ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.22 第2ラウンド
さて、第2ラウンド。

外房での第2ラウンドといえば、アジング

昨年末はそこそこの釣果を出せた外房アジングですが、それも1ヶ月ほど前の話。
さてさて今回は・・・?

南房で遊んでいたので前回良い結果を出せたエリアまで移動をせずに近場で群れを見つける作戦に。ところが南寄りのポイントはあまり良い思いをしたことがなく・・・。

結局何箇所かの様子を見たものの反応がなく、最近ご無沙汰だったエリアまで到着。
このエリアで最初に入ったのは、おそらく自己最大サイズを上げた港。堤防の先端でキャストしている人に様子を聞くと、ポツポツ上がっている様子。先端から少し離れた外側のテトラに入りキャスト開始。

しばらくキャストするものの反応なし。
家族同伴なので、遅くまでもできず、次のポイントに賭けて移動を決断。

ナイスサイズのアジを釣るならここ!のイメージが強く、自分も大アジを掛けたものの取り逃がした苦い経験があるポイント。それ以来、リベンジが果たせていない。

車を停めた場所から様子を窺う限り、人気ポイントなのに先行者なし。しめしめ・・・と先端に行くと、先行者一人。声を掛けて様子を聞くとまだ反応はないとの事。横に入れてもらう了解を得てキャスト開始。

・・・反応がない。と、油断していたときに「ククッ」と魚信があり、ついつい体が反応してしまった。痛恨の早合わせ。

気を取り直して反応のあったエリアを攻め続ける。しかし、反応はなし。

しばらく探ったが反応がないので、気分を変えるつもりで普段は攻めない左奥側の場所にキャスト。着底後、しゃくった途端に「ドン!ジィ~!」と強烈な魚信。ロッドを溜め、引きに耐えながらネットを左手に持ち臨戦態勢を整える。その直後、根に入り込まれ、痛恨のフックアウト。引きの強さから、確実に記録更新できたと思ったんだけど・・・(T^T)

その後、後から来たグループが横に入り、自分の責めていたエリアにキャスト。そのうちの1人があっさりとゲット。むむむ・・・(--; 自分の前のエリアは他に誰もキャストできる状態ではないので、文句は言えないんだけど、ちょっと納得いかない。

お互いのラインがクロスしないぎりぎりの付近を探ると、やっとヒットした。引きはさっき逃がしたものとは程遠いがそれでもそこそこサイズを予感させる。力強い引きを楽しみながら寄せて慎重にネットイン。体長はあまりないが、体高が凄い!・・・のもそのはずで、アジではなくタナゴ

その後、同じエリアで今度はクサフグ(--;

とうとう嫁から無情のタイムアップを告げる電話が掛かってきてゲームセット。
久々のノーゲットとなった。

くっしょお!近いうちに絶対リベンジぢゃ!!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://powerfishing.blog103.fc2.com/tb.php/8-b7972c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。