るとライズが出ている。こいつはもらった…か

開始から数投後。
待望のバイト。

が、乗らず。

また数投後。
乗らず。

バイトは出るものの、超ショートバイト。ティップに前兆も出ない。むむ…。

そこにcommyさん登場。同じく超ショートバイトに苦戦しながら、1匹ゲット
そのあとすぐにもう1匹追加

それから暫くしておいらにもようやくヒット
と思ったら走る走る。良型を期待できる引きに慎重にファイト。慎重にズリ上げたのは…ありゃ
アジはアジだけどサイズは15cm
何故あんな引きになった…と見ると、フックが胸鰭後ろ付近に付いていた

その後も暫く超ショートバイトが続き、二人とも数を伸ばせず。その超ショートバイトもなくなったので移動。

お気に入りポイントもスカ。

次に入ったポイントもスカ
堤防先端から遠投している餌師はコンスタントに上げているようだが、中までは入って来ていないようだ。

ここで朝まで徹底抗戦を決め、一気に南に下る。下った先でTATさんとも合流。朝まで徹底抗戦を決めるも、全く反応がないので電池切れ。朝からのショゴたんにかけ、仮眠をとる。

明け方にTATさんお勧めのサーフに入る。なんでも、明るくなってから尺アジがでるとか。
が、3人揃って異常なし

仮眠をとっていた港に戻り、ショゴたん捜索再開。と、いきなりcommyさんのロッドが弧を描いてショゴたんゲット
残念ながら孤高のショゴたんだったらしくお友達なし

昨年Yと二人でプチ爆を楽しませてくれた船は残念ながらお留守。というより、ほとんどの船が出払っている。ポイントは岸壁際やスロープに限られてくる。

岸壁際を攻めつつスロープまでたどり着き、そのスロープを絨毯爆撃して反対側の岸壁に。岸壁際にキャストした2投目。岸壁からハンドメイドリップレス5cmに突進する黒い影


何度かジャレ付かれたもののバイトまで至らずUターン
その後2度と出てこなかった。

次が最後と向かった隣の港。commyさんと二人で奥の方まで探し歩き、諦めかけたときに2匹のショゴが目の前に来た
二人でミノーやらポッパーやらで目先を替えながら攻めるも、これまた凄い勢いで突進してきて直前でストップの繰り返し
結局、2匹のショゴたんにいいようにあしらわれておしまい


結局、日没前から日の出後まで徹底抗戦してアジ1匹と小カマス5匹。この貧果スパイラルから抜け出すのはいつになるやら
2012.06.10 小僧様とサビキング
野暮用続きで暫く出撃できず。この土曜日も雨で家でゴロゴロとふて寝気味に小僧様と遊ぶ
ふと、「明日はいい天気だからお外で遊ぼうね。何して遊ぶ
と聞くと、すかさず
「魚つり
と予想外の嬉しい答え
よっしゃ任せとけ

娘の部活も休みで久しぶりに家族揃ってのお出かけしかも釣りメイン
この時期ならサビキでイワシは固いでしょ

と向かった先は三浦半島先端。家族サービスモードだったので明け方から…は避けてのんびり8時半頃に到着。岸壁はなかなかの盛況ぶり。でもサビキではなく投げがメインみたい。空いている場所を見つけ、入れてもらう。

で。
周りの様子を一回りして確認。明け方近くには小サバ混じりで豆アジが釣れていたらしい。が今は気配すらない。むむ…

とりあえず、仕掛けを準備して投入開始。小僧様には5本針のスキンサビキにコマセ袋を付け、おいらは4.5mの延べ竿にトリックサビキ。コマセも撒いて、すぐに竿先がプルッと・・・しないまましばらくの時間経過。
子供と釣りをするときは、最初の15分で結果が決まるなんて話もある。早くもその15分が経過。全く釣れず。で、お約束のように飽き始め「お腹空いた」攻撃開始
で、嫁と2人で散歩がてら近くのコンビニにお買い物。

そういうときに限って魚は釣れるもの。小僧様がコンビニに向かってすぐに延べ竿がプルプル言い出してファーストフィッシュゲット。魚体が赤いですが何か?
とりあえず小僧様が帰ってくるまでバケツでキープ。
更にもう一匹追加して、バケツの中は金魚が2匹。
その後、小僧様が戻ってきて無事お役御免となりリリース。

小僧様の仕掛けを回収し餌を詰め替えている間、嫁に延べ竿を持たせていたら、その竿が良い具合に曲がっている。で、上がってきたのは子メジナ。足下に群れは見えていたんだけど、なかなか食ってこなかったのに・・・。

それからまた暫く釣れない時間帯が続いたが、左側の人に小サバがヒット。程なくして、小僧様のロッドにヒット3匹ほど続けて釣れたあとは群れが離れたのかまた暫く釣れない時間帯が続く。

そんな中、おいらの延べ竿にコツッと魚信。またネンちゃんか?と上げてみると、赤い魚ではあるが、ひれに毒のあるハオコゼ。丁重に海にお帰り頂く。更にもう一匹赤い魚。縦に縞の入っているオオスジイシモチ。これもリリース。

それから暫くして、小僧様のロッドに再び小サバがヒット
やっぱり2・3匹釣れると群れは離れていく。しかもその群れの回遊間隔が長いったらありゃしない。

おいらの延べ竿は足下に置いておき、放置状態。
小僧様のロッドや、いつの間にか娘用の仕掛けも用意してそっちの面倒を見ていると、放置していた延べ竿がプルプル言い出す。どうせまたネンちゃんだろうと上げると白くて細長い。小サバ。

群れがまた来たようで小僧様のロッドにも小サバがヒット。小僧様が下とまで寄せたあとに娘が回収。
同じように娘と小僧様の面倒を見ていて放置していた延べ竿に今度は5cmほどの超豆アジがヒット。このサイズ、アジングで釣ったらある意味ヒーローになれるな

午前中にさくっと釣って、夕方には家で獲物の唐揚げをつまみに一杯・・・というプランを描いていたが、あまりにも釣れなさ過ぎて時間は14時近く。流石に翌日のことも考えて終了。
帰りの高速は事故と故障車のおかげで大渋滞。小僧様週末の楽しみのWウルトラマンが見れず。
やっぱり明け方に来るべきだったかな?

「この次のお休みは、近所の公園でザリガニ釣りしようね」
小僧様のこの言葉が本日の全てだったりするかも・・・

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。