ぱわぁのお気楽釣り日誌
三度の飯より釣りが好き! 頭の中ではいつも魚が泳ぎ回っている釣りキチぱわぁのとってもぬるい釣り日誌です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.12 外房ショゴ探索&アジング
一週間の休暇をとり、前半は家事三昧(って程家事しまくってもないか)。そのご褒美という訳でもないが、金曜日に出撃許可をもらい外房に出撃

最初に入ったのは意外とメッキで良い思いをしている港。着いてみると、沖からの強風の影響か、かなりの濁りが入っている。

奥のスロープまで岸壁を歩きながらショゴの着いていそうなものを探す。と、20m程の沖に大きめの流れ藻を見つけた。ハンドメイドジャークベイト1インチをその流れ藻の向こうにキャスト。ちょこまかと動かしながら流れ藻の横を通過させる。が、ショゴが飛び出して来ることもなく
さらに、手前の小さな流れ藻から逃げるように飛び出す影。20cmほどのショゴがおいらに気づいたらしい

やれやれ。

その後に入ったスロープも、その向こうの岸壁も異常なし。

諦めて移動。

次に入ったのは規模の大きな港。これまたスロープ周りでは何度も良い思いをしている。けど、ここも異常なし。次

次は、昨年ポッパーで至福の時間が過ごせた筈なのにさそり座の女に邪魔されたポイント
スロープ横の岸壁から、スロープエッジを通すようにキャスト&リトリーブ。足元まで来たときに、スロープの上から突進してくる影。もう巻き切って移動できないルアーにメンチを切って退散

すぐさまショゴの去って行った方向へキャスト。反応はするものの、あっさりと見切られる。厳しい

ディープダイバーに換えて同じようにスロープエッジを通すと、先程の群だけでなく、別方向からも群がやって来た。けどどっちもバイトまで至らず

そこから一気に南に下り、めぼしいポイントを回るもどこも濁りが入っているせいか反応なし。北上しながら反応のあったポイントに戻ってもエンピツカマスだけ。

結局、ショゴをゲットできないまま日没ゲームセット

で、第2ラウンドのアジングに突入。途中何カ所か気にしながら、お気に入りのポイントに到着。まずは手前のスロープから。早速アジからのコンタクトが…ない。全くない
スロープを一通り横に移動しながらキャストを繰り返すが、異常なし。

ならばと元旦に良い思いをした奥に入ってみると、足元にアジらしき姿を確認。こっちにいたのね~とキャストしても全く反応なし。でも姿は見えている。むむ…

試しに足元付近で水面を漂うようにしていると、下から一気に飛び付いてきてヒット
15cm程のアジ。なるほど。水面を漂わせれば良いのかな…とジグヘッドを軽くし、水面を漂わせる。が、これも正解ではなかったようで、反応上がらず。あれこれやってもダメなので移動。

次に入ったのは、近くの小さな漁港。入ってしばらくしてショートバイトが出て、その何投かあとにヒット
これも15cm程。

その後もぽつぽつと反応はあるもののショートバイトばかりで乗せられず。その反応もなくなったので移動。

次に入ったのは、最近何かと気にしながらもいつも素通りしていたポイント。理由は簡単。近くで良い思いをすることが多いから、滅多に回らない。たまに入っても、ぽつぽつと釣れるけど数が伸びない。ま、小さいポイントだから、数が伸びないのはしかたないけど。

で、今回はまだぽつぽつすら釣れていない。なんとかぽつぽつお土産を確保させてもらって帰れれば…
の思いで入ってみる。

入って2投目。いきなりロッドが引ったくられるようなバイトが出てヒット。相変わらず0.2号のポリエステルラインなので走られながらのファイト。上がってきたのは、20cmのアジ。このサイズだと、このタックルでのファイトは楽しい。

その後もすぐにヒットして同じサイズのアジをゲット。さらに追加…とぽつぽつどころか爆発の予感。

ところが…

何匹か追加したあとに、今までより強い引きが出る。合わせ切れが起きない程度のドラグ調整にはなっていたんだけど…急な突っ込みでフッとテンションが抜けた
リーダーの結び目からさようなら

システムを組み直し再開。バイトは飽きない程度に続き、反応が悪くなったら少しずれるとまた釣れる状況が続く。

が。

またも良さ気なサイズのファイト中にリーダーの結び目から抜けた
再度システムを組み直す気になれず、タックルを交換。キャロ用に用意していたタックルからシンカーを外し、ジグヘッドリグに換えて再開。

これが正解

20cmのアジばかりなので、手返しが格段に良くなった。活性が高いようでバイトはみんなゴゴンといったものばかり。その前魚信が出ることも多いので、ほとんどのバイトを掛け、一気にぶっこ抜く。連続ヒットもざらで、このまま続けばもしかしたら元旦越え達成か…と思いはじめた頃、さすがに反応が悪くなってきた。

立ち位置を変え、船道の中心付近、レンジを深くしたところまたバイトが出始め、祭は更に続いた。が、その反応も長くは続かず、流石に終わりかな…と思いはじめる。今度は船道の端側で水面直下を攻めると、またまた連続でヒット。まだまだ祭は続きそう

そのまま同じ場所でキャストを続ける。少しテンションが掛かったようなバイトにしっかり合わせる。と、今までのアジより重い。ヒラセイゴでも掛けたかなと思ったが、そんな引きではない。もしかして「大藻の」掛けたかぁでも引いてるよな…

と頭の中がだらけになった頃スロープをズリ上げる。シルエットがなんだか魚っぽくないような…
なんかブシュブシュ言ってる…
変な軟体生物を引っ掛けたか…と恐る恐るズリ上げた物体を見ると…足が10本付いている。アオリだぁ
ワームでイカを釣ったのは初めてなので嬉しい。

ワームではお初


相変わらず一カ所の反応が悪くなったら少しずれてレンジを変えれば反応が出る。底付近でフワフワと小さめのリフト&フォールを繰り返すとなかなか良い反応が続いた。

ここで更に重いのがヒット。今度こそヒラセイゴか…と思ったが、トルクはあっても暴れる様子もない。

で…ズリ上げてみたら…


まさかのアオリ追加。しかもkgオーバー

まさかの…

実はkgオーバーはエギングでも釣り上げた記憶はない。
無茶苦茶嬉しい

その後も怒涛のバイト出まくり…ではないものの、飽きない程度にバイトが出る状況が続いた。開始から4時間近く続いたかな
粘ればまだまだ数を伸ばせそうだったけど、クーラー満杯&小僧様と遊ぶための体力温存のため終了。


元旦以上に釣れたか…と数えたら、アジは38匹だった。元旦は大きいクーラーに移して釣り続けたのに、今回はクーラー満杯で止めたんだから超えないわな
でも、アオリが2杯にエンピツ2ダースも追加すると、トータル引数では元旦越え達成
ショゴたんはゲット出来なかったけど、大満足の釣行となった。


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing Limited 610L
リール: シマノ アルテグラ改 1000S
ライン: VARIVAS アジングマスター 0.2号 (1.05lb)
リーダー: フロロ1号(4lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー1g
ワーム:rains アジアダー UVシラウオオールスター

ロッド : メジャークラフト スカイロードSKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)+フロロ1号
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー1.5g
ワーム:rains アジアダー 瀬戸内ちりめん

本日の釣果
アジ 15~28cm 38匹
アオリイカ 450g~1.1kg 2杯
エンピツカマス 2ダース


近所におすそ分けした残り


アジとアオリの握り

他にも、たたきになめろう、ゴマアジにアジフライ、イカ刺しにイカのガーリックバター炒め…アジイカ尽くしに連日舌鼓
あぁ…シ・ア・ワ・セ


 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

2013.06.08 久しぶりの外房アジング
リールを改造し、ポリエステルラインを巻いて完全アジング仕様にしたのは良いけど、肝心のアジをまだ釣ってない。2週連続で出撃した三崎方面は期待薄の様だし、久しぶりに外房に行ってみるか…といつものメンバーに出撃宣言。

すると、手のヒラアジさん&Commyさんは金曜夜からアオリ狙いで出撃するという。しかも最近は足付きばかり狙ってるからアジの状況は分からんとさ
餌木をしゃくりながらアジも探しといて~

いつものyuyaはこの日は嫁さん孝行
そういうのは大事だから、しっかりしないとね
てことで単独出撃決定

いざ出撃のタイミングになって、小僧様の鉄壁ディフェンス発動
この日はあと少しで出撃を諦める程のディフェンスを見せた
こんなのもあと少しだろうなぁ…

小僧様のディフェンスに阻まれても、明るいうちに外房入りできたので、まずは規模の大きな港に行き、餌釣りの様子を見る。15cmほどのアジがぽつりぽつり…といった感じ。釣れているんだけど、風が強く、アジングではちと厳しそうなので移動。

最初に入ったのはお気に入りポイント。風の影響でベイトが入っていれば…

明るいうちは、手前のスロープの様子でも…とキャスト。まずは軽く沈めてただ巻き。と、2投目に反応あり。が、乗らず。その数投後、クク…というバイトに軽くテンションを掛ける程度の合わせでヒット
15cmほどのアジなんだけど、おっかなびっくりなファイトでスロープをズリ上げる。最近の展開からすると、あっさりとファーストフィッシュゲット

その数投後。軽くしゃくってフォール中に同じようなバイトが出てヒットこれも15cmほど。

更に数投後。今度はキャスト直後のフォール中にヒット。これまた15cmほど。

足元の水面にライズが出始める。ここから祭りに突入か
の期待通り祭りに突入

…したのは良いんだけど、怒涛のショートバイト祭り開催

テールにかじりついている…のかな
ならば吹き流しのアシストフックを装着。これで拾う確率が上がるかな…
の期待虚しくフッキング率は上がらず。

この時期は水面のアミに反応することが多いそうな。水面でライズが出ていても、バイトがないときはこのパターン。

ってことで、ジグヘッドを軽めにし、ワームもクリアの中に小さい赤い粒々入りのものに替える。少しだけライズの向こうにキャストして、ゆっくり水面直下を漂わせるように巻いてくる。足元付近でプルンとバイト。乗らず。何投かあとにククン…とバイトが出て乗った。これまた15cmほど。これでパターンに嵌まったかなと思ったら、その後のバイトが遠退いた。試しにジグヘッドとワームを元に戻したらバイトも復活

ショートバイトの中、たまに少し食い込むバイトを拾うようにして数を伸ばす。一度だけ、ティップどころか手元まで持って行くようなバイトが出て、上がってきたのはやっぱり15cmほど

細いポリエステルライン使用で、ここまで合わせ切れなし。といって、15cmほどのアジを相手にラインを出しまくりながらのファイトでもない。ドラグ調整と、合わせが上手くいってる…のかな

なかなかツンデレな足元のライズも落ち着き、また沖目にキャスト。サイズを狙い、今度は底まで沈め、軽くしゃくってフォールさせる。と、着底直前にヒット

今まで釣れていたのよりは大きいようで、ラインを出しながらのファイトになる。主導権は自分ではなく魚にある。無理をすれば直ぐに切れると思うと、ついつい慎重なやり取りとなる。強引にゴリ巻きするのではなく、魚の動きを見ながら、頭を上手くこっちに向けて…ランディング成功
20cmは余裕でオーバー

ツンデレの反応にアツくなりながら粘っていたら、干潮潮止まりの時間。さすがに反応がなくなり移動。
近くのコンビニで氷を補充したあと、その近くの小さな港へ。2投目にゴゴンとティップが入りヒット。20cm
その数投後に同じように同じようなサイズを追加。こりゃ、早めに移動していた方が良かったか
と思ったとたん反応なし。
立ち位置を少しだけずらして2匹追加したものの、そこで反応もなくなり移動。

その後、5箇所ほど回るも全くの異常なし。夜明けまであと少しの時間となったので終了とした。


ポリエステルラインを導入して初のアジング(釣果あり)は予習()の効果があったのか、合わせ切れやファイト中に切れる事もなかった。20cmとのやり取りはなかなかスリリングで楽しい。あとは、慣れとドラグの調整かな


本日のタックル
ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ アルテグラ改 1000S
ライン: VARIVAS アジングマスター 0.2号 (1.05lb)
リーダー: フロロ1号(4lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1g
ワーム: rains アジアダー 瀬戸内ちりめん

本日の釣果
アジ15~24cm12匹


久しぶりのお土産


久しぶりのアジ尽くし


 
2013.02.09 好条件のアジング
1月は出撃しまくったので、前週末は出撃自粛
で、三連休初日。

新月、大潮、弱風。アジングするには好条件が揃っている。今日行かなくていつ行くの今でしょ
てな訳でyuya共々外房へ出撃

明るいうちにポイントに到着したので、まずはカマスの状況確認…異常なし。すぐ近くのポイントには人が多く、カマス好調なのかな…と、きっとその中にいる青服さんに状況を聞いてみると、ぽつぽつ…な状況らしい。むむ

ならばと明るいうちにお気に入りポイント…の前に腹ごしらえ。日没まではまだ時間があるのでのんびりと。

身体を温め、お気に入りポイントに入ると、カマスの様子を見に行っていたはずの手のヒラアジさんの姿が
状況を聞いてみると…異常なし

ま、まだ明るいからね…

と横に入りキャスト開始。
ボトムまで沈めてからしゃくり、またフォールさせると…

異常なし。

ま、まだ始めたばかりだし

日没も過ぎ、常夜灯が効き出して来れば、群れも入って来る…かな

Commyさんも合流し、さらにはてとらぽっとさんも合流。

そろそろヒットしても良くないか…

自分以外でも良いから反応ないの


あまりに渋いので手のヒラアジさん離脱。おいらとCommyさんも、奥の『元旦爆釣ポイント』に移動。予想通り反応なしですぐ元の場所に戻ると、yuyaがおいらの投げていた場所に入ってアジゲット

な ん で す と 

で他の皆の活性が上がったものの、アジの活性は上がらずじまい。

Commyさん、てとらぽっとさんも、別のポイントへ移動。
おいら達は、移動は得策でないと判断し、粘ることに。
リグをジグヘッド単体からキャロリグに替え、沖の攻められていないポイントを探る。が、反応なし。なんだけど、沖の方でたまにライズが見える。リグをフロートリグに替えてみるも反応なし。

新月、大潮、弱風の好条件とはいえ、満潮は15時過ぎ。釣り始めからずっと潮は引き続け、いよいよスロープエッジのすぐ近くまで引いてきた。

ここで立ち位置をちょいと替え、スロープの際を横に引いて来る。半分くらい巻いたところでストップ。フロートを支点にして、ワームがゆっくり沈む…



ラインがスーッと走り、ティップにゴン!とヒット

狙い通りのヒット&良型の引きに嬉しくなり、近づいて来るyuyaに見せ付けるようにゆっくりファイト。

抜きあげ位置を確認しているときに…


パチャッ


のおおぉぉぉ…


まさかのバラし

ぱ「でかかったよね」

y「見た感じ25cmくらいあったんじゃない」

あぁ…
逃がした魚は泳いでる…

その後、同じように攻めてバイトが出たものの乗らず。
結局ノーゲットのまま干潮潮止まり近く。このまま粘るか場所移動するか…。

翌日仕事のyuyaは、潮が満ちて来るのを待つ余裕はない。ので、干潮時の穴撃ちポイントへ移動。

前回のプチアジカップで何かを掴んだらしいyuya。年末に苦戦した穴撃ちを攻略出来るか…

お気に入りの穴の前に立ちキャスト。底まで沈めてから軽くしゃくりまたフォールさせる。すぐにバイトが出る…ことはなく、沈黙が続く。

すぐ隣の穴を狙うため数歩スライドしてキャスト。yuyaもスライドし、おいらが攻めていた穴にキャスト&ヒット

なんでぇ~

2回連続で移動直後に今までいた場所で釣られるって、どうよ

その後、別の穴撃ちでやっとアジゲット
サイズは20cm

その後、何度かバイトが出たものの、追加出来たのは1匹だけ。yuyaもさらに2匹追加で、タイムアップ。年末の穴撃ちのリベンジ成功…かな


元旦の爆釣で勢いがついた…と思ったら段々渋々の結果になっているような…。

上り詰めたらあとは下るしかないのか…

そもそも元旦がピークってことはない…と思いたいなぁ…

月や潮が好条件だと思っても、他の理由があるからダメだった…ってことだよね。
そうやってひとつずつパズルのピースをはめていくように答えに近づける…。
もどかしくもあり、楽しくもあり。

でも、やっぱり数も釣りたいぞ~


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVA-X 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1.5g
ワーム: レイン アジキャロスワンプ UVパープルマジックホロ

本日の釣果
アジ 20cm ×2

 
2013.01.26 ラスト10分の大逆転
昨年の1月に初めてお会いして以来、かなりの頻度で遊んでいただいたTATさん。まだ1年ほどのお付き合いの筈なのに、もう何年も一緒に釣りをしていたと思う位遊んでいただいた。

そのTATさんがお仕事の都合で、ご家族の待つ名古屋に帰られることに。そこで手のヒラアジさんが発起人となり、TATさんと縁のあるメンバーで、最後に内輪でプチアジカップ開催となった。

参加したのは主役のTATさんを含めて8人。他に参加できなかった方も何人かいたので、ほんの1年ちょっとの間とはいえ、如何に房総方面を暴走しまくっていたかが伺える

ルールは釣ったアジのなかから2匹の全長の合計を競うというもの。更に開始2時間の間に1匹釣らないと、ペナルティーとしておやつの提供が課される独特のルール
エントリーフィーとして、各自オススメのアジングワームを一袋持ち寄り、上位から賞品として取っていくことに。

で、いつものようにyuyaを拾って、高速に乗る前にエントリーフィーのワームを調達。自分用のワームやら小物やらと買って、〆て\2000なり。3百何十何円みたいなものをいくつか買って、\2000ちょうど。なんかいいことあるかな

釣り具屋でのんびりし過ぎたものの、車は順調に走り集合場所に到着。

…時折堤防の向こうから波飛沫が飛んで来る程の荒れ模様。こりゃ相当厳しいかも…

参加者が全員揃い、いよいよプチアジカップスタート。おいらとyuyaは、お気に入りのポイントに一目散。到着してタックルの準備をしているとCommy号と青服号も到着。考えることは同じらしい

この風とうねりは、実は元旦早々爆ったときと状況が似ている。都合の良い期待を込めて奥のポイントに向かうと、餌師が入っていて入る場所がない
荒れている影響で、普段なら外側に入る人達が中の奥にまで入って来たようだ

とりあえず、周りの邪魔にならない場所で様子見。反応なし。まぁ、まだ明るいからね。

奥のポイントは暗くなってからまた入ってみようと、手前のスロープに入る。が反応なし。一番手前まで戻ると、餌師が何匹か釣り上げていた。聞けばヒットレンジはベタ底。時間的にそうなるか…。ならばとリグを組み直しキャロを…と思ったところで、キャロ一式が車の中にあることが判明
取りに行っている間にCommyさんがやってきてサクっと1匹ゲット。ファーストミッションクリア

キャロ一式を取りに行ったのに、横で釣れたもんだからついついそのままキャストする。軽くしゃくったあとのフォールで、バイトが出たが乗らず
反応があったもんだから、尚更キャロのことなんか忘れてキャストを繰り返す。やれやれ

ところが、このあとの反応が出ない
そのすぐ近くで、Commyさんがぽつぽつ上げている。青服さんもそれに続くように釣り上げる。
おいらとyuyaはパターンすら掴めず頭の中はだらけになっている。

好調のCommyさんに聞くと、パターンとワームの色、ジグヘッドの重さは近いが、ワームの形に差があるようだ。どうもアピールの強い方が良いみたい。

そう考えて、手持ちのアピール系は…と、バッグを漁るものの、めぼしいアピール系のワームは車の中だということが判明
もう一度戻るのも面倒なので、メインで使うスクリューテールグラブよりシルエットの大きいアジキャロスワンプをチョイス。1投目のフォール中にグン!とバイトが出てヒット
上がってきたのは20cmのアジ

ようやく1匹ゲットしたところで時間を確認。15分オーバーで、まだ釣っていないyuya共々ファーストミッションクリアならず

さぁ、ここから追い上げるぞと息巻いたものの、ここからまた長い長いトンネルに突入

好調のCommyさんの隣に入れてもらい、キャストしても反応なし。そのすぐ横でCommyさんに神降臨。1キャスト1ヒット状態に。更に青服さんも隣に入ってすぐにヒット。

………なんでおいらにはバイトすらないの

そうこうしている間にyuyaにもヒットしてボ回避。それから暫くしてCommyさん達への反応も悪くなった。

暫くして青Comコンビは移動。おいら達は、奥のポイントが空くのを待ち、入ってみるもノー感じ
スロープに戻る。

暫く頑張ってみても、二人に至福の時は訪れない。心が折れかけ、ラーメン屋に行く相談をし始めたところに手のてとコンビ登場。こちらも風の影響の少ないところで1匹釣っただけとか。

んが、入ってすぐに手のヒラアジさんがアジゲット
てとらぽっとさんにもバイトあり。
挙げ句にyuyaまでがアジ追加
そしてついにアジング初挑戦のてとらぽっとさんもアジゲット

…それでもおいらには反応なし。暫くふて腐れて離れたポイントの様子を見に行くも相変わらず反応なし。

暫くしてみんなのところに戻ると、反応が良くなっているらしく、手のヒラアジさん、yuyaともに数を伸ばしているらしい。

ここにきてようやくジグヘッドの重さの違いに思い至る。おそらく皆は1gのジグヘッド。おいらは1.5gのジグヘッド。この差が大きく影響しているかと、1gのジグヘッドに交換。その数投後に、しゃくったあとのフォールにバイトが出たのに乗らず

また暫くあちこちにちょこちょこ移動しながら探ってyuyaのところに戻ると、底付近で掛けた魚にフックを折られたとか。何ですと

ならばと残り時間はベタ底一本勝負
それなりに数を追加した手のヒラアジさんは、運営係に戻り
「あと15分~」とカウントダウンの体制に入る。げっ…

ベタ底一本勝負を決め込んで数投。反応はなっしんぐ。いよいよ時間も減り、もうこれまでと諦めた…。

んが…

ベタ底までフォールさせ、少し巻いてからしゃくり、そのままフォールさせる。底付近までフォールした時に、微かな違和感を感じた。半信半疑で聞いてみると、グングンと生体反応が返ってきた。すかさず再度しっかりと合わせを入れファイト開始

1匹目を遥かに凌ぐ重量感。元旦に何匹も釣り上げた良型よりも力強い走り。微かな期待と不安がないまぜになりながらのファイトの末に上がってきたのはかなりの良型
もしかして尺超え

このあとはタイムアップまでのわずかな時間に追加することなく終了。


で、全員集合。どうやら良かったポイントはおいら達が入ったポイントだけだったみたい。

正式な結果は幹事の手のヒラアジさんにお願いするとして…。


なんと、おいらが優勝

最後の最後に出した良型が優勝の決め手となった
そのサイズは…29.5cm
尺まではあと5mm足りなかったけど。
なかなか反応がなく、心折れてラーメン屋に行かなくて良かったぁ~

仲間内の小さな遊びだったけど、何人ものエキスパートを差し置いて優勝できたのはとても嬉しい
yuyaも3位に入賞
二人仲良く入賞できた
yuyaもこういうので結果を出したのは初めてなので喜んでいた


参加者の持ち寄ったワームと優勝賞品の「にそみこみうどん」

手のヒラアジさんの用意してくれたカップ麺で身体を温め、コーヒーを飲みながら釣り談義。寒い釣り場で食べるカップ麺は最高のご馳走になる。

話もそこそこしたところで、一人二人とロッドを持ち出し足元に見えるカマスにちょっかいを出し始める
ツンデレなカマスにみんないいようにからかわれる中、yuyaにヒット。その後続かず。

翌日仕事のyuyaとおいらはさっきまでいたポイントを再度叩いて帰るためここでお別れ。みんなはデカカマス狙い…だったのかな
お疲れ様でした。

で、延長戦。
ドン引きのポイントでバイトは2、3回。ようやく掛けたアジも15cmのチビチビのみで本当に終了。


今回は正月の爆釣とは裏腹にバイトが散発。その横で、1キャスト1ヒットされたり、ぽつぽつ追加されたり…と頭の中はだらけだった。ワーム、ジグヘッド、レンジ…何か一つが違うだけで反応がここまで変わるということを改めて認識できたのは良かった。


参加された皆さん、幹事役の手のヒラアジさん、お疲れ様でした。お蔭様で楽しい時間を過ごせました。

TATさん、短い間でしたがたくさん遊んでもらいありがとうございました。これでさよならではないですよ
また、遊びましょう。外房、三浦、伊豆…いつでもお待ちしています


本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: ラパラ RAPINOVAX 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1g

ワーム: レイン アジキャロスワンプ UVパープルマジックホロ

本日の釣果
アジ 14cm~29.5cm ×3


本日の獲物
2013.01.03 釣れているうちに行け!
超短期独身期間の後半、当初は伊豆方面に行こうと考えていた。別段何か情報があった訳ではないが、そろそろ昨年のアジ祭ポイントも上向いて来るかな…と。

でも、2日前にあれだけ爆発したなら、仮に悪くなっていても、きっとその残りが多少はあるんぢゃないか
と、予定変更
脇目も振らず、前回のポイントを目指す。家でのんびりし過ぎたのでポイントに着いたのは日も暮れたあとだった。
潮が上がるまでは爆発ポイントを休ませておくことにして、まずは手前の明かりが射し込むポイント。

なかなか反応が出ない。こりゃやっちまったかなと嫌なイメージが湧きはじめた頃にヒット
20cm程度のアジ。

先行で入っていた二人組が近くに来たので声をかけて状況を聞くと、一人はそこそこサイズを含めてツ抜け。もう一人はグリングリンだとか。リグの違いかな…なんて言っていたけど、マヅメには反応も良かったらしい。
…ゆっくりし過ぎたかな

その後もぽつりぽつりと追加したところで、本命ポイントに移動。水面でパチャパチャやっててくれると良いんだけど…
の願いは見事にスカされ、静かな水面。中を覗き込むと、多少は入っているようで、時折アジらしき影が見える。

1投目…反応なし。
2投目…反応なし
3投目…4投目…5投目…と全く反応なし
レンジやワームのカラーを変えてもだめ。

…でも…

時折水面でパチャっとライズが出始めた。もう少ししたら始まりそうな予感
ここで投げ倒して警戒感を強めるより、もう少し後にまた来た方が良さそうって事で、最初のポイントに戻る。

ここでまたぽつりぽつりと出るバイトを拾って数を伸ばす。が、1匹バラシた後に潮止まりも重なり反応がなくなった
…厳しい

潮は満潮からの下げに入り、そろそろ動き出す頃。んぢゃ、良い頃合いかな…と本命ポイントに。

暫く様子を見てみると、たま~にライズが出る程度。2日前もそんな状況で祭は始まったんだから…と自分に言い聞かせてキャスト。前回良かったコースをトレースしても、反応が出ない
ならばと少しズラしたコースを引いて来ると

グン

待望のバイトが出て20cmのアジゲット
そこから2連チャンでヒットが続き、祭到来の期待が高まる

…が、その後のヒットが出るまでに少し時間が開き、なんとか2匹追加したところで反応がなくなった
残念ながら祭は終わってしまったようだ。潮もかなり引き、さすがにもう無理だろうと遅すぎる見切りを付け、空腹のおいらと相棒の腹を満たしに。まずは相棒。55リットル程がぶ飲み
おいらはラーメンで体を温める

さて…時間と潮を考えれば、前回ダメだった穴撃ちポイントを攻めて終了が現実的かな…""

途中何カ所か気になるポイントの様子をみたものの反応なしで穴撃ちポイントへ。今回は良い具合に潮が引いていて穴が近くにある。風もほとんどなし。あとはアジが入っているか…

何投かしたところでク…とバイト。上がって来たのは17cmほどのアジ。サイズは小さいけど、狙い通りのヒットは嬉しい

ここで何カ所かの穴を探って7匹アジを追加したところで反応がなくなり終了とした。


単純に数だけを考えれば、十分満足できる数なんだけど…
前回の爆発が頭にあるからとても物足りなく感じた
それって、随分と贅沢なんだよね
ま、爆発しなくても多少残っていてそれで遊べたんだから、読み通りといえば読み通りだな。

何にしても、新年早々に2回出撃できて、その2回とも十分お土産が出来たんだから、最高のスタートになったかな


…このあとの反動が恐いなぁ

本日のタックル
ロッド : メジャークラフト スカイロード SKR-T782AJI
リール: シマノ レアニウムCI4 1000S
ライン: DUEL スーパースムーズ アジ・メバル 0.3号
リーダー: フロロ1.5号(6lb)
ジグヘッド: メバル弾丸1.5g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI5

ロッド : オーシャントレイル 鯵ing LimitedⅡ 73L
リール: シマノ アルテグラ 1000S改
ライン: フロロ2.5lb
ジグヘッド: ヤリエ アジメバライダー 1g
ワーム: オフト スクリューテールグラブ AJI12

本日の釣果
アジ 17cm~26cm ×21

本日の獲物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。