ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.23 温泉メッキ玉砕
玉砕記事ばかりが続いて、書くのも段々嫌になってる今日この頃。皆様如何お過ごしでしょうか



少し前のこと。手のヒラアジさんから、「横浜温泉メッキが上向いてきたので近いうちにどう?」というお誘いをいただいた。けど具体的な日程の話まで進まず…それから暫くして、「23日に船チャーターしました。参加者募集!」ときた
えもう日程決まったのんぢゃ参加

お世話になったのは昨年同様磯子の「釣福丸」さん。明るいうちにメッキを釣って、日没後は横浜アオリを捕獲に行くとか。良いっすね~。

で、当日午前の釣果はチビ1匹だけとか。いや…きっと午後になったら良くなるんだよ。多分…

今回ご一緒させていただいたのは、手のヒラアジさん、Commyさん、TATさんのいつもの馬鹿3人(失礼)。さらに手のヒラアジさんと一緒に20年も前からメッキを追いかけていたという銀河メッキさん、愛車がおいらの愛車と兄弟のヒデさん。雨混じりの中、つわものばかり(おいら除く)を乗せて、いざ出船
すぐにポイント到着
この手軽さがグッド


早速戦闘開始みんな思い思いのルアーをキャスト。水面で祭が起きている様子はないので、おいらはハンドメイドジャークベイト5cmをチョイス。温排水口横の壁際にキャストし、沈めてジャークしながら巻き上げる。

と、何投目かに後ろからチェイスする姿が見えた。サイズは15cmくらいか。残念ながらヒットせず。

そんなおいらを尻目に、「来たよ~」と手のヒラアジさん。サイズは大きくなさそうだけど、早速のヒットは羨ましい…んだけど、上がってきた魚には縦のシマシマが入ってた。くっきりと

なかなかメッキのヒットがない中、ヒデさんにヒット。上がってきたのはこれまたメッキではなく、クイーンフィッシュ。ヒデさん、このあと怒涛のQF連チャンでクイーンフィッシュキングの称号をゲット
さらにこの日初のメッキまでゲットした

QFの数は多いみたいで、ルアーのサイズを落とせば簡単にヒットしてくる…らしい。みんな順調にQFをゲット。TATさんはいつの間にかメッキをゲットしてるし、Commyさんなんか糸引いちゃってる気がつけばノーゲットはおいらだけというなんだかデジャヴュを感じる展開

とりあえず1匹釣らねば…とジグヘッドを持ち出し、やっとQFをゲットして「ボ」逃れ
でも、ヒットに気がつかず、トゥイッチ入れ続け、足元に来て気付くという、釣った感まるでなしな展開

そうこうしているうちにQFの反応も薄くなり、マヅメ近く。TATさんと手のヒラアジさんがメッキをゲットし、最後にヒデさんがハードルアーでメジナをゲットして第1部終了。

で、第2部。
船は少し移動してアオリ狙いにチェンジ。水深8mから3mへのカケアガリを狙う…んだけど。船が小まめに移動して、キャストした方向と逆から餌木が戻って来る。こりゃ、船の流し方を理解しないと難しいぞ。みんな3号前後の餌木を投げているのに、何故かヒイカばかり上がって来る。ならばとヒイカタックルを出しても反応なし。なんでやねん

何カ所か移動して、大型船と岸壁の際を狙う。ここで手のヒラアジさんに待望のアオリヒット
パターンは、ベタ底のノジングだとさ。

で、早速ベタ底ノジングを開始。すると、クイクイ…っと初のお触りが
次のしゃくりでワンツースリーパンチ
でも乗らない
そんなおいらの後ろで、TATさんてばあっさりとアオリゲット。むむ…。

さらに何投か後に、しつこくベタ底ノジングしていた餌木が、何となく重くなった。半信半疑で聞いてみると、微かに生体反応が。テンションを変えないよう注意しながら巻いて来ると、餌木を抱いていたのはヒイカ。3号のDSオレピンでゲット。何気に今年初のヒイカだったりする

その後何度かパンチにからかわれ、船長の厚意で別ポイントの延長戦。ここでもゲット出来ず無念のタイムアップ

本命全く釣れずなダメダメな結果になってしまった。厳しい状況でも、釣っている人は釣っている。単純においらが下手なだけ…を思い知らされた

参加メンバーの皆さん、お疲れ様でした。釣果は寒かったけど、楽しい時間を過ごせました。またよろしくお願いします。
誘ってくれた手のヒラアジさん、ありがとうございました。また次も誘ってください。


で、ここからCommyさん、TATさんを引き連れ、陸っぱりのヒイカ残業に。仕事の都合で船に乗れなかったyuyaも合流し、いつものお気に入りポイントへご案内。

ポイントに入ってすぐにTATさんがヒイカゲット
さらにもう1抔追加
えと…ここに通っているおいら達の立場は…

とはいえ、案内したポイントで釣ってもらえて嬉しいっす。

ならばおいら達も
と頑張ったものの、その後4人に全くお触りなしで終了。


ヒイカに癒されるどころか、傷口を拡げて帰る結果に。やれやれ。


このあと更に伊豆に行くというタフなTATさんから、獲物のヒイカとアオリをいただいた。ありがとうございました
またおすそ分けください(違


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド:メバル弾丸1.5g
ワーム: ガルプ ベビーサーディン 2インチ グロー
餌木: On Line Lure Shop F デイスクイッド3号 オレンジ/ピンク


本日の釣果
QF(イケカツオ) 1匹
ヒイカ 1抔

スポンサーサイト
2012.11.18 横須賀・横浜ヒイカ玉砕
オヤトメも無事終了し(釣果はともかく)、ここからは近場でヒイカを堪能…と行きたいところ。でも今年は堪能どころかまだ1杯も釣っていない。このままシーズン終了となるのは悲しい。

出撃したのは日曜日。家の用事を済ませ、笑点を堪能してから出発。目指すは某施設。

着いてみると、明らかにイカ狙いのアングラーが少ない。墨跡も新しいものが少ない。むむ…。

ちょっと前にコロッケアオリで遊んだ角ポイントは、流れが効いていなくてお触りなし。その奥もスカ。角を挟んで反対側は横風が強くラインがフケまくり。結局、何カ所か投げても反応なしで施設閉館前に移動。

ナビで風裏を探して入ったのは漁港横の小さな公園。漁港の常夜灯と、堤防のテトラが良いポイントを作ってくれているのだが相変わらず反応なし。

結局辿り着いたのはいつものポイント。風の影響は心配してた程なし。
狭い岸壁に先行者は電気浮きを投げている1人。シーバス狙いで少し前からやっているが反応なしとのこと。ちょいと斜めに投げていたので、その邪魔をしない所に入る。

この場所もまた全く反応なし。この時期渋くても多少は反応があると思うのだが…。シーバス狙いの浮きも沈むことなく、マッタリプカプカ。

翌日は当然仕事なのでいつまでもはやっていられない。反応もなく、寒さも厳しくなって来たので早めにギブアップでラストキャスト…のフォール中にイカパンチ
ラストに出来ず少し追加キャストしたが、結局変わらずギブアップ


…ヒイカ…どこ…


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
餌木: DUEL アオリーQ 1.6号 オレンジ他


本日の釣果
なし


2012.11.10 何しに来たんだっけ? ぱーと3
オヤトメでは見事ホゲり、収まりのつかない馬鹿二人。表彰式も終わりマッタリ解散…後は、当然第2ラウンドに突入
表彰式後にスタッフの方から大カマス情報をいただき、メッキの敵をカマスで討つ目論見に。

カマスなら日没前後からと踏み、一目散に次のポイントを目指す手のComコンビ(馬鹿2名追加)とは別行動で、のんびり遅めの昼食を取ることに。入ったお店は、まいう~なTVで紹介されたことのある下田駅近くのトンカツ屋さん

店に入るなり、初めての客はオススメメニューの注文をお願いされ、二人とも勧められるままに注文。店内を良く見ると、客は全員オヤトメ帰り
オヤトメ会場でロッドの展示をしていた女性が、「カウンターに座るなんて、良い度胸してるね」と意味深な言葉
その意味はすぐに身を持って理解する。

お勧めのミックスフライ定食の皿がまずでかい。当然キャベツ山盛りに付け合わせのパスタもそこそこ。その皿に、メンチカツ、ヒレカツ、クリームコロッケ、唐揚げがドーンと乗せられる。更にご飯はどんぶりがデフォ。しかもカレー掛け

もの凄いボリュームに気圧される前に平らげようとファイト開始
が、油断すると、親父さんがキャベツを追加し、パスタを追加し…ご飯まで無理矢理にお代わりさせる。一つひとつが旨いので、ご飯が進んではいたけど、かなり腹に響く。yuyaの野郎、最初から残す作戦で唐揚げに手を出さず、ホイルに包んで貰いお持ち帰り

楽しくも、お腹一杯どころか、口を開けたらベイトが見えるシーバスよろしく、一杯一杯に詰め込まれた
まいう~なTVで紹介される訳だ。

さて、パンパンなお腹を抱えながら、手のComコンビが向かったポイントへ。予想通りまだ祭は始まっていない。前夜にまともに寝ていない事に加え、腹パンパンなせいで猛烈な睡魔に襲われyuyaと二人で撃沈

それから1時間ほど過ぎた頃に祭が始まったらしく、親切な手のComコンビが起こしてくれた。yuyaは充電完了したらしく、すぐにタックルを持って出ていった…が、おいらはとても起きられず、そのまま寝続ける
おいらが寝ている間に、みんなムツをゲットしていた。しかもミノーで。ようやく起きたときには、祭は落ち着きつつ…。
それでもベイトは何かに追い回され、シーバスのライズはそこかしこに出ている状態。
まだまだチャンスは沢山残っていそう

で、すぐにyuyaがカマスをゲット。ヒットルアーはというと、上州屋の安売りミノー\360
このミノーのサイズ違いをおいらも持っているけどなかなか侮れない
周りで他の3人に反応が出ない中、yuyaだけ、ぽつぽつとヒットを出す。が、バラシも多く、数を伸ばせない。やれやれ。

おいらはというと、起きてから反応なっしんぐ。水面でシーバスは派手にバシャバシャやっている。足元付近でもバシャバシャやり出す始末。なのに、おいらだけでなく、誰にも反応なし。

そんなときに少し離れた場所で釣っていたアングラーがやってきて、見事にそのシーバスを釣り上げた。おいらとCommyさんにも火がついてキャストを繰り返したもののヒットなし。唯一釣り上げられたヒラセイゴは、お土産なしのおいらがいただく事に。ありがとうございました。

そうこうしているうちに、潮止まりの時間。あれだけいたベイトの数も減り、水面のライズも落ち着いた。

唯一反応をぽつぽつ出していたyuyaも反応がなくなった。反応がなくなれば、電池も切れる。電池切れを起こしそうだったけど、車の座席ではなく平らなところで寝たい。で、車に積みっ放しだったテントを急いで設営
で、ゴロゴロとしていると、潮が動き始めたのか、また祭が始まりそう。結局、そのまま起き出して釣り始めた。設営したテントでは入れ代わりにyuyaがぐっすりオヤスミ
何のために出したんだか

ずっとミノーで狙っていたが反応なし。なのでここで遂にミノーを諦めワームにチェンジ。

そしたらこれまでの渋々は何だったのと言いたいくらいあっさりとヒット。15cmのムツ。これを皮切りにぽつぽつと釣り上げ、5匹まで数を伸ばしたところでみんな電池切れ。

翌日も少し遊んでから帰る予定の手のComコンビはそのまま車中泊。家で手ぐすね引いて待っている小僧様の事を考えると、夜明けまでには帰りたいおいらはそこから家を目差し車を走らせる。

…が、前日からまともに寝ていない大タワケは下田市内を抜けるまでに3度電池切れを起こし、その度に休憩を取って下田市内から抜けたときには夜明けどころか9時を過ぎていた。開き直って途中で釣り具屋に立ち寄り、更には道の駅でのんびりとブランチと洒落込み、お土産まで漁り…。東伊豆ルートは混むのが判っているのにのんびりと帰る。

真鶴までは予想外に順調に走り、これなら十分小僧様と遊ぶ時間も取れるな…と思った途端、そこからは怒涛の渋滞に嵌まり、家に着いたのは17時近く。貴重な日曜日を移動だけで潰してしまった。途中でぐっすり睡眠を取ってから西伊豆ルートで遊んでいた手のComコンビからはカマス爆の連絡がきたり…。本当に、何しに来たんだっけ、な一日になった。


…やれやれ


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド:メバル弾丸 1.5g
ワーム:TRIGGER X プッツンテイル PCLH

本日の釣果
ムツ 15cm~22cm 5匹
2012.11.10 オヤトメ参戦記
年に一回、世界で唯一のメッキ釣りの大会。オヤトメに参戦

初参加の4年前は7位入賞。2度目の参戦だった昨年は見事にホゲリ。今年も渋いようなので、しっかりリミットメイクして上位入賞を果たしたいところ。はてさて、思うように行くかどうか…。

好天に恵まれ、11月とは思えないほど暖かい中、大会の開会式も無事終わりみんな一斉に思い思いのポイントを目指す。例年、上位入賞者を出しているポイントは今年も大人気と予想し、敢えて外して南伊豆方面へ。

まずはぼーじーず合宿時に良い反応(だけ)があった小さな河口ポイント。全く反応なし。その少し上流も反応なし。

道なりに先に進んだところの漁港も何故か濁りが入って反応なし。yuyaは漁師のおばちゃんとまったりトークまで始める始末。まだ先は長いんだよ次行くよ

次は超メジャーポイントにして、おいらの初メッキポイント。ベイトがいれば、回遊待ちで粘るのもあり。で、足元には少ないながらも2cm程のベイトがいる。これは期待できるか

暫くキャストするものの、全く反応なし。チェイスの姿すらなし。どうしようかと思いながらキャストを続けていると、200m程沖でナブラ発生。そのナブラが近づいて来るのを期待しながらキャストを続けるが期待ハズレ。こちらに寄って来る気配なし。

諦めて反対側の川筋を攻めながら戻り次のポイントへ。途中で「栗ジェラート」の看板にリアクションバイトする馬鹿二人。


美味しいジェラートに暫し癒される。でも、のんびりと休憩してて良いのか

で、上流の魚止めポイントに移動。
ここもコトヒキのチェイスのみ。別行動の手のComコンビも南のサーフポイントに入ってダメダメとの連絡が入る。ありゃ。

さて…ここから片っ端にポイントを叩きながら西に向かうか、戻りながら気になるポイントに入り、例年上位入賞者を出すポイントに入るか…。
で選んだのは後者。

潮が上がって群れが入って来ることを期待して朝一のポイントに戻ると手のComコンビが
状況は変わらずダメダメ。軽く叩いて移動。

次に入ったのは例年の実績ポイントよりもさらに上流。おいらが初参戦した年に優勝者を出したポイント。
ここでは魚が出ない上にハンドメイドジャークベイト2本と、ディープダイバーを奉納

反応ないまま時間が過ぎ、いよいよ最後に入ったのが例年の実績ポイント。

先に入っていた人に状況を聞くとぽつぽつと釣っているとか。パターンはというと、メタルジグやシンキングミノーを沈めて底から引きずり出すそうな。実はあまり得意ではないパターン

ならばとハンドメイドジャークベイトを底まで沈めて、ダートさせながら浮いて来たらまた沈めて底から誘い出す。が、全く反応なし。

さらにシンキングミノーやメタルジグで底付近を攻めても異常なし。yuyaは、一度バイトが出たものの合わせ切れしたそうな。
やれやれ

結局二人ともノーゲットのままタイムアップ。2年連続でノーゲット


参加約120人中、メッキをゲットできたのは24人とか。2割程しか釣り上げることが出来ず、残りの8割は仲良くノーゲット。お仲間は沢山いたとはいえ、やっぱり悔しい。来年こそは…。

結果はともかく、120人ものメッキフリークが集まり、同じ時間を共有でき、交流できたことは貴重な経験となった。個人的な課題も見えたし、とにもかくにも楽しい時間を過ごせた。

大会を運営された関係者の方々、協賛企業、そして参加された全てのアングラーに感謝。また、来年も楽しく遊びましょう。

………来年こそは、リベンジするぞぉ


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing Limited 610L
リール: シマノ アルテグラ改1000S
ライン: フロロ3lb
ルアー: ハンドメイドジャークベイト 他





さてさて…仲良くホゲリの馬鹿4人は当然収まるはずもなく。ここから鬼の残業モードに突入するんだけど、それは次の記事で。

明日に向けて…

準備完了


あ、自分のタックルの準備がまだだ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。