ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.30 アジに始まりアジに終わる
あっという間に1年が過ぎ、竿納めのとき。気持ち良く納めるには、まだ続いてるらしいあそこでアジ祭りを堪能し、その後にでかカマスを…と皮算用。

出撃直前にバタバタして、予定より2時間程遅れてポイントに到着。先にポイントに入っていた手のヒラアジさんに状況を聞くと、もう祭りが始まってるらしい。既に十分お土産を確保したとのことで、駆け付け3杯ならぬ駆け付け6匹のアジをいただき(押し付けられ)、おいらも祭りに参加すべくキャスト開始

すぐに反応が出て20cmのアジをゲット
ここから、祭りを堪能
ほぼ1キャスト1バイト状態。バイトはほとんどがフォール中に出る。それも、コンとかツンなんてのはほとんどなく、フォール中のテンションが微妙に変わる程度。このバイトを検知して掛けるのが最高に楽しい

1時間ほど祭りに参加したところで日没。辺りは真っ暗になり、ほぼ同時にバイトは遠退いた。手のヒラアジさんはさっさとでかカマス狙いにチェンジして移動。おいらは乗り遅れた祭りに未練たらたらでもう少し粘る事に。…でもその後反応が上がることなく数匹追加したのみ。

いい加減見切りを付け、手のヒラアジさんと再合流。でかカマスを狙う。状況を聞くと、1本でかいのを抜き上げ時に落としちゃったとか
ならばと勇んでキャスト開始

…が、反応がない。手のヒラアジさんには、たまに反応があるみたいだけど、ゲットまで至らず

で、ついつい足元のライズに反応し、足元から数匹のアジを抜き上げたところで、手のヒラアジさんに待望のカマスヒット
なんだけど、またバラし
カマスのヒットを見たらアジングからカマスタックルに変える現金者一名
でも、そんな奴には反応なし

そんなダメダメな二人に風が冷たく吹き付ける。一度流れを変えるつもりでラーメンタイム突入
茹で過ぎのデロデロな麺を啜り身体を温める。


ポイントに戻り、キャスト再開。暫くして、手のヒラアジさんがでかカマスゲット。なかなかのでっぷりサイズ。ここに至るまで何回もバラしていたから、苦労が報われた形に。
「これで心置きなく納められる」
と一安心。おいらはまだ反応なし

手のヒラアジさんは更にもう1本でかカマスをゲットして納竿。今年もたくさんお世話になりました。また来年もよろしく…なんてお約束の挨拶を交わしてお別れ。おいらは徹底抗戦モード突入

…なれどやっぱり反応なし
この日はDダイレクトなしで戦おうとしたのがいけないかしらん
前回ヒットしたスピンテールジグにも反応なし

このまま終わるのはちと寂しい。もう少し魚の引きを味わいたいぞ、と常夜灯の照らすスロープポイントに入りアジング再開。1投目からヒット
やっぱりいたね~

このあと前回と同じように何匹か釣っては少し横に移動して数を伸ばす。サイズも、夕方の祭りより一回りほど大きいかな
ちまちまと移動しながら、最終的には47匹まで数を伸ばしたところで反応が悪くなりいい加減終了とした。

でかカマスは残念ながらゲットできなかったけど、アジングだけで47匹も釣れば十分過ぎる竿納めだね。

今年は元旦に51匹のアジを釣り上げ、上々のスタート。その後に尺までもう少しのアジを釣り、春に少し停滞したものの、夏には予想外のアジ爆&アオリ。秋には横浜や横須賀でアジ祭り。年末にはアジ&でかカマスと…アジングばかりの1年だったような…。
アジに始まりアジに終わる。そんな一年だった。釣った匹数でいえば、イチロー(51)に始まり公康(47)で終わった一年…かな

今年もたくさんの楽しい時間を過ごす事ができた。

今年出会った全ての人達と海に感謝。

そしていつも快く送り出してくれるおいらの家族に感謝。

沢山の感謝に囲まれて幸せな一年でした。本当にありがとう。

来年は今年以上に楽しくなると良いな



本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: フロロ2lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム:rains アジアダー UVシラウオオールスターなど


本日の釣果
アジ 15~23cm 47匹




今年最後の獲物達


 
スポンサーサイト
2013.12.22 イマドキのアジング不発…でも…
前週は野暮用で出撃できず、待ちに待った3連休。が、土曜の出撃はちと難しい。無理すれば行けるんだけど、朝まで徹底抗戦もキツイしぃ…。yuyaもHPなく沈んでるし…直前に初雪とか、状況を考えると無理に土曜に出撃するよりも日曜に行けばいいか…とのんびり構える。

で、土曜に出撃した手のComコンビからアジ爆情報&青服さんからでかカマス情報まで届いた。むむ…明日も状況変わらないといいな…。

で、手のヒラアジさん情報によると、14時過ぎには祭が開催されるとか。ならばその時間にはポイントに…と前夜に皮算用してニヤニヤしてると、小僧様発熱で待機命令発令
やっと解除されたときには、昼をとっくに過ぎていた

で、ポイントに到着したのは15時頃。堤防はずらっと人が並んでる。入る場所は…なんとかあったので隣の人に挨拶がてら状況調査。すると、隣の餌釣りではぽつぽつ揚がっているけど…な状況らしい。ありゃ

まぁ、少しすれば回って来るだろうと楽観的に開始。確かに向こうの餌釣りより先端側ではぽつりぽつりと釣れているが、とても祭開催中とは言い難い。隣のアジンガーからこっちは反応なし。

暫く反応ないままお寺の鐘がゴーンというよりジャーンとなった。ありゃ。祭が開催されないまま終了か

全く反応ないまま辺りは薄暗くなり…一人二人と竿を畳みはじめ、隣のアジンガーカップルも移動。で、少しだけ堤防先端側に寄り、キャスト。暫くして、フォール直後の巻き始めにテンションがかかる感触。半信半疑で聞くとヒット
途中でバラし

次のキャストでフォール中に何とな~くテンションがかかる感触。これまた半信半疑で合わせるとヒット
上がってきたのは20cmのアジ。

祭は遅れて開始か…の期待虚しく暫くまた沈黙。そうこうしている内に、隣の餌釣りでヒットが連発しだした。ポイントも、十分届く距離。あとはこっち側にくれば…と期待。

が、そこから反応上がらず、忘れた頃にヒットする状態
餌釣り師も引き上げ更に堤防先端側に移動。

同じタイミングでその隣のアジンガーにヒット。ロッドの曲がり具合からして、アジではなくでかカマスかと見ていたら上がってきたのはでかメッキ
しかも戴けるというので喜んで戴く。
更に引き上げ時に、今日は持って帰れないとのことで、10匹のアジまで戴いてしまった

その後ぽつりぽつりと拾い続け、何とか7匹まで数を伸ばしたものの、反応が完全になくなった。

ならばと前回味を占めたでかカマスポイントに移動。補充したDダイをフルキャスト。数投後、ガッガッというバイトが出た。前回は重くなるまで待っていてラインを切られたので、その前に合わせを入れるとヒット
上がってきたのは30cmのカマス…なんだけど、前回のでかカマスを見てるからちと感動が薄い。釣る順番を間違えたな…

サイズUP&追加を狙ってキャスト継続。数投目、ビシッという音と共にルアーだけ元気に飛んで行った
1匹でかカマスを釣ると、ルアーを奉納するのがこのポイントのルールらしい

その後、ルアーを換えて続けるも反応なし。近くのスロープポイントに移動し、再度アジを狙う。

前回ぽつりぽつりとアジの釣れたスロープポイントの様子を軽く見て、ダメなら潮位が高いうちにお気に入りポイントへ移動かな…とキャスト開始。

数投目。何度目かのフォールの後の巻き始めにテンションがかかるバイト。そのまま巻き合わせでヒット
20cm程のアジ。

ここから怒涛のヒット連発

とまでは行かないが、反応がそこそこ出続け、反応がなくなったらレンジ変更や横に数歩プチ移動するとまた反応が出るの繰り返し。

今回のバイトの出方は、ほとんどがテンションが僅かに掛かる居食いと思われるバイト。しかもスロープエッジまで巻いてきた時にもヒットする。

そのため、スロープエッジでテンションが掛かると、こちらもグッとテンションを上げ、巻き合わせ…ると、根掛かり
これを何度もして、ルアーのロスト&システムの組み直しを何度も行う羽目に

スロープポイントでそれなりに数を伸ばし、気が付けば潮もかなり下げ…反応もなくなった。再度でかカマスポイントに入る…と二人ほど入っていた。聞けば、アジがぽつぽつだとか。こっちはまだ反応あるのね

空いている場所に入れてもらい、ロストしたヒットルアーの代わりに、スピンテールジグをキャスト。数投目に反応は出たが乗らず。更にその数投後、グッというバイトに合わせが決まりヒット
1本目よりもサイズアップの35cm。

その後も、別のミノーに反応が出たりしたが、結局ヒットに持ち込めず。風が強くなり、寒さに心折れて終了。

イマドキのアジングは不発だったものの、とりあえず数は稼げたかな


翌日はアジ尽くし。

更に翌々日にはアジフライとメッキの刺身、これにカマスの塩焼きと幸せな夕食
ふんわりと焼いたカマスは本当に絶品
お酒が進みすぎたとさ


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラ C2000HGS
ライン: DUEL スーパースムーズ アジメバル 0.3号
リーダー: フロロ6lb
ルアー:スミス Dダイレクト チャートヤマメ

ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: レイン アジアダー 各色


本日の釣果
アジ 15~25cm 32匹
カマス 31~35cm 2匹



メッキがデカイ



小僧様の友達家族におすそ分けしてもこれだけ残り…


 
2013.12.7 でかカマスゲット!
前週に、今シーズン初ヒイカに喜んでいたら、手のComコンビからアジ爆のが届いた。1キャスト1バイトどころでない爆発力は、初ヒイカの喜びなんてあっさりと吹っ飛ばしやがった

1週間前の状況が続いているとは思わないけど、とにかく出撃


昼過ぎまで、小僧様と一緒にガンプラ作り。文字は覚えるし、図形認識力も身につくし、手順通りに作るってことを覚えるし、集中力も…就学前の子供にガンプラはオススメですよ、奥さん

夕マヅメにポイントに入ればいいやと、のんびり出発。ポイントに着いたのは本当に日没直前。先行者に様子を聞くと、
「もっと早く来れば良かったのに」の第一声。なんでも1時間以上前から祭開催中とか。少し離れたところに入ろうとしたところ、「すぐ隣で投げなよ」と有り難いお言葉
しかもレンジとメソッドまで教えていただき…

早速キャスト開始
と、直後のフォールにクン…とバイト

…は出ず

ま、そんなあっさり釣れたら贅沢ってもんだ…と思ったら、隣の人にはヒットしてる
しかも連チャン

焦るおいらにもやっと…(と言っても5投目だけど)ヒット
20cmのアジ。

日も落ちて辺りは暗くなり…なかなか次が続かないまま祭は終末の予感か…
先行者は
「まだバイトもあるけど上がるからこちらにどうぞ」なんて有り難いお言葉を残して去って行った。本当にありがとうございました

で、少しズレて隣(になった)方に挨拶してキャスト再開。程なくして1匹追加。隣の先行者は良いペースで上げている。
「結構釣れました」と聞くと、「そこそこ…かな」との答え。この「そこそこ」、人によって違うからなぁ…

まだまだ祭は続きそう…との期待は外れ、その後反応なし。隣の人も反応悪くなったようで移動の準備。

「祭は終わりですかねぇ。どのくらい釣りました」と話し掛けると…
「あれぱわぁさん」

…青服さんでした

ならば「そこそこ」はかなりの数だろうなぁ…と思いながら見せてもらうと、さすがの釣果だった

で、青服さんはこれからでかカマス狙いにチェンジするという。アジも気になっているけど、昨年も釣れなかったでかカマスの魅力に負け、ご一緒させていただく事に。

ここでもポイントとメソッドを教えていただきキャスト開始。上手くすれば、尺オーバーが1キャスト1ヒットだとか

ところがこの日はベイトが薄いようで、反応が良くない。何カ所か攻めたあとに青服さんが攻めている場所に行き、様子を聞くと1本上がったそうな
すぐ隣に入りキャスト開始。

何投か目に、カウントダウンして巻きはじめ…カツ、カツ…とカマスがバイトして来たが乗らず。
「今バイト出ました」
「そのまま巻いてると来ますよ」
の言葉通り、ググンと重みが加わった

ドラグの音と引きを楽しみながら巻きつづけ、抜き上げたカマスは…

でかっ

今まで見たことのない長さと太さ。こんなカマスいるのと思いながらも、目の前にいるのは間違いなくカマス。

いきなり尺オーバーどころか40cmオーバーを釣り上げたかとたわけた事を言ったところ、青服さんがメジャーで計測してくれた。サイズは38cm。40cmには届かず。

初の尺超え

それでも、初めての尺オーバーがいきなり38cmなんて出来すぎも良いところ。青服さんが自分の事のように喜んでくれているのがまた嬉しい。このまま上がっても良いくらい。

とか思うのも束の間。すぐに追加を狙ってキャスト再開するのが釣り師の性
少しして青服さんが尺オーバーをゲット
おいらにも反応はあるんだけど…乗らず。

で、反応が悪いと近くのスロープが良さそうに思えて来たりして移動。1投目であっさり20cm程のアジをゲット
こりゃ、こっちで祭開催か…の期待はお約束のようにハズレ、散発3安打。

元の場所に戻ると、青服さんは車に戻って帰り支度中。お礼とお別れのあとに再度でかカマスの釣れたポイントに戻る。

ここで2回ほどバイトが出たもののヒットまで持ち込めず
すると、少し離れたところで、パシャっとライズ。すぐにもう一度。セイゴかな…とライズのあった向こうへワームをキャストし、水面直下をゆっくりリトリーブ。半分巻いた辺りでクク…とバイトが出てヒット
すぐバラシ

もう一回…

同じようにキャストし、同じようにヒットし、バラシ
バイトといい、引きといいアジっぽいなぁ…。

それから暫くして、やっとゲットしたのは15cm程のアジ。ここから、飽きない程度にバイトが出てヒットが続く。終いには、足元ほんの5m程度の範囲にヒットが集中しだした。

これはこれで良いんだけど…あまり楽しくない。いや、釣れてるんだから贅沢なんだけど
で、サイズUPを目指して移動。

お気に入りポイントに入ったときにはもう潮が引きまくり…
気が付きゃ4時間以上、同じポイントにいた事になる。やれやれ。

潮が引いていても、居るときは居るし、居ないときは居ない。で、この日は後者
たま~にショートバイトが出るけど…
今日はマスター不在だから確認できず

さて、潮は更に引いてド干潮間近。ここで穴撃ちポイントへ移動。ところがここもまさかの異常なし

さて…どうするか…。
明日はきっと小僧様がガンプラ持っておいらの起き出すのを待ち構えているはず…
朝まで徹底抗戦なんかしたらグレちまうかも

ということで最初のポイントに戻り少しだけ悪あがきして帰ることに。

戻ってすぐに足元から15cm程のアジをぶっこ抜き。が後が続かず

そうこうしている内に、水面のベイトがザワつき始める。カマスの気配がプンプンとしてきたので、さっきのヒットルアーをキャスト。

数投目。

ガッガッガッ…とバイトが出た。ロッドに重みが加わるのを待っていたら、逆にテンションが軽くなった。急いでラインを巻いたときには万事休す。カマスにヒットルアーを持ち逃げされていた

それから暫く別のルアーを投げたものの反応なし。足元のアジにも嫌われたようなので、いい加減終了とした。
後半は全くいいことなし。アジも数はそこそこ釣れたはずなのに、何となく満足感がない。でかカマスが釣れた分、バランスを取られた形かな

青服さんの話だと前週と違って、今週のアジは体高があるそうな。
「良いときに来たねぇ」
と言われたけど、一番ラッキーだったのはあそこで青服さんに会えた事かな。おかげであんなでかカマスに会うことが出来たんだから。

手のComコンビの爆釣情報と、青服さんのお誘いと…周りの仲間達に恵まれた結果がこの日のでかカマスに繋がった。本当に皆さんに感謝感謝です


でかカマスは刺身の誘惑に打ち勝って塩焼きに。頭を落として斜めにしてやっとグリルに収まった。いや、ンマかったっす


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ 12アルテグラC2000HGS
ライン: DUELスーパースムーズ アジメバル 0.3号
リーダー: フロロ6lb
ルアー:スミス Dダイレクト チャートヤマメ

ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: rains アジアダー 各色

本日の釣果
カマス 38cm 1匹
アジ 15~23cm 15匹


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。