ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.27 横浜シャワー釣行
待ちに待ったGW

yuyaと久しぶりに外房アジングの計画を立て、いつものメンバーに出撃宣言。すると、逆に横浜メバパラ(沖堤)のお誘いが。メバパラ未経験のyuyaもリアクションバイト

んぢゃ、パラダイスに行こう~

当日は風が心配されたものの、渡船の時点ではさほどでもなく、問題なくメバパラへ渡る。手のヒラアジさんとCommyさんは1便早く渡り、暗くなるまでちょい投げするそうな。おいらとyuyaが次の便で渡ると、おいら達の他には1組いるだけのほぼ貸し切り状態

渡ってすぐに、大桟橋から大きな客船の出航があり、yuyaは大喜び。もちろんおいらも携帯を慌てて取り出しパシャっとな



明るいうちは反応無いだろうな…と思いながら、キャスト&リトリーブ。10分もしないうちに諦め、餌を分けてもらってちょい投げに変更

始めのうち魚信なく、やっと1匹ゲット。15cmほどのシロギス。次の魚信がなかなか出ず、堤防上をプチ移動。船道のカケアガリ付近で魚信は出てもなかなか乗らず。やっと乗せて追加したのは15cmのシロギス。そのまま暗くなるまで魚信は出ても乗らず追加なし。途中、手のヒラアジさんが近くに来て【集魚剤】を散布するも効果なし

yuyaはというと、シロギスには目もくれず、一心不乱にキャスト&リトリーブ。暗くなる前に20cmほどのメバルをゲット

空も段々と暮れていき、目の前にはこんな景色が。この景色はここに来ないと見られない

んだけど…

暗くなるにつれて、元々吹いていた風が強くなり波も大きくなってきた。時折、足元から飛沫が立ち上がるようになり、バイトどころかルアーがどこにいるかも分からないくらいになっている。

…突然。
 
 
ドッパ~ン



と大波が堤防に当たり、飛沫が頭から降ってきた。冷てぇ。
いや、冷てぇとか言っていられるからまだ良いけど
落ちるような事にはならんよね

それからは風も波も強く、みんな苦戦する中yuyaだけがなぜかメバルをぽつぽつと釣り上げる。なんでや


で…

またまた…



ドパドッパ~ン




と2度目の大飛沫。
しかも単発ではなく、何度か頭から被る羽目に
1回目のシャワーでウエアのフードを被っていなかったら、中までグショグショになるところだった

釣れない上に大シャワーを浴びてテンションは激下がり。この時点では早く帰りたいとしか思わなかった。あとで聞くと、この時うねりが堤防まで上がって来そうだったとか。そうなっていたらと思うとゾッとする

帰りたいと思ったって、迎えが来なけりゃ帰れない。半ばヤケクソ気味にキャストを繰り返す。このあとも何度かシャワーを浴びながら、やっとの事でバイトを捉えてちびメバルゲット

このころからほんの少しだけ風が弱まってきた…かな
更にちびメバルを追加し、その暫くあとに同じ様にテンションが変わり、聞いてみるとググン…と引いた。しっかり合わせると、ちびメバルとは違うトルクのある引き。ドラグを出しながらのファイトは銀色のあいつ
風が強いのでラインはPEではなくフロロを使っていたのだが、アジング用の2lbのまま
何度かの突っ込みでフックアウト(notラインブレイク)

そのすぐあとに、同じようにヒット。これもシーバス。何度かの突っ込みをかわし、足元まで寄せたところで、手のヒラアジさんにお願いして無事ネットイン。40cmはあるかな
さすがに2lbラインぢゃ抜き上げられないサイズだわ

その後、何故かパタパタとおいらにだけ連続でヒットしてシーバスを3匹追加。みんな同じようなサイズ。

暫くバイトがなく、少しポイントをずらしてまたヒット。ドラグを出すものの、さっきまでのフッコクラスではなさそう。無事ネットインしたのはシーバスではなくメバル。23cm位。このあとヒットなく、待ち焦がれたお迎えが来たので終了。
シャワーで冷えた身体を温めるためラーメン屋に一目散


予想に反して風が強くなり、バラダイスのはずが滝行をする羽目になるとは
陸っぱりでもこの風だったらきっと竿を畳んでギブアップしているだろうという中で、何度もバイトを取ることが出来たのは良い経験になったかな

でも、もう風の強い日に沖には渡らないぞ~


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロードSKR-T782AJI
リール: シマノ アルテグラ 1000S改
ライン: フロロ2lb
ジグヘッド: メバル弾丸2g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ ピンクラメ

本日の釣果
シーバス 35~45cm 4匹
メバル 12~23cm 3匹
シロギス 12~15cm 2匹


 
スポンサーサイト
2013.04.13 困ったさん
最近お疲れ気味の嫁のため、近場の温泉でも…と箱根までお出かけ。行きは東名&小田厚利用で大した渋滞もなく到着
温泉も堪能して夕方日没前には帰宅…のつもりで小田厚に乗ると、何と東名が事故で通行止めときた。

ふふん。

厚木の手前で下りて、家までは下道を使っても余裕で日没前には帰れるし~
と余裕ぶっこいてたら、超渋滞にはまり、わざわざ遠回りで海岸側に逃げてまた渋滞にはまって…なときにyuyaからメール。

「新しいロッド買っちゃった~」だと。

あ゛
それって、今夜出撃したいってことだよね
んぢゃ、この渋滞抜けて家に着いたら連絡するから待っとけや

で、行きの3倍の時間を使って帰宅
それから食事して21時半頃に出撃
ポイントはデートスポットで良いな

いつもより早い時間に入ると、周りにはまだまだかぽーが多い。そんな中をロッドを持って歩くオッサン二人。すれ違うかぽーの視線なんて気にしない

まずは前回yuyaがシーバスを連続で釣ったポイント。柳の下にシーバスがいるはずもなく無反応。挙げ句に大型の船が近くまで入ってきて水を撹拌。更にもう一隻

流石に連チャンでデカイエンジン音響かせてガバガバやられては厳しいので移動。港の奥の方へ。

途中、何人かのシーバス狙いのアングラーに様子を聞くも反応なしだとか。むむ…。

で、港奥の係留船の周りを攻める。すぐに反応が出たのはいいが乗らず。yuyaにも反応あり&一瞬だけヒット

二人ともアツくなり、ネチネチと船の際を攻める。反応は出るんだけど…結局乗せられず

そこから少しずつ移動しながら魚を探す。yuyaと離れて明かりと影との際を攻めると、足元近くまで来てくくん…とバイト。が乗らず
もう一度同じコースを通すと、同じ場所でググ…とバイトが出てヒット
引きからして15cmほどのメバルかな…
抜き上げようとして…

エアーリリース


その直後にyuyaから入魂メールが来る。
記念写真を撮ってやろうと向かうとリリース済み

そこからまた二人で並んでキャスト。二人ともショートバイトに悶絶する。
そんなことを繰り返しているうちに、yuyaがチーバチュをゲット。おいらはまだノーゲット

少し外側に移動して攻めるも無反応。翌日仕事のyuya。そろそろ時間が気になり始める。んぢゃ、戻りながらさっきの場所を叩いて上がろうかね…と今年初の【ボ】覚悟。

え。何

始めのシーバスポイントをもう一度回るの
大丈夫

大丈夫ならこっちは大歓迎

で、船の際を相変わらずネチネチと攻めながら戻る。

途中、てろてろとリトリーブする後ろをきゃいきゃい話しながら通過する3人組に気を取られた瞬間、この日一番のググンとティップが引き込まれるバイト。もちろん取り逃しましたが何か

ノーゲットのままエアーリリースの場所まで戻る。と、向こうからチーバチュ追加をわざわざ見せに来るyuya

けっ…とリトリーブして明暗の境に差し掛かったところでバイト。やっと乗せて抜き上げも成功。


【ボ】逃れのメバルちゃんは15cmほど。

翌日仕事なのに、まだ帰ろうと言わないyuya。ま、おいらは大歓迎だけど

この日一番反応の良かったポイントに戻る。yuyaに数秒遅れてキャスト。こういうときって、先にポイントを通したもんの勝ちだよな…と思った通りyuyaにヒット

即バラし

あ~あ…

ポイント見事に潰しやがった
その後は全く反応なし

少し移動して、最初のポイントに入る。結局ここでも追加なく終了。

時間を見ようと携帯を持つと、メール着信あり。

誰から

yuyaから



「困ったさん延長入りました」



これ、嫁さん宛てのメール


え~っと…

困ったさんって、おいら
yuya夫婦では、おいらを「困ったさん」と…

へぇ…

で、延長はおいらのせい


あれぇ~


yuya嫁さ~ん、この日の延長はyuyaの自主的な延長だからね~
ま、帰ると言ったところでおいらも帰さなかったけど~


いずれにしても、週末の度にいそいそと出かける二人ともがそれぞれの家庭の困ったさんだわな

オチがついたところで…


毎度(出撃許可)あざーす



本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ ピンクラメ


本日の釣果
メバル 15cm 1匹


 
2013.04.05 荒れる前に…
爆弾低気圧の通過で大荒れが予想される週末。諦めて家でおとなしくしているつもりだったんだけど…荒れるのは土曜の夜からとか。

ならば、荒れる前に近場で遊んでくるかと出撃。yuyaも出撃。

まずは最近お気に入りの近場ポイント。ベストポジションには餌釣りの先行者あり。様子を聞くと、ちびメバルとそこそこサイズのカサゴが上がったとか。

少し離れたところで始める…が、反応ナッシング。際やら何やらねちねちと攻めて、たまにショートバイトが出る程度。

潮が上がって来れば…と微かな期待を持ったものの、一向に反応は上向かない。諦めて移動することに

この時点で、二人ともゲットなし。

次に入ったのは、この時期上向くデートスポット。まずは明かりの射し込む船の際を攻める。反応なし。その周囲をねちねちと攻めている間に、暗めの沖を攻めていたyuyaが魚をぶら下げて来た
20cmほどのチーバチュ。

そのままねちねちと攻め続けていると、またyuyaが魚をぶら下げて来た。今度は40cmほどのシーバス。サイズが大きかったのでこっちに声をかけていたのだが、おいらが気付かなかったので抜き上げたそうな。そりゃスマンかった

どうやら群がいるみたいだねとそちらに移動。レンジは底ベッタリとのことで、がっちり着底を待ち、ゆっくりリトリーブ。時折トゥイッチやら上へ跳ね上げたりとアクションを織り交ぜる。が、反応ナッシング。

その横でバイトを合わせられなかったと悔しがるyuya。魚探センサーが復活してきたかな

そのあともおいらに反応がない中、yuyaには反応がありもう1匹追加。何でぇ…

その答えは暫くして判明。魚探センサーは復活しても、レンジの表示が壊れてやがった
yuyaが攻めていたレンジは底ではなくちょうど真ん中付近。おいらはヒットレンジの遥か下を攻めていたことになる。
それに気づいた時にはyuyaにも反応がなくなっていた。

時間もなかなか良い時間。潮も上げ切り、下げに入る。このタイミングで本命ポイントへ。



なんとも渋い


ショートバイトは出るんだけど、ヒットまでに持ち込めない。

いよいよ今年初の【ボ】を覚悟した頃に、ショートバイトではあるけれど、連続で反応が出るポイントに行き当たり…3回目のバイトでやっとヒットさせることに成功
上がってきたのは20cmほどのチーバチュだけど嬉しいことこの上ない。写真を撮ってリリース。



次のキャストでもヒットさせたものの途中でバラし
一度バラしたら途端に反応がなくなった

気がつけばそろそろ空が明るくなりそうな時間。いい加減上がろうということになり、泣きの3キャスト。2投目に今までで一番良いバイトが出たのに、油断して合わせ損ね
ラストの淡い期待虚しく反応なしで本当に終了。

近場で短時間のつもりが、気がつけばもうすぐミラーマンが立つぞな時間まで遊んでしまった

やれやれ


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸2g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ ピンクラメ


本日の釣果
シーバス 20cm 1匹


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。