ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.4.21 ライトマダイぐりんぐりん
昨年初のマダイゲットで味を占め、春のノッコミに数と型の両方を狙って出撃。

船は前回同様棒面丸さん。通常マダイ釣りというと80号前後のビシを使うそうだが、40号のビシと太くても2号のラインというライトタックルで狙わせてくれる。
直前の状況はというと2週間ほど前は絶好調なれど1週間ほど前から少しずつ悪くなっている

午前6時。10人ほどの釣り客を乗せていざ出撃
今回の同行は以前の職場で一緒だったT氏とM氏。M氏は昨年仲良く初マダイをゲットしたあと、単独出撃でなかなかの大物をゲットしていた。

ポイントに到着し、いよいよ第一投。前回はいきなりハナダイが釣れて幸先良いスタートとなったが、今回も…と都合の良い期待は叶わず魚信なし。続く第二投、第三投も反応なし。ま、こんなもんだよね。

そこから数投後に初めて餌取りの反応があり、少し期待が高まる。この餌取りがいなくなった時がチャンスとせっせとこませを撒き、こまめに付け餌のチェック。

しかし餌取りがいなくなったら本命もお留守のようで餌が丸々残ってくる。せめて外道でも良いから早く一匹あげたいと思ってもその外道すら食って来ない

そんなときに船の向こう側に大きな鳥山が立った
青物狙いで沖に出ても中々お目にかかれない立派な鳥山。思わず「船を寄せろ~」と叫びそうになる

船の上はまったりムード。誰もヒットどころか魚信なし。
「どうっすか」
「ダメダメ」が合言葉になる。

結局このムードを打開するイベントは発生せず涙の沖上がりの時間を迎えた。結果は船中2匹。釣り上げたのは1人だけ。とこの上ないくらいの撃沈。

宿の女将さんの話だと、毎年本格的なノッコミが来る直前にこんな日があるそうな。他の船も同様だったようで、よりにもよって最悪の日に出撃してしまったようだ。

T氏M氏と共にリベンジを誓ったのだった。

チ~ン

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://powerfishing.blog103.fc2.com/tb.php/94-c192b4b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。