ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.27 ショゴもアジも…
もうすぐ8月に突入。なのに、今年はまだショゴたんを釣り上げていない。メッキと出会う前にショゴたんに会いたいぞぉ

午前中野暮用をこなしてからの出発。いつものようにyuyaを積み、外房に着いたのは16時過ぎ。


最初に入ったのは、前回単独で来たときも最初に入った港。前回の失敗を踏まえ、岸壁を注意して探すと、20cmのショゴを発見。ハンドメイドジャークベイト1インチをキャストするも反応せず

スロープを絨毯爆撃すると、ルアーの向こうに15cm程の3匹の姿を確認。これも再キャスト以降知らんぷり

そのままスロープの端まで行き、ルアーをワームに替えて元の場所まで戻る。途中、トゥイッチを繰り返すワームにツンとバイトが出たが乗らず。バイトが出た付近を見ると、先程の15cm程の群れ。これまた再キャスト以降知らんぷり

姿は見えても、なかなか反応しないツンデレぶりに悶絶しつつも諦めて移動。あとの事を考え、北に上がる。

次に入ったのは、手のヒラアジさんから情報をいただいた港。アジングのお気に入りポイントのすぐ近く。港に着くと、手のヒラアジさんに遭遇。Commyさん、青服さんも一緒
状況を聞くと、なかなかのショゴの群れがいたそうで…。

「虐め過ぎちゃったかなぁ~てへペロ」


な ん で す と 


…虐められ過ぎたショゴはおいら達と遊んでくれる事もなく…日没を迎えショゴの部終了


さぁ、切り替えてアジングだぁ

まずはいつものお気に入りポイントに入る。手前も、奥の元旦爆裂ポイントも反応なし…むむ…

お気に入りポイントなので、ついつい時間をかけてしまう…。と、yuyaに待望のヒット
サイズはあまり大きくなさそうだけど…

上がってきたのはアジではなく、赤いアイツ
しかもかなり小さい。全長はワームと同じくらい
なかなか釣り上げるのは難しいサイズを釣り上げるとは、さすがネンブツマスター

んで、その後は反応なし。空腹ギブアップで、近くのラーメン屋に入り至福のひととき


次に入ったのは、2週間前に幸せを味わったポイント。入ると、先行者あり。状況を聞くと渋い…とか。空いている場所に入れてもらいキャスト開始。



……

………反応なし。少し離れた所でやっていた一人が釣り上げるのを見たが、おいら達の前までは入ってきていないのかな…反応がないので、普段入らない港の反対側が気になり移動。そちらにも先行者あり。状況はさっきの場所よりは良さそう。



……これまた反応なし

翌日仕事のyuyaのタイムアップがじりじりと近づく。完封負けを覚悟し始めながら、さらに奥のスロープに移動。

スロープの切れ目にキャストすると、いきなりゴンとバイトが出てヒットなんだ。こっちにいたのね…

が、すぐにバラし

あとから来たyuyaが、それを見て横からひょいっとキャスト&ヒット
密かにバラせ光線を発射するも効果なく、yuyaは本命ゲット

ま、そんなパタパタとバイトが出るならすぐに次が来るだろう…とキャスト再開。ところが、すぐにバイトは出ず、ほんのワンチャンスだったか…とさっきのバラしを嘆き始めた頃にまたまたゴンとバイトが出てヒット。バレないように祈りながら取り込んだのは20cmを軽く越えている良型のアジ。

そこからまたしばらく反応がなくなり、移動を考え始めた頃にヒット
これまたすぐにバラし

その横からまたyuyaがひょいっとキャストしてヒット
なんだよぉ~

反応が続かないのは港内を回遊してるから
回遊待ちも良いけど、前回の爆釣ポイントがやっぱり気になる
そこで一旦戻ると、先行者はいなくなっている。ってことは…の予想通り反応なし。

で、結局さっきのポイントに戻る。と、すぐにヒット
1匹目よりもナイスサイズのようだ。無事ランディング成功で、yuyaに並んだ…と思ったら、yuyaがまたまた横からひょいっとキャスト&ヒット
本当に何なんだよぉ~

そのあとがやっぱり続かず、次が最後と決めて移動。道沿いの小さな港に入る。

2、3匹釣れれば御の字だな…の予想通り反応なし。そろそろ諦めて帰ろうか…と思ったときにヒット
これも20cm

反応が出たもんだからついつい粘る馬鹿二人。結局、そのあと反応なっしんぐ。いい加減諦めて終了


2週間も違えば状況は全く変わるんだろうけど…渋かった~。なんとか「ボ」だけは回避できただけでも良しとしないといけないかな。

ショゴも釣れず、アジも辛うじて…なダメダメっぷり。たまにはこんなときもある…かな。


翌日捌いたアジの胃袋からは5cm程のボラが出てきた。

…もしかして、ミノーが正解だったかな


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVAX 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: rains アジアダー UVシラウオオールスター


本日の釣果
アジ 22cm~26cm ×3







 
スポンサーサイト
2013.07.20 夏なのに…?
以前からこの日はyuyaと外房に行くつもりで出撃の算段も出来上がっていた。

んだけど…

間の悪い事に、嫁がダウンで出撃諦め
ま、ここで出撃したら、帰ったときには家に誰もいなくなってるわな
yuyaにもごめんを送る。

ところが、夜になり一気に復活し、遅くなったけど出撃許可が出た。yuyaを誘うとこれまた乗ってきた
流石に外房は行って帰ってくるだけになるので、三浦方面へアジ探索に。馬鹿二人を乗せて車は横横道路をひた走る

最初に入ったのは、1月にTATさんが謎の大物を取り逃がした漁港。沖にはアジのポイントがあるし、毎年夏にはアジの釣果もあるらしい。

着いた途端、岸壁のサビキ釣りでアジが釣れているのを確認。サイズは小さいが、読みは当たったかな…

早速、近くの常夜灯下でキャスト開始
するとすぐに釣れた

…yuyaに
釣れたのはアジではなくエンピツだけど

エンピツの猛襲が来るかと思いきや、そのあと反応なし。しばらくしてムツっ子が1匹釣れただけ。

…yuyaに

常夜灯周りを一通り回って見るも反応なし。奥のスロープに下りてみる。TATさん達を案内したときには、そこそこ良いサイズのメバルが出たが、さすがにこの時期は厳しいかな…。

代わりにアジが入っている事を期待してキャスト。反応なし。少しずれてキャストし、スロープエッジ付近まで巻いて来たときに、微かなバイト。合わせると、グングンという力強い引き。ラインはポリエステルの0.2号なので緩めにしているドラグは鳴りっ放し

なんとかズリ上げたのは、20cmのメバル
この時期にこのサイズが釣れるとは思わなかった。

その後スロープを絨毯爆撃しても反応なし。メバルを釣った付近まで戻ったときに、yuyaに冬もこの辺が良かったと教えると悪あがきの1キャスト
で、まんまと20cmほどのメバルをゲット
あがいてみるもんだねぇ

すぐ隣の港ではノーゲット。足元を泳いでいるのはアジっぽいんだけどなぁ…

次に入ったのは、滅多に寄らないポイント。理由は、通りから入る場所が良く判らないから
ナビを頼りに迷いながらも到着。

常夜灯が照らす岸壁には餌釣りの先客。しかもアジゲット。1匹だけだけど。

港奥のスロープを攻めると、コツッ…とショートバイト。正体は恐らくアイツだろうと思いながらも、確かめないと…。ま、要は釣りたいわけで
yuyaも同じようにショートバイトに弄ばれている。恐らくアイツだろうと同じ見解。

でもね。

時折ボラともアイツとも違うライズが出るのよね。セイゴメバル
とりあえず、アジではなさそう。

ま、とにかく釣らないことには判らんべ、とスロープを絨毯爆撃。軽く沈めてゆっくりとリトリーブ。

グ…と押さえ込むようなバイトにほんの少しだけラインにテンションをかける。次の瞬間、グングンとさっきのメバルよりも力強い引きにちょっと焦る。何せラインはポリエステルの0.2号。強引なやり取りは出来ない。何度かの突っ込みにもブレイクせず、なんとかスロープへズリ上げ成功

上がってきたのはクロダイ。カイズですな。20cmほど。狙って釣れないのに、釣れるときはアジ狙いのときってのはなんでだろう

そんなもんが釣れて、まだ時折怪しいボイルも出ているので、気合いの入ったキャストを続ける。が、そのあとはショートバイトに弄ばれただけで追加なし。もう一カ所覗いたところで、さすがに電池切れで終了。


アジ探索…入っているのは確認できたけど、微妙にハズレ。でも、そろそろ近場でもアジが狙えるようになってきたかな


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ アルテグラ改 1000S
ライン: VARIVAS アジングマスター 0.2号 (1.05lb)
リーダー: フロロ1号(4lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジ爆ヘッド 1g
ワーム:rains アジミート スーパーグローオールスター

本日の釣果
メバル 22cm 1匹
クロダイ 21cm 1匹


yuyaからいただいた獲物も一緒に


 
2013.07.12 外房ショゴ探索&アジング
一週間の休暇をとり、前半は家事三昧(って程家事しまくってもないか)。そのご褒美という訳でもないが、金曜日に出撃許可をもらい外房に出撃

最初に入ったのは意外とメッキで良い思いをしている港。着いてみると、沖からの強風の影響か、かなりの濁りが入っている。

奥のスロープまで岸壁を歩きながらショゴの着いていそうなものを探す。と、20m程の沖に大きめの流れ藻を見つけた。ハンドメイドジャークベイト1インチをその流れ藻の向こうにキャスト。ちょこまかと動かしながら流れ藻の横を通過させる。が、ショゴが飛び出して来ることもなく
さらに、手前の小さな流れ藻から逃げるように飛び出す影。20cmほどのショゴがおいらに気づいたらしい

やれやれ。

その後に入ったスロープも、その向こうの岸壁も異常なし。

諦めて移動。

次に入ったのは規模の大きな港。これまたスロープ周りでは何度も良い思いをしている。けど、ここも異常なし。次

次は、昨年ポッパーで至福の時間が過ごせた筈なのにさそり座の女に邪魔されたポイント
スロープ横の岸壁から、スロープエッジを通すようにキャスト&リトリーブ。足元まで来たときに、スロープの上から突進してくる影。もう巻き切って移動できないルアーにメンチを切って退散

すぐさまショゴの去って行った方向へキャスト。反応はするものの、あっさりと見切られる。厳しい

ディープダイバーに換えて同じようにスロープエッジを通すと、先程の群だけでなく、別方向からも群がやって来た。けどどっちもバイトまで至らず

そこから一気に南に下り、めぼしいポイントを回るもどこも濁りが入っているせいか反応なし。北上しながら反応のあったポイントに戻ってもエンピツカマスだけ。

結局、ショゴをゲットできないまま日没ゲームセット

で、第2ラウンドのアジングに突入。途中何カ所か気にしながら、お気に入りのポイントに到着。まずは手前のスロープから。早速アジからのコンタクトが…ない。全くない
スロープを一通り横に移動しながらキャストを繰り返すが、異常なし。

ならばと元旦に良い思いをした奥に入ってみると、足元にアジらしき姿を確認。こっちにいたのね~とキャストしても全く反応なし。でも姿は見えている。むむ…

試しに足元付近で水面を漂うようにしていると、下から一気に飛び付いてきてヒット
15cm程のアジ。なるほど。水面を漂わせれば良いのかな…とジグヘッドを軽くし、水面を漂わせる。が、これも正解ではなかったようで、反応上がらず。あれこれやってもダメなので移動。

次に入ったのは、近くの小さな漁港。入ってしばらくしてショートバイトが出て、その何投かあとにヒット
これも15cm程。

その後もぽつぽつと反応はあるもののショートバイトばかりで乗せられず。その反応もなくなったので移動。

次に入ったのは、最近何かと気にしながらもいつも素通りしていたポイント。理由は簡単。近くで良い思いをすることが多いから、滅多に回らない。たまに入っても、ぽつぽつと釣れるけど数が伸びない。ま、小さいポイントだから、数が伸びないのはしかたないけど。

で、今回はまだぽつぽつすら釣れていない。なんとかぽつぽつお土産を確保させてもらって帰れれば…
の思いで入ってみる。

入って2投目。いきなりロッドが引ったくられるようなバイトが出てヒット。相変わらず0.2号のポリエステルラインなので走られながらのファイト。上がってきたのは、20cmのアジ。このサイズだと、このタックルでのファイトは楽しい。

その後もすぐにヒットして同じサイズのアジをゲット。さらに追加…とぽつぽつどころか爆発の予感。

ところが…

何匹か追加したあとに、今までより強い引きが出る。合わせ切れが起きない程度のドラグ調整にはなっていたんだけど…急な突っ込みでフッとテンションが抜けた
リーダーの結び目からさようなら

システムを組み直し再開。バイトは飽きない程度に続き、反応が悪くなったら少しずれるとまた釣れる状況が続く。

が。

またも良さ気なサイズのファイト中にリーダーの結び目から抜けた
再度システムを組み直す気になれず、タックルを交換。キャロ用に用意していたタックルからシンカーを外し、ジグヘッドリグに換えて再開。

これが正解

20cmのアジばかりなので、手返しが格段に良くなった。活性が高いようでバイトはみんなゴゴンといったものばかり。その前魚信が出ることも多いので、ほとんどのバイトを掛け、一気にぶっこ抜く。連続ヒットもざらで、このまま続けばもしかしたら元旦越え達成か…と思いはじめた頃、さすがに反応が悪くなってきた。

立ち位置を変え、船道の中心付近、レンジを深くしたところまたバイトが出始め、祭は更に続いた。が、その反応も長くは続かず、流石に終わりかな…と思いはじめる。今度は船道の端側で水面直下を攻めると、またまた連続でヒット。まだまだ祭は続きそう

そのまま同じ場所でキャストを続ける。少しテンションが掛かったようなバイトにしっかり合わせる。と、今までのアジより重い。ヒラセイゴでも掛けたかなと思ったが、そんな引きではない。もしかして「大藻の」掛けたかぁでも引いてるよな…

と頭の中がだらけになった頃スロープをズリ上げる。シルエットがなんだか魚っぽくないような…
なんかブシュブシュ言ってる…
変な軟体生物を引っ掛けたか…と恐る恐るズリ上げた物体を見ると…足が10本付いている。アオリだぁ
ワームでイカを釣ったのは初めてなので嬉しい。

ワームではお初


相変わらず一カ所の反応が悪くなったら少しずれてレンジを変えれば反応が出る。底付近でフワフワと小さめのリフト&フォールを繰り返すとなかなか良い反応が続いた。

ここで更に重いのがヒット。今度こそヒラセイゴか…と思ったが、トルクはあっても暴れる様子もない。

で…ズリ上げてみたら…


まさかのアオリ追加。しかもkgオーバー

まさかの…

実はkgオーバーはエギングでも釣り上げた記憶はない。
無茶苦茶嬉しい

その後も怒涛のバイト出まくり…ではないものの、飽きない程度にバイトが出る状況が続いた。開始から4時間近く続いたかな
粘ればまだまだ数を伸ばせそうだったけど、クーラー満杯&小僧様と遊ぶための体力温存のため終了。


元旦以上に釣れたか…と数えたら、アジは38匹だった。元旦は大きいクーラーに移して釣り続けたのに、今回はクーラー満杯で止めたんだから超えないわな
でも、アオリが2杯にエンピツ2ダースも追加すると、トータル引数では元旦越え達成
ショゴたんはゲット出来なかったけど、大満足の釣行となった。


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing Limited 610L
リール: シマノ アルテグラ改 1000S
ライン: VARIVAS アジングマスター 0.2号 (1.05lb)
リーダー: フロロ1号(4lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー1g
ワーム:rains アジアダー UVシラウオオールスター

ロッド : メジャークラフト スカイロードSKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)+フロロ1号
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー1.5g
ワーム:rains アジアダー 瀬戸内ちりめん

本日の釣果
アジ 15~28cm 38匹
アオリイカ 450g~1.1kg 2杯
エンピツカマス 2ダース


近所におすそ分けした残り


アジとアオリの握り

他にも、たたきになめろう、ゴマアジにアジフライ、イカ刺しにイカのガーリックバター炒め…アジイカ尽くしに連日舌鼓
あぁ…シ・ア・ワ・セ


 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。