ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.25 ポリエステルラインに苦戦
近所の釣り具屋で、三崎でアジが上がりはじめたという情報をゲット。サビキでの釣果だけど、サイズ的にアジングで狙えるとのこと。んぢゃ、行ってみようかね。

最近いつも一緒のyuyaはお仕事なので久しぶりの単独出撃

暗くなる前に三崎に到着。暫く周りをぶらぶらしながらサビキ釣りをしている人達の様子を見る。アジどころか、イワシが釣れている様子もなし。

…あれ

すぐ近くの釣り具屋に入り情報を仕入れる。アジはまだ入っている様子はなく、イワシと小鯖がこの日辺りからやっと入って来たそうな。

…あれれ

ま、アジ以外も何かしらは釣れるでしょ、と日が暮れる前に最初のポイントに入る。風は横から吹いている状況。でも、この前の沖堤に比べたらかわいいもん

前日の仕事帰りに立ち寄った別の釣り具屋で、最近気になっていたポリエステルラインを購入。強度は1.05lb。これで尺アジとも十分闘えるそうな。

で、この風程度ではフケる事もない。まぁこの辺はフロロでもあまり変わらんだろうけど。ただ、細くてしなやかなのは風の中軽いリグを扱うには助かるかな。

ふと、ドラグチェック…とラインをつまんで軽く引っ張った途端、プチッと切れたドラグを強めにしていたのが悪いんだが…こんなにあっさり切れるとは思わなかった。

さて、魚はというと、予想通りというか…反応なし。
ポイントを替えてアオリを狙ってみるも、こちらも反応なし

更にポイントを変更。係留船も多く、常夜灯が煌々と水面を照らしている。足元に10cm程度の群れがいる。豆アジ
期待を込めてキャスト。ワームの後をついて来る姿は見えるが…と、ツンとバイト。乗らず。

何投かしたあとに、足元でワームをチョンチョンと踊らせるとヒット
すぐに抜き上げられたシルエットはアジではないような…



上がってきたのは10cm程のムツっ子。その後、足元でチョンチョンとしたり、キャストしてマイクロワインドやただ巻きでもヒット。ただ巻きでのバイトはかなり出るがなかなか乗らず。ショートバイトを今までより多く拾っているのか、単に魚の食いつきが悪いのかは判断できず。

バイトはほぼ毎キャスト出てもなかなか掛からない。小物釣りの醍醐味についついアツくなる。が、いい加減、ちびちびムツっ子をツ抜けしたところで移動。

腹ごしらえをして次に向かったのは、流れに面した小さな漁港。奥のスロープに常夜灯が当たり良い雰囲気。ベイトが入り込んでいれば期待できるかな…と思ったもののベイトっ気なし。

何投かしてはこまめに平行移動する。何度目かの移動後、スロープの切れ目の少し沖で、ツンとバイト。次のキャストでも同じ場所でバイトが出てヒットさっきのムツっ子よりは引きが強いが小さそう。慎重にスロープを引きずり上がってきたのは赤いアイツ

そのあと同じ場所で赤いのを2匹追加。でも、他の魚の気配はなし。移動

次に入ったのはその漁港のすぐ近くにある、流れに面したスロープ。回遊があれば面白そうなポイント。

流れの下流側から少しずつ移動しながらキャストを繰り返す。全く反応なく岸壁際まで来たところでコン!とショートバイト。乗らず。

これまでほとんどトラブルがなかったラインがここから怒涛のトラブル連発
キャスト時にリリースのタイミングを誤り高切れ2回。更に根掛かったらあっさりブチっと切れること数回。その度にリグを組むから時間のロスが…

まぁ、キャストの高切れも根掛かりも、自分が気をつけることでかなり回避出来ると思うけど

結局、ここではショートバイトにからかわれただけでノーゲット
翌日小僧様とプチお出かけの約束があるので、最後にもう1ヶ所だけ回って帰宅。最後のポイントも当然のように異常なし


ポリエステルラインの使い心地は、まだなんとも…かな。風の中での使い心地はフロロより良いかも知れない。強度が1lbほどしかないので、まともなサイズの魚が掛かったときにどう感じるか…だね。
PEも慣れるまではいろいろトラブルを起こしたけど、今は普通に使ってることを考えると、そうなるまでいろいろと試しながら慣れていくしかないかな



本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ アルテグラ改 1000S
ライン: VARIVAS アジングマスター 0.2号 (1.05lb)
リーダー: フロロ1号(4lb)
ジグヘッド: メバル弾丸1g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ グロー赤ラメ


本日の釣果
ムツ 10cm前後 12匹
ネンブツダイ 15cm前後 3匹


 
スポンサーサイト
2013.05.18 雨で柳も消え去った…?
話は火曜日の夜に遡る。翌日休みのyuyaはデートスポットに出撃して祭に遭遇。かなり楽しめたらしい。

で、週末。

ほとんど休みのない娘の部活動が休みということで、この週末は家族サービスを考えていた。んだけど、朝のうち嫁の体調が悪くお出かけなしに。復活した昼過ぎに、単独出撃許可をくれたので、yuyaに突発の迷惑メールを投げる

さすがに無理の返事が来ると思ってたら、夜からならOKの返事
しかも、その時間に前回のデートスポットを散歩中で、ベイトがたくさん残っているとか。

単独でアジング遠征も考えたけど、それなら近場を何箇所か回ってデートスポットに行くかと話はまとまった。果して柳の下に泥鰌は残っているのかな…
2日前の雨の影響は…

いざ夕方。出撃直前の娘のお願い攻撃に時間をとられ、それをクリアしたと思ったら、小僧様の鉄壁ディフェンスに遭遇。普段聞き分けがいい小僧様がカテナチオをかける
おかげで予定よりずっと遅くの出撃となり、先週と同じコースを辿ることに

最初のポイント。

この日は最初からハードとソフトの二刀流。調子の良いときには、おいらがのんびりタックルの準備をしている間にyuyaがとっとと釣り上げる…なんて事もあるが、この日は反応なっしんぐ

悪くても、鉄板の岸壁際を引いて来れば、小さいやつのショートバイトくらい出るんだけど…異常なし

で、それなら沖に期待を込めてキャスト。上のレンジから少しずつ沈めていき反応を探る。

と…

もっさりとテンションがかかりすぐ抜けてトンとまるでイカパンチを喰らったような感触。そのまま巻きつづけると、ティップが入ってヒット。軽くドラグを鳴らしながらのファイトでちびっこシーバスかと思ったら、23cm位のメバルだった。最近には珍しくyuyaより先にゲット

いつの間にか足元に猫が寄ってきておねだりする。可愛いのであげても良いんだけど…ちと君にはでかくないか

このメバルは、近くの餌師に進呈

そのあとすぐに同じレンジでyuyaにも反応あり。残念ながらすっぽ抜け

足元にはさっきの猫がすりすりと媚びを売りつつプレッシャーをかける。釣れる人間を解っているらしい
小さいのが上がったらあげるからいい子に待つんだぞ

その後何度かの反応を取りこぼした後にやっとヒット。これまたちびではなく20cm程で猫はおすそ分けをもらえず

潮止まり直前となり反応は忘れた頃に出るものの数を伸ばせず。満潮からの下げ始めからの祭に微かな期待を込めて移動。

移動したポイントでは、yuyaの事前情報通りベイトが入っているようでそれらしい波紋が何箇所かで出ている。

既にメバルをゲットしたおいらは、前回のシンペンリベンジを目論む。前回よりワンサイズ小さい4cmのシンペンをセレクト。キャストしてすぐにショートバイトが出る…が乗らず

更にキャストを続けていたところ、yuyaが魚をぶら下げてやって来た。20cm位のチーバチュ。

おいらのシンペンにはあまり反応が出ない。が、yuyaのワームにはそこそこ反応があるらしい。

潮は下げ始め…そろそろ祭が始まるかな…

…もう少ししてからかな


……そろそろかな



………まだかな~



今日はないみたいだね

それでも、時たま水面にライズが出る。
yuyaはうまいことその付近を通してチーバチュの数を伸ばす。

おいらはハードルアーで反応なく、ソフトルアーを投げても反応なし。翌日仕事のyuyaはショートバイトに熱くなり、まだ帰ろうとも言わずにキャスト&リトリーブを繰り返す

結局、二人ともそのあとが続かず
いい加減諦めて終了。

やっぱり前々日の雨で状況が変わったかな…
柳の下に…というより、柳がなくなった感じ


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ ピンクラメ


メバル 20~23cm 2匹

 
2013.05.10 横浜デートスポットフィッシング
週末土曜の天気は悪い予報
ならば金曜夜から出撃しちゃえば良いんだ

ってことで、yuyaと一緒に…


いってみよぉ~


すいません。某所の真似しちゃいました

まずは最近yuyaもお気に入りのあそこから

おいらは新たなる快楽を求めて緊縛プレイに挑戦。おらおら…固いのが欲しいか…とか言いながら(んな訳ない)ハードルアーだけを投げ続ける
ミノーやらポッパーやらメタルバイブやらを投げまくる…が、反応なし

yuyaはいつものようにお気に入りワームを使用。反応はあるけど、あまり良くないみたい。

で、このポイントを諦めデートスポットへ移動

まず寄ったのは常夜灯と船の影がコントラストを作り出すポイント。さすがデートスポット
かぽーでフイッシングの先行者あり

邪魔しないように離れたところを攻める。ここでポッパーを投げた時に、一度だけ水面に波紋が出たがミスバイト
出る瞬間が見えただけに残念。

本命ポイントへ移動。チーバチュくらいは遊んでくれる…よね

緊縛プレイは継続中。係留船や岸壁の際にシンペンを通す…と、コンっとショートバイト。

そのあともいろんなコースを通すと、コンっとかトンといったショートバイトが出る。けど乗ることはない。むむ…

ショートバイトにからかわれ続け、気がつけば予定を大きく超えて空がうっすらと明るくなってきた
ミラーマンが立つ前には帰らねば

で、最後の最後にワームに換えてチーバチュをゲット。かろうじてボを免れたところで終了~。

やれやれ


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロードSKR-T782AJI
リール: シマノ アルテグラ 1000S改
ライン: フロロ2lb
ジグヘッド: メバル弾丸1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ ピンクラメ

本日の釣果
シーバス 20cm程 1匹
2013.05.04 ライトルアー船でバクバク♪

GWもあっという間に後半
釣りを満喫してないぞ~

って事で開幕からバリバリ釣れているらしい相模湾のライトルアー船で魚の引きを堪能するのだ
と出撃。

yuya
ちゃんと助手席に積んで運んでますが何か

お世話になったのは平塚の浅八丸さん。ライトルアー船は3時間の短時間で\3500とリーズナブル。一日二便(午前、午後)体制で出船中。

午前便は既に予約一杯になっていたので必然的に午後便に。行きの道中の大渋滞を心配し、早めの早めに出発したら、そのまま早めの早めに到着
おかげでミヨシを確保

船宿でのんびり待機していよいよ出船。10分程走って最初のポイントに到着。開始のアナウンスでジグ投入。レンジは水深20m。20m付近までフォールさせると、ティップにトンという感触が伝わり、ラインが止まった。すぐに合わせてファイト開始

周りの中ではファーストヒットだぁ
と抜き上げると、お約束のエアーリリース

その時はyuyaにもヒットしファイト中。気を取り直してジグ投入。またフォール中にヒットして今度こそゲット
今年最初の沖鯖は40cmの立派なサイズ。

その頃yuyaは、鯖に走られたお隣りさんとフェスティバル発生。いや、オマツリ中

魚の群れはやる気があるんだかないんだか。ヒットするのはほぼフォール中なんだけど、3、4匹ヒットしたあとは反応がなくなる。群れが喰いながら移動してるなら、船もそれを追えばまた直ぐにヒットするんだろうけど、そういう状況でもないみたい。

反応が悪くなると少し移動して別の群れを捕まえて…の繰り返し。後半に何とかまとまった群れを捕まえて数を伸ばせたかな
2本のフックにそれぞれ鯖がヒットしたのも1回あったし

この日は鯖のサイズが大きく、引きも十分堪能出来た。50cmを超えるのも何本も上がった

yuyaは何度かお隣りさんとのフェスティバルを発生させ、時間をロスしながらも後半怒涛の連続キャッチを見せ、20本は確実に超えた…状況。おいらは隣のフェスティバルを横目に数を伸ばせたから更に釣ってるはず…。エアーリリースもたくさんあるけど

鯖を十分堪能したので、最後の30分はハモノ狙いをしようと船長が提案。皆異存ないようでハモノ狙いをする。とは言え、タックルは変わらないんだけど
ここでは船中で何本かホウボウが上がったようだけど、おいら達にはヒットなしでタイムアップ。

沖上がり後に数えてみると二人仲良く30匹超え。yuyaにかなり差をつけていたように思ったけど、エアーリリースが響いたみたいで大差なし

たった3時間なのに、しゃくって巻いてファイトして…。ほとんど休みなしだから、かなりヘロヘロに
通常の時間なんかやったら暫く動けないかもね


超が付く安・近・短でお土産はほぼ確実。運が良ければ大爆釣でクーラー満タン。オフショア未経験なら、まずは手持ちのタックルで一度行ってみては
今年は今のところかなり安定した釣果が続いているみたいだし…

ライトルアー、いつ行くの

今でしょ


本日のタックル
ロッド : GALEO'N Leavers65
リール: ダイワ ラウル 早技 150L
ライン: PE 1号
ルアー: ジャクソン ギャロップ 60g H/IW イワシ

本日の釣果
サバ 40~50cm 36匹

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。