ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.16 二兎(メバル&イカ)を追う者・・・
地震、なかなか落ち着きませんね。
余震が収まってきたなと思い始めると、大きな余震がやってくる。
落ち着くまでにはもう暫く掛かるのでしょうか…。

一日も早く、被災地の方々の生活が元に戻ることを釣りをしながら祈ります。
不謹慎かもしれませんが…。

余震が落ち着かないのに、釣りの虫の我慢も限界(馬鹿)。
そんなわけで久しぶりの釣行です。

今回は横須賀方面から三崎方面へとイカとメバルを求めて徘徊。
某釣具店の釣果情報で、ヒイカが釣れているという情報があり、いつもの友人Yを誘って出撃!
Yは久しぶりの釣行なので、まずは魚の感触を楽しみたいとメバル狙い。
自分は情報の確認と家族のイカ確保ミッションを果たすべくヒイカ狙い。

で、最初に訪れたのは某釣具店の情報にあったポイント。
前日から風が強く、この日もかなり風が吹いていたのでもしかしたら…という不安を持ちながらポイントに到着してみると、釣り人の姿が見えない。それもそのはず。風はビュービューと吹き付け、海はジャブジャブ言っていた。諦めて移動。

次に移動したポイントはそこから近くの半島先端に近いポイント。湾状に海が入り込み、多少は風が防げるとの目論見通り、風はそよ風程度。海も多少の風波は立っているけど、静かなもの。
しかし、そんな場所だから先行者は当然いるわけで、良さそうなポイントには当然入れそうにない。
2人とも、奥の船着き場の明かりの差すところで入り込んでいる獲物がいないかチェック。
すると、あっさりとYが15cmくらいのメバルをゲット。

最近、奴と釣りをすると、いつも先に獲物を釣り上げているような気がする。
ま、いつもその後逆転してやるんだけど…とロッドには1.5号のエギをつけて第1投。
ほとんど沈めずにゆっくりと巻いていたエギに突然のイカパンチ!
でも乗らず。
すかさず同じ所に投げて、パンチされた辺りを探りながらゆっくり巻き続けると、2~3杯のイカが後から着いてくるのが見える。「いるいる!」とYに教えながら足下で小刻みにシャクリ続け、止めたところで抱くのを待つがそのまま…。
今度は少しずらしたところに投げ、同じように巻いて足下まで寄せると先程足下まで着いてきた奴なのか、すっとエギに近づいてストップ。そこで小刻みにしゃくってゆっくりゆっくり沈めると抱きついてきたのが見えた!
が、ついつい早合わせ

結局、それ以降イカさんはどこかに行ってしまったとさ…

Yの方も、それ以来メバルの反応がないというので移動。
大きな船が着く港の近くの岸壁の様子を見に行く。岸壁の一角で凄いものを見た。
墨後で真っ黒な岸壁。もう大げさでないくらいに辺り一面が真っ黒に染まっている。
何でもスミイカが好調らしく、その後だという。
が、この日は風が強くて全くダメらしい。やれやれ。
ここでもYはちゃっかり10cmほどのメバルをゲット。
おいらは未だにノーゲット。…やばい!

Yは翌日仕事のため、あまり遅くまで遊んではいられない。
風向きを考えれば、三崎から西側に行くのが賢明と判断。移動。

某メーカーのサイトではヤリイカが釣れているという情報もあり。
その情報を確認すべく、情報にあったポイントに向かう。
情報通りか、エギを投げている人がかなりいた。
様子を聞くと、アオリ、ヤリとそこそこ釣れているらしい。
テンションの上がるおいら。相変わらずメバル狙いのY。
お互いに暫く離れて攻めてみることに。人の多い場所では風も入り込みあまり良い状況ではない。
奥まったところの生け簀周りに移動して餌木をキャストしながら海の様子を見ていると、足下右の方から細長い影がスーッと出てきたかと思うと、巻いてきたエギに近寄っていった。が、そこでストップ&バック。
いた!!間違いなくヤリイカ!
しかし全くの食い気がないのか、それとも攻められて警戒しているのか、エギを抱こうとはしない。
熱くなるおいら。全く無視のヤリイカ。
そうこうしているうちに、全く反応がなかったYも合流し、イカの様子を見る。
左手の方に移動したのを見て、すかさずエギを投げ込み、ちょこちょこアクションさせては止めて…と繰り返していると、エギの下から何かが出てきて反転した。その動きはイカではなく、メバルかセイゴのような…?

と、Yがすかさずルアーをキャスト。
すぐにロッドが曲がり、そこそこ良いサイズが掛かったことを教えてくる。
引きを十分楽しみながら上げたのは25cm↓のグッドサイズのメバル。
やられた!

その後、すぐに20cm↑のメバルを追加。
今日は完全にYにしてやられた。

全くノーフィッシュで終わるのは悔しいので、つれないヤリイカに見切りをつけ、メバルを狙うことに。
時既に遅しの感があったが、最後の最後に小メバルをゲットしてなんとか丸ボの回避に成功。

チビメバル

・・・やれやれ。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://powerfishing.blog103.fc2.com/tb.php/19-4ea33eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。