ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.26 ラスト10分の大逆転
昨年の1月に初めてお会いして以来、かなりの頻度で遊んでいただいたTATさん。まだ1年ほどのお付き合いの筈なのに、もう何年も一緒に釣りをしていたと思う位遊んでいただいた。

そのTATさんがお仕事の都合で、ご家族の待つ名古屋に帰られることに。そこで手のヒラアジさんが発起人となり、TATさんと縁のあるメンバーで、最後に内輪でプチアジカップ開催となった。

参加したのは主役のTATさんを含めて8人。他に参加できなかった方も何人かいたので、ほんの1年ちょっとの間とはいえ、如何に房総方面を暴走しまくっていたかが伺える

ルールは釣ったアジのなかから2匹の全長の合計を競うというもの。更に開始2時間の間に1匹釣らないと、ペナルティーとしておやつの提供が課される独特のルール
エントリーフィーとして、各自オススメのアジングワームを一袋持ち寄り、上位から賞品として取っていくことに。

で、いつものようにyuyaを拾って、高速に乗る前にエントリーフィーのワームを調達。自分用のワームやら小物やらと買って、〆て\2000なり。3百何十何円みたいなものをいくつか買って、\2000ちょうど。なんかいいことあるかな

釣り具屋でのんびりし過ぎたものの、車は順調に走り集合場所に到着。

…時折堤防の向こうから波飛沫が飛んで来る程の荒れ模様。こりゃ相当厳しいかも…

参加者が全員揃い、いよいよプチアジカップスタート。おいらとyuyaは、お気に入りのポイントに一目散。到着してタックルの準備をしているとCommy号と青服号も到着。考えることは同じらしい

この風とうねりは、実は元旦早々爆ったときと状況が似ている。都合の良い期待を込めて奥のポイントに向かうと、餌師が入っていて入る場所がない
荒れている影響で、普段なら外側に入る人達が中の奥にまで入って来たようだ

とりあえず、周りの邪魔にならない場所で様子見。反応なし。まぁ、まだ明るいからね。

奥のポイントは暗くなってからまた入ってみようと、手前のスロープに入る。が反応なし。一番手前まで戻ると、餌師が何匹か釣り上げていた。聞けばヒットレンジはベタ底。時間的にそうなるか…。ならばとリグを組み直しキャロを…と思ったところで、キャロ一式が車の中にあることが判明
取りに行っている間にCommyさんがやってきてサクっと1匹ゲット。ファーストミッションクリア

キャロ一式を取りに行ったのに、横で釣れたもんだからついついそのままキャストする。軽くしゃくったあとのフォールで、バイトが出たが乗らず
反応があったもんだから、尚更キャロのことなんか忘れてキャストを繰り返す。やれやれ

ところが、このあとの反応が出ない
そのすぐ近くで、Commyさんがぽつぽつ上げている。青服さんもそれに続くように釣り上げる。
おいらとyuyaはパターンすら掴めず頭の中はだらけになっている。

好調のCommyさんに聞くと、パターンとワームの色、ジグヘッドの重さは近いが、ワームの形に差があるようだ。どうもアピールの強い方が良いみたい。

そう考えて、手持ちのアピール系は…と、バッグを漁るものの、めぼしいアピール系のワームは車の中だということが判明
もう一度戻るのも面倒なので、メインで使うスクリューテールグラブよりシルエットの大きいアジキャロスワンプをチョイス。1投目のフォール中にグン!とバイトが出てヒット
上がってきたのは20cmのアジ

ようやく1匹ゲットしたところで時間を確認。15分オーバーで、まだ釣っていないyuya共々ファーストミッションクリアならず

さぁ、ここから追い上げるぞと息巻いたものの、ここからまた長い長いトンネルに突入

好調のCommyさんの隣に入れてもらい、キャストしても反応なし。そのすぐ横でCommyさんに神降臨。1キャスト1ヒット状態に。更に青服さんも隣に入ってすぐにヒット。

………なんでおいらにはバイトすらないの

そうこうしている間にyuyaにもヒットしてボ回避。それから暫くしてCommyさん達への反応も悪くなった。

暫くして青Comコンビは移動。おいら達は、奥のポイントが空くのを待ち、入ってみるもノー感じ
スロープに戻る。

暫く頑張ってみても、二人に至福の時は訪れない。心が折れかけ、ラーメン屋に行く相談をし始めたところに手のてとコンビ登場。こちらも風の影響の少ないところで1匹釣っただけとか。

んが、入ってすぐに手のヒラアジさんがアジゲット
てとらぽっとさんにもバイトあり。
挙げ句にyuyaまでがアジ追加
そしてついにアジング初挑戦のてとらぽっとさんもアジゲット

…それでもおいらには反応なし。暫くふて腐れて離れたポイントの様子を見に行くも相変わらず反応なし。

暫くしてみんなのところに戻ると、反応が良くなっているらしく、手のヒラアジさん、yuyaともに数を伸ばしているらしい。

ここにきてようやくジグヘッドの重さの違いに思い至る。おそらく皆は1gのジグヘッド。おいらは1.5gのジグヘッド。この差が大きく影響しているかと、1gのジグヘッドに交換。その数投後に、しゃくったあとのフォールにバイトが出たのに乗らず

また暫くあちこちにちょこちょこ移動しながら探ってyuyaのところに戻ると、底付近で掛けた魚にフックを折られたとか。何ですと

ならばと残り時間はベタ底一本勝負
それなりに数を追加した手のヒラアジさんは、運営係に戻り
「あと15分~」とカウントダウンの体制に入る。げっ…

ベタ底一本勝負を決め込んで数投。反応はなっしんぐ。いよいよ時間も減り、もうこれまでと諦めた…。

んが…

ベタ底までフォールさせ、少し巻いてからしゃくり、そのままフォールさせる。底付近までフォールした時に、微かな違和感を感じた。半信半疑で聞いてみると、グングンと生体反応が返ってきた。すかさず再度しっかりと合わせを入れファイト開始

1匹目を遥かに凌ぐ重量感。元旦に何匹も釣り上げた良型よりも力強い走り。微かな期待と不安がないまぜになりながらのファイトの末に上がってきたのはかなりの良型
もしかして尺超え

このあとはタイムアップまでのわずかな時間に追加することなく終了。


で、全員集合。どうやら良かったポイントはおいら達が入ったポイントだけだったみたい。

正式な結果は幹事の手のヒラアジさんにお願いするとして…。


なんと、おいらが優勝

最後の最後に出した良型が優勝の決め手となった
そのサイズは…29.5cm
尺まではあと5mm足りなかったけど。
なかなか反応がなく、心折れてラーメン屋に行かなくて良かったぁ~

仲間内の小さな遊びだったけど、何人ものエキスパートを差し置いて優勝できたのはとても嬉しい
yuyaも3位に入賞
二人仲良く入賞できた
yuyaもこういうので結果を出したのは初めてなので喜んでいた


参加者の持ち寄ったワームと優勝賞品の「にそみこみうどん」

手のヒラアジさんの用意してくれたカップ麺で身体を温め、コーヒーを飲みながら釣り談義。寒い釣り場で食べるカップ麺は最高のご馳走になる。

話もそこそこしたところで、一人二人とロッドを持ち出し足元に見えるカマスにちょっかいを出し始める
ツンデレなカマスにみんないいようにからかわれる中、yuyaにヒット。その後続かず。

翌日仕事のyuyaとおいらはさっきまでいたポイントを再度叩いて帰るためここでお別れ。みんなはデカカマス狙い…だったのかな
お疲れ様でした。

で、延長戦。
ドン引きのポイントでバイトは2、3回。ようやく掛けたアジも15cmのチビチビのみで本当に終了。


今回は正月の爆釣とは裏腹にバイトが散発。その横で、1キャスト1ヒットされたり、ぽつぽつ追加されたり…と頭の中はだらけだった。ワーム、ジグヘッド、レンジ…何か一つが違うだけで反応がここまで変わるということを改めて認識できたのは良かった。


参加された皆さん、幹事役の手のヒラアジさん、お疲れ様でした。お蔭様で楽しい時間を過ごせました。

TATさん、短い間でしたがたくさん遊んでもらいありがとうございました。これでさよならではないですよ
また、遊びましょう。外房、三浦、伊豆…いつでもお待ちしています


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVAX 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1g

ワーム: レイン アジキャロスワンプ UVパープルマジックホロ

本日の釣果
アジ 14cm~29.5cm ×3


本日の獲物
スポンサーサイト
2013.01.23 釣り馬鹿オッサンの集い再び
昨年の釣り馬鹿オッサンの集いからあっという間に1年が過ぎました。

で、またまた開催釣り馬鹿オッサンの集い
今年はてとらぽっとさんも参加され、5人での宴となりました。

お店は昨年同様おいらの趣味満開のお店。

旨い酒を呑み、旨い肴を喰い、釣りの話に花を咲かせる。
更に、店のマスターの話がこれまた最高の肴になる。

幸せな時間はあっという間に過ぎていきました。

参加された皆さん、本当にありがとうございました。
また楽しく呑みましょう

本日のタックル
ビール、焼酎
おでん、煮込み、ちゃんこ鍋、マスターの四方山話、その他

本日の釣果
幸せな時間

2013.01.19 三浦半島メバリング
前週に、手のヒラアジさんから50UPのボートメッキのお誘いをいただいたんだけど、外せない先約のため参加できず
どんな状況なのかな、とここを見てみると第2ラウンドに三浦メバルを検討したがポイントが分からなく断念とか。あらら。ならば案内しまっせ

とは言ったものの、直前に何年振りかの大雪が降り、その雪解けが流れ込んで水温低下は必至。更に潮は小潮でダラダラとした動きと、条件は最悪に近いかも
ま、チビちゃんくらいはなんとかなるでしょ。多分

昼間に沖に出撃したCommyさん。沖上がりの港を集合場所に設定され、無理矢理合流決定
手のヒラアジさんも参加で、ぼーじーず全員集合

集合時間が早かったので、のんびりとタックルの準備をする。でも、タックルの準備ができちゃうと、のんびりなんかしていられない馬鹿ばかり
銘々に気になるポイントを叩き始める。
ただし、早朝出撃のCommyさんは充電中

明るいうちは無理だよな~とのんびりキャストしていると、
「なんかデカイの掛けちゃったよ」
と手のヒラアジさん。
おおかた地球を釣ったんだろうと近寄ると、TATさんのロッドが大きな弧を描き、ドラグがチリチリ鳴いている
スピードはないが、グイグイと引き続け、どんどんラインを出し続ける。

ようやく止まったと思ったら動かない。根に張り付いたか。ロープに絡み付いたか…
暫く様子をみたものの、結局動きなく諦めのラインブレイク
釣り上げたらヒーロー確定だったのに

普段はこの港には夜の常夜灯が効いている時間帯の満潮付近に入ることが多い。で、その常夜灯の射す付近が反応が良いんだけど、まだ明るい時間では期待薄。なので、一度も入ったことのない奥のスロープの調査など…と来てみると、意外と入口からの潮がそのまま入ってくる様子。…こりゃ、アジが入って来てもおかしくないかな

まずは端からスロープエッジを嘗めるようにリトリーブ。すると手前まで来たところでツンとつつかれる。サイズは小さそうでも、反応があればもう一度…と同じコースを通すとこれまた同じ場所でツン。ついつい夢中になったものの、やはり小さいからか乗せられず。日も沈み、辺りが暗くなりはじめると反応も悪くなった。

気を取り直し、数m程横にスライドして沖目にキャスト。スロープエッジの少し沖目まで巻いてきたところでゴン

トルクのある引きを堪能してあげたのは20cmほどのメバル。すぐに写真を撮り、メール送信。



次のキャスト。同じように沖目にキャストし、同じように巻いてくると、これまた同じようにスロープエッジの少し沖でゴン
これまた同じサイズ。
追加メールも送り、スロープに集合をかけたつもりが反応悪く、で呼び出し。早く来ないと釣っちゃうよ

今日はホストなので、一人だけ釣るわけにはいかない。あちこちキャストして無用にスレさせず、みんなが来るのを待ちながらたまにキャスト。すると同じようなコースでもう1匹追加。

手のヒラアジさんがやってきてサクっとプラグで1匹釣り上げる。さらにもう1匹。
TATさんもやっと合流したと思ったらいきなり2連チャン
このあたりは流石と言うほかない。

充電完了のCommyさん、一人だけ乗り遅れ。大丈夫。本命ポイントは満潮の良い時間に回るように考えてるし、きっとこのあと釣れるから。

…出足好調で、おいらもプラグに換えてみよう…なんてやっている間に反応が悪くなる。

あまり粘っても仕方ないので隣の港に移動。潮の状況から期待薄…な中、手のヒラアジさんがまたまたプラグで良型を引きずり出す。があとが続かず

おいらの腹減った宣言で大きく移動。ラーメンで身体を温めて改めて出撃
このあとは三浦半島の超メジャーポイント数箇所を案内。潮がよく動く筈の場所が、予想外のベタ凪にビックリ。こんなに動いてないのは初めて見るかも
予想通り反応なし。

次はちょっと特殊なポイント。yuyaのセンサー発動で二度と奥には入れない、少し前までの超お気に入りポイント。ここで、TATさんが1匹ゲット
が、後が続かない。

いよいよ次は本命ポイント2連チャン。明かりの射すスロープポイント。数投もすれば反応が出…ない

ありゃ…

4人であちこち叩く。反応はあったけどノーゲット。おいらは諦めてアオサを摘みはじめる
Commyさんは電池切れで戦線離脱
お疲れ様でした。

…次

すぐ隣の港。これまた明かりの射すスロープポイント。

で、これまた本命スロープでは全くの反応なし
係留船の間から明かりの差し込む場所でチビ2匹追加。


反応は良いんだけど、サイズが小さい。

ここで案内終了。三浦半島初体験のTATさんに駆け足でポイント案内した形になり、本命ポイントではまさかの撃沈。開始直後のプチプチ爆がなかったら全く良いところなしのダメダメ釣行になるところだった
条件が悪かったとはいえ、もう少しなんとかできただろうに…
ダメなガイドですみませんでした
これに懲りずにまた三浦半島に遊びに来てください。


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RapinovaX 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸 1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI6他

本日の釣果
メバル 10~20cm 5匹

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2013.01.03 釣れているうちに行け!
超短期独身期間の後半、当初は伊豆方面に行こうと考えていた。別段何か情報があった訳ではないが、そろそろ昨年のアジ祭ポイントも上向いて来るかな…と。

でも、2日前にあれだけ爆発したなら、仮に悪くなっていても、きっとその残りが多少はあるんぢゃないか
と、予定変更
脇目も振らず、前回のポイントを目指す。家でのんびりし過ぎたのでポイントに着いたのは日も暮れたあとだった。
潮が上がるまでは爆発ポイントを休ませておくことにして、まずは手前の明かりが射し込むポイント。

なかなか反応が出ない。こりゃやっちまったかなと嫌なイメージが湧きはじめた頃にヒット
20cm程度のアジ。

先行で入っていた二人組が近くに来たので声をかけて状況を聞くと、一人はそこそこサイズを含めてツ抜け。もう一人はグリングリンだとか。リグの違いかな…なんて言っていたけど、マヅメには反応も良かったらしい。
…ゆっくりし過ぎたかな

その後もぽつりぽつりと追加したところで、本命ポイントに移動。水面でパチャパチャやっててくれると良いんだけど…
の願いは見事にスカされ、静かな水面。中を覗き込むと、多少は入っているようで、時折アジらしき影が見える。

1投目…反応なし。
2投目…反応なし
3投目…4投目…5投目…と全く反応なし
レンジやワームのカラーを変えてもだめ。

…でも…

時折水面でパチャっとライズが出始めた。もう少ししたら始まりそうな予感
ここで投げ倒して警戒感を強めるより、もう少し後にまた来た方が良さそうって事で、最初のポイントに戻る。

ここでまたぽつりぽつりと出るバイトを拾って数を伸ばす。が、1匹バラシた後に潮止まりも重なり反応がなくなった
…厳しい

潮は満潮からの下げに入り、そろそろ動き出す頃。んぢゃ、良い頃合いかな…と本命ポイントに。

暫く様子を見てみると、たま~にライズが出る程度。2日前もそんな状況で祭は始まったんだから…と自分に言い聞かせてキャスト。前回良かったコースをトレースしても、反応が出ない
ならばと少しズラしたコースを引いて来ると

グン

待望のバイトが出て20cmのアジゲット
そこから2連チャンでヒットが続き、祭到来の期待が高まる

…が、その後のヒットが出るまでに少し時間が開き、なんとか2匹追加したところで反応がなくなった
残念ながら祭は終わってしまったようだ。潮もかなり引き、さすがにもう無理だろうと遅すぎる見切りを付け、空腹のおいらと相棒の腹を満たしに。まずは相棒。55リットル程がぶ飲み
おいらはラーメンで体を温める

さて…時間と潮を考えれば、前回ダメだった穴撃ちポイントを攻めて終了が現実的かな…""

途中何カ所か気になるポイントの様子をみたものの反応なしで穴撃ちポイントへ。今回は良い具合に潮が引いていて穴が近くにある。風もほとんどなし。あとはアジが入っているか…

何投かしたところでク…とバイト。上がって来たのは17cmほどのアジ。サイズは小さいけど、狙い通りのヒットは嬉しい

ここで何カ所かの穴を探って7匹アジを追加したところで反応がなくなり終了とした。


単純に数だけを考えれば、十分満足できる数なんだけど…
前回の爆発が頭にあるからとても物足りなく感じた
それって、随分と贅沢なんだよね
ま、爆発しなくても多少残っていてそれで遊べたんだから、読み通りといえば読み通りだな。

何にしても、新年早々に2回出撃できて、その2回とも十分お土産が出来たんだから、最高のスタートになったかな


…このあとの反動が恐いなぁ

本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI5

ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ アルテグラ 1000S改
ライン: フロロ2.5lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI12

本日の釣果
アジ 17cm~26cm ×21

本日の獲物
2013.01.01 元旦から釣り初め
「実家に帰ります」

新年早々、週末毎に釣りばかりしているおいらを見限って、嫁は子供を連れて実家に…

なんて事ではないんだけど、嫁と子供たちは元旦から3泊4日でばぁちゃんちへ。おいらはお留守番=自由だぁぁぁぁ

さて…どうしようかな…と思案する間もなく出撃の準備。手のComコンビからも出撃メールが来て、元旦から外房アジングが決定

昼過ぎまで家でごろごろして、いざ出撃
まだ明るい時間にポイントに到着するので、まずは水深のある大きめの港に。着いてみると、元旦だというのに岸壁にはズラリとサビキの竿が並び、ちょうど釣れ始めたところだとか。空いているスペースに入れてもらって、キャスト開始。ヒットレンジはかなり深めのようなので、底まで沈めてから巻き始める。暫く反応なく、コマセに狂ってルアーに反応しないかと思い始めた時にヒット
が、すぐにバラシ
それからまた暫くして同じ事の繰り返し

手のComコンビはどうなんだろうと電話をするも繋がらない。
…あれ

群れが入っているのはサビキでポンポン釣れているから間違いないけど、ルアーへの反応が悪いなら粘っても仕方がないので移動

で、お気に入りのポイントへ着くと、ちょうど上がる人に会ったので状況を聞く。反応はあるけど、2匹しか釣れなかったとか。しかも、他にも人が入っているのでどうかな…とのこと。ありゃ。

ま、やってみないと判らんべ…とポイントに近づくと、見覚えある後ろ姿
手のヒラアジさんに新年の挨拶もソコソコに状況を聞くとポツポツ釣れているらしい。Commyさんは、奥のポイントを調査中だとか。

ならばと少し離れた場所に入り、キャスト開始。
暫く反応がないところへCommyさんが奥から戻ってきた。状況を聞くと、ライズが結構あるのにルアーへの反応が悪いらしい。で、魚がいるのが判っているところでやってみるかと、入れ違いでポイントに入る事に。

ポイントに入ると、ライズがない。良い時間帯は過ぎたかと思いながら第1投。風と潮の流れに乗せてドリフト気味にルアーを流し、真ん中付近に来たところで…ティップが微かに入り、手元にも抵抗を感じたところで合わせる。見事ヒットで今年の初物ゲット
20cmのアジ。

今年の初物

第2投。着水後の巻き始めにヒット
同サイズ。

第3投。ほぼ巻き終わり、足元近くの常夜灯の明かりが強い辺りでヒット

更にヒットは連発し、ほぼワンキャストワンヒットで、あっという間にツ抜け達成

更に更にヒットは続き、あっさりと20匹超え

こりゃこの祭は本物だと、少し離れた場所にいた手のComコンビを呼びに行く。二人とも順調に釣っていたみたいだが、さすがに勢いの違いに驚きながらポイント移動

なんだけどぉ…

二人を呼んでポイントに戻ると、反応が嘘のようになくなり、なんとか数匹追加できた程度。手のヒラアジさんに至ってはバイトすらなし
何か申し訳ないことをしてしまった…

その後も暫く粘るも反応が良くなる事もなく、暫くポイントを休めるために先程まで手のComコンビが入っていた場所へ移動。

ここでポツポツと追加。サイズは、さっきまでのところより良いみたいで、25cmクラスも上がって来る。パターンを掴んでからは良いペースで、トータル30匹を超えた

が、そうそう良い状況は長続きせず、反応が薄くなる。ここで手のヒラアジさん達はクーラー満タンで強制終了
最高の釣り初めですな
とりあえず、デカカマスの様子を見て帰ることに。

おいらは出掛けにふと1サイズ大きいクーラーも持ってきた。まさかそれが必要になるなんて思わなかったんだけど。そんな訳でまだまだ大丈夫

さっきまでのポイントも休ませたことだし、そろそろ戻ってみるか…と戻ると、ビンゴ
また1投目からヒットして、これまたワンキャストワンヒット状態。途中なぜか1匹だけ20cm程のカマスが釣れたが、丁重にお帰り願う。で、あっさりと40匹まで数を伸ばす

サイズも良型が混じり、25cmが何匹も釣れる。それもワンキャストワンヒット状態で。これは楽し過ぎる。夜中に堤防の上で高笑い。冷静に考えると異様な光景だな

これまでこのポイントではソリッドティップのロッドを使っていた。目先を変える意味でもおニューのロッドに持ち替え、キャスト再開。これも数匹までは良いペースでヒットしてきたが、不覚にも1匹バラシた途端反応が悪くなる
しかも月も昇り始め、常夜灯の効かない所も少しずつ明るくなってきた
これでさらにペースが落ち、47匹釣ったところでパッタリと反応がなくなった。

気付けば、月は遥か上に昇り、潮も干潮近く。さすがに空腹と眠気も出てきたので、とりあえず休憩することに。食事して仮眠をとる間に、潮も上がって来るし魚も入って来る…といいな

仮眠とはいえ、真冬の車内は寒いだろうと寝袋持参。これが思った以上に快適で、アラームが鳴るまでぐっすり眠り過ぎ

当然のようにさっきまでのポイントに戻る。魚はいる…が、ワンキャストワンヒット状態になることはなく、散発するバイトを拾ってなんとか50匹超え。普通に考えれば、数もサイズも十分なんだけど、あの爆発力を体験した後だけに、とんでもない目標を掲げたくなる。まだ経験のない3桁超え。それを実現できるか…

なんて目論見を嘲笑うかのような反応のなさ。あの爆発力はどこに行ったの

ま、こんなもんだよね。上向かない反応に痺れを切らし、前回の穴撃ちポイントへ移動

移動のタイミングが遅過ぎたようで潮が上げてきて穴撃ちできず
ならば明け方の回遊に賭けようと粘るも、斜め気味に吹き付けてくる向かい風が強くなり、ラインがフケ過ぎてバイトどころかルアーがどこにあるかも判らない

そんな状況でもなんとか粘ったが、日も昇り、寒さと無反応にギブアップ


今日はタイムアップというものがなく、いつでもどこでも眠れるように寝袋持参。なので、これから寝て昼の時間を潰して夕マヅメから再度爆裂ポイントに入ろうと仮眠。目が覚めると、風で車の車体が揺すられるほどの強風
夕方には止むかと天気予報を見ると、風も波も強くなる予報。諦めて帰宅

数もサイズも、これ以上何を望むの?というくらい満足な釣り初めとなった。気になったのは、前半飛ばして後半尻すぼみになったこと。まぁ、これ以上を望むのはかなり贅沢な話だというのは十分理解しているんだけど…それでも、100超えしたかったなぁ…
釣り初めがこれだけ良いと、今年は良いことが多いと期待しちゃっても良いかな

何はともあれ、今年も沢山釣りたいぞぉ

本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI5

ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ アルテグラ 1000S改
ライン: フロロ2.5lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI12

本日の釣果
アジ 17cm~29cm ×51
カマス 20cm ×1


20リットルのクーラーの中


尺まで…


大型だけを並べて…


その残り…も十分大きい


2013初のつまみ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

あけましておめでとうございます
昨年は当ブログへお越し下さり、まことにありがとうございます。

本年も、相変わらず役に立たない駄文ばかりのブログになると思いますが、
呆れずにお付き合いいただけますと幸いです。

2013年、皆様に爆釣が訪れますよう心よりお祈りいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。