ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.25 海水浴のちプチメッキ
夏休みに旅行したので、今年は海水浴に行っていないことに気付いたのが木曜。嫁にそのことを話すと、いいんぢゃない?の一言で、海水浴決定。行き先は勿論西伊豆。海水浴後には、勿論日没までメッキ探索しますが何か

で、出発ものんびりだったので子供達が満足するまで遊んでいたら5時近く。急いで撤収して、すぐ近くのポイントに入る。

この時期のメッキはまだ小さいので、パイロットに使うルアーはハンドメイドのマイクロジャークベイト。いればすぐに反応が…来たぁ
グンと引ったくるようなバイトと横に走るファイトは紛れもなくメッキ
しかもこの時期にしては良いサイズ
今年のファーストメッキちゃん…



………



バレましたけど何か

いることが判ればあとは次のヒットを引き出すまで""
と少しずつずれながらキャスト。

すぐに同じような引ったくるバイトが出てヒット
さっきよりサイズは小さいものの、一気に巻き上げ無事今年のファーストメッキをゲット。
1stMekki_2012.jpg
ちっちゃくても初物は嬉しい

小僧様が目ざとく見つけて「ぼくもつりたいぃ」とぬかしやがる。かわいいので、次にヒットしたらロッドを持たせようと待機させる。

んが、10分ほどバイトが出ず、小僧様はすでに飽き始めている。ヤバい。と焦り始めた頃に、ようやくヒット
が、小僧様にロッドを持たせる間もなくリリース

その後反応もなくなったので、場所移動。時間的には次がもう最後のポイント。一気に移動してお気に入りポイントに急ぐ。

お気に入りポイントに着くと、海は白く濁っていた
予想通りノーバイトで日没ゲームセット


泣きの第2ラウンドも異常なしで終了


とりあえず、今年のファーストメッキを無事ゲット。さあ、楽しい季節の始まりだぁ


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ルアー: ハンドメイド マイクロジャークベイト

本日の釣果
メッキ 1匹



スポンサーサイト
2012.08.18 何しに来たんだっけ?パート2
夏休みも終わり、また暫く灰色の平日だらけの日々に戻った週末。前々から、そろそろ三崎のイワシ祭が始まっているだろうから、行ってみようという話をyuyaとしていたので行ってみることに。

暫く大漁の幸せを味わっていないので、サビキなら何とかなるべという目論見。あんど今回はyuya嫁も同行し、yuya家の家族サービスに駆り出された形か
朝マヅメにさっさと釣って、帰りに朝マックして帰ろうと捕らぬ狸のなんとやら。意気揚々と出発

真夜中の出発なので、順調にポイントに到着。夜明けまではまだまだ時間がある。場所の確保とサビキの準備を済ませ、アジングでも…と思ったが、周りで全く釣れていない。エギを投げても同じこと。で、気が付けばイスに座ってウトウト

目が覚めたときにはうっすら明るくなり、そろそろ回って来るぞと臨戦態勢。東の空の朝焼けに、またもやミラーマンを見る馬鹿二人

で、肝心のイワシがなかなか回って来ない。それでもやっと釣れ出して、いよいよ祭開催か…と思いきやすぐに群れがいなくなる。

またすぐに回って来ると気楽に構えていると、やって来たのはイワシの群れではなく雷雲
あれよという間に雨が降り出す。濡れたら困るものを車に退避させている間に、雨の勢いが一気に強まり、慌てて車に避難。仕方がないので雨が上がるまでふて寝

ウトウトしていたはずが、いきなり目の前が真っ白になったかと思うと、物凄い音。車の中は安全というがなかなか生きた心地がしない。

ようやく雷も遠くに去り雨も小降りになってきたので再開。バケツの中のコマセアミはスープのような状態になっていた

相変わらずイワシは回って来ず、足元から沸いて来た小メジナと遊ぶ…いや、遊ばれる。コマセには狂ったように飛びつくのに、針の付いた餌には見向きもしない。それでもなんとか数匹釣って、最低限の土産を確保。

そんなときに、隣で釣っていた親子連れの女の子がなかなかの良型カワハギを釣り上げる。
立て続けに2枚。それを見て、すぐさまカワハギ仕掛けを用意し、餌のアサリを買いに裏の釣り具屋に走る馬鹿一名

暫く反応がなかったが、コツコツッという魚信が出始める。けどなかなか乗らない。釣れない魚信に一人熱くなる。

yuyaはというと、こちらもサビキに見切りを付け、ちょい投げのタックルをセットし投げはじめる。と、すぐにシロギスをゲット。ここからシロギス連チャンと行かないところがyuyaらしいヒイラギ、テカミ、超マイクロカレイに青い立派なキュウセンと、五目釣りの様相になってきた。

日も昇り切り、諦めかけた頃にウルメとマイワシが釣れ、更にわが家ではイワシ類で一番人気のトウゴロウも釣れた。
数は釣れないものの、ちょい投げの五目と合わせて八目とバラエティな顔触れに。

で、カワハギはというと、なかなか乗せられず熱くなりながら、ようやくティップが引き込まれて1枚目ゲット
これで九目。

こうなると、あと一目、何が来るか楽しみになる。

その後もカワハギ狙いの竿に相変わらずコツッという魚信は出るものの、なかなか乗らない状態が続く。熱くなりながら続けて、やっと乗せることに成功
少しはカワハギ釣りが解って来たかな?と上げると、カワハギではなくヒゲ付きのアイツ
十目めはゴンちゃんというナイスなオチに。

いつの間にか、yuyaは車の影で爆睡してやがる
影とはいえ、地べたに直に寝てて熱くないんかね
yuya_Sleeping.jpg

その後、なんとかカワハギを1枚追加し、更にゴンちゃんも追加したところで餌がなくなり終了。サビキに専念。

結局日没まで粘ってもイワシ祭とはならず、数匹追加して終わり。

たまたまこの日は港で花火が上がるというので、それを見物

明け方にサクっとイワシを釣って、夕方には家でそれをツマミに幸せになる計画だったのになぁ…。気が付けば日没まで釣りして、しかもイワシよりカワハギやらちょい投げやら…。で、最後にと…。
またまた何しに来たんだっけ?な一日となった。

短時間でサクっと大漁の目的は果たせなかったけど、おっさん二人が脇道に逸れまくっても一人黙々とサビキ釣りを続けていたyuya嫁が楽しんでくれていれば良いかな

これから楽しい季節。迷惑メール送りまくるけど、怒らんでね


本日のタックル
◆サビキタックル
ロッド:4.5m清流竿
ライン:ナイロン2号
仕掛け:市販のトリックサビキ
餌:コマセアミ

◆カワハギタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing Limited 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
仕掛け:市販のカワハギ仕掛け
餌:アサリ

本日の釣果
マイワシ 4匹
ウルメイワシ 11匹
トウゴロウイワシ 18匹
カワハギ 2枚
ゴンズイ 2匹

Emono_01.jpg
獲物たち

Emono_02.jpg
イワシ三種盛り

Emono_03.jpg
カワハギ薄造りとメジナ&トウゴロウの昆布締め

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2012.08.11 瀬戸内真鯛
娘の部活の休みに合わせて、親戚巡りを兼ねて広島方面へ旅行。その親戚が、娘共々釣りに連れていくと、手ぐすね引いて待っているとのこと。ありがたい話だ
んぢゃ、行ってきま~す

当日は明け方前から雷雨
予報では徐々に弱まり、昼前には上がるとか。ならば出船時間には落ち着くだろうと思っていたらなかなか落ち着かず港で暫く様子見。雷も収まり、雨が少し弱まったタイミングでいざ出船
メンバーは叔父とその友人、おいらと娘、そして小学生の甥っ子。甥っ子は叔父とペアを組み、二人で釣りをする。

海に出てみると、びっくりする位の凪。30分程走って、最初のポイントに到着。仕掛けは胴突き仕掛けに錘籠。所変われば品変わる
籠にコマセアミを詰めて、針にオキアミをつけて投入。すぐにコツコツと魚信があり、上がってきたのはトラギス。

こいつが釣れるって事は、タナが低いってこと
と、それからは着底後に少し浮かせるようにする。

暫くして、叔父のロッドが大きく曲がり、甥っ子に巻かせている。時折グン、グン、グンと引く事から良型の真鯛を期待。しかし、途中でハリス切れ。残念

それからカサゴやトラギスたまにアジといった具合にポツポツと釣れるものの、真鯛の魚信はなし。そんな中、娘のロッドに今までよりは良い引きの魚がかかる。慎重に上げてきたのはピンクの魚体。残念ながら真鯛ではなくチダイだったが、娘にとって初めての鯛
チダイ1


それから暫くしてまた娘のロッドに更に大物がヒットティップがグン、グン、グンと入る引きは今度こそ真鯛が来たかと思ったが1枚目よりも大きいチダイ
チダイ2


それに比べてとーちゃんはというと、小物ばかりで鯛の魚信は全くなし。なもんで娘の鼻の高いこと高いこと

それから潮止まりとなり、暫くの間魚からの反応が悪くなる。餌盗りだけは元気らしく仕掛けを上げる度に餌はなくなっているんだけど

何度か場所替えしたところで、そろそろタイムアップが近づいてきた。そこでようやくおいらにも鯛がヒット
これまた真鯛ではなくチダイ。

潮も動き出したようで魚信が頻繁に出始め、アジやカサゴがコンスタントに上がりだした。が、いよいよいつ「終了」と言われてもおかしくない時間になってきた。

そんなときに、おいらのロッドにこの日一番大きな魚が掛かる。ロッドティップがグッと入り込んだ魚信と、下に突っ込む引きに今度こそ真鯛が来たか?と慎重にやり取りする。叔父もこちらの様子に気づき、引きの具合から真鯛を期待。最後の最後に来るなんて、もしかして何か持ってるか?と内心にやけながら魚を浮かすと…

上がってきたのはなかなかの良型。慎重にネットインさせ、取り込み完了。

40cmオーバーのウマヅラハギですが何か

最後の最後にそんなオチを付けなくてもいいのに…
やっぱり別の「何か」を持っているらしい。あまり嬉しくないけど

終了予定時間を過ぎても、船長は一向に「終了」と言わない。それどころか、やる気満々で釣りをしている。魚の反応が良くなったことと、遠方から来た娘&甥っ子の為に、もっと釣らせようとのありがたい心遣いらしい。

その後、アジとカサゴをたくさん追加して沖上がりは4時頃。帰りはちょっとした瀬戸内海クルージング気分を楽しみ、娘、甥っ子、そしておいらも大満足の釣行となった。


夜は当然獲物でパーティー。船長にもらった真鯛の活け作りをはじめ瀬戸内の海の幸を満喫。嗚呼、ビールが美味い

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

2012.08.04 何しに来たんだっけ?
気が付けば、7月の出撃はたったの1回だけ。ま、こんな事もあるかな

で、懲りずにyuyaに迷惑メールw
いい加減、yuya嫁に呪われてもおかしくないかも

いくつか提示した候補の中からyuyaが選んだのは「西湘サーフでメタルジグフルキャスト」。これでほぼボウズ確定

なでしこがブラジルを撃破するのを見届けて出撃。夜明け前の高速を西に向かってひた走る。後方に拡がりはじめた朝焼けに、ミラーマンが出てくる馬鹿二人

駐車スペースの空きを気にしながら夜明け直後に到着すると意外なことに空きまくり。そこからサーフを見渡すと、アングラーもちらほらいる程度
獲物の期待は遠ざかる。

とにかく投げないことには結果は出ない。二人並んでメタルジグをフルキャスト

台風の影響か周期的に大きな波がやって来る。ポイントの地形はすぐ近くにカケアガリがあるので波が立つ場所も近い。二人ともハーフパンツはあっという間にグショグショ

ハーフパンツはどうでもいいが、波が立つ度にラインが取られる。おかげで30gのジグでも着底が分からないときがある。

それでもめげずにキャストを繰り返す猿二匹
反応は全くない。3時間ほど頑張ったが、自分達どころか周りも反応ないようで一人二人と帰っていく。反応がない事よりもほぼ1キャスト周期でくる大波に負け、移動を決意。伊東方面を目指す。

早川付近から渋滞にはまり、西湘バイパスの渋滞も見えた。これは伊東までかなり時間がかかりそうということで、早川港に入り引き返す。そこから見えたサーフも当然大波が打ち付けている。ここで諦め帰る事にした

帰るために高速のインターに向かうと、温泉の看板が目につきだした。んぢゃ、せっかくだから入って帰るか、となり施設が開くまで仮眠してから温泉を堪能。オッサン二人、一体何しに来たんだっけ…な朝となった

やれやれ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。